FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2021年12月3日(金)

先日急騰したドルトルコリラ(USD/TRY)市場について、トルコ中銀が為替介入を行いましたが、今度はスイス中銀が為替介入を匂わせてきています。

なかなか目の離せない相場が続きますね。

それでは昨日(2021年12月2日)のドル円の動きを振り返ってみましょう。 

目次

ドル円相場の振り返り -ファンダメンタルズ分析

イメージ:Unsplash

昨日、ドル円は堅調に推移しました。

取引時間外の米10年積利回りが高止まりしたことを受け、ロンドン市場オープンするまで順調に上値を伸ばし、113.32円をつけました。

ロンドン市場がオープンすると軟調地合いとなり、東京市場で上げた値動きを全て否定する動きを見せました。
終盤では112.70の値をつけ、東京オープン価格を下回ります。

ニューヨーク時間に入ると、『新規失業保険申請件数』が前回より強かったことの影響か、より大きく上値を伸ばしました。 

米前週分の『新規失業保険申請件数(季節調整済)』は前週に比べて2万8,000件増加し、22万2,000件となり、2週間ぶりに増加しました。

件数は増加していますが、新型コロナウィルス感染拡大前に記録した25万6,000件は依然として下回っており、新型コロナウィルスからの雇用は改善の方向にあると見られます。

米財務長官イエレン氏は、

「米国経済がインフレしているかどうかを判断する重要なサインは賃金と物価の動きにある」としながらも、現在はそのサインは見られないと発言しました。

また、「賃上げサイクルが消費者物価の上昇を誘発し、雇用コストをさらに押し上げ、物価を上昇させているという兆候は見られない」とも述べました。  

一方、スイス中銀理事のメックラー理事は、

スイスフランの為替レートを『非常に注意深く』モニターしていると明らかにし、必要であれば銀行は介入する用意があると語りました。

時間(日本時間)経済指標・イベント
22時30分アメリカ・11月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]
24時00分アメリカ・11月ISM非製造業景況指数
本日の重要指標·発言

ドル円相場分析 -テクニカル分析-

本日(2021年12月3日)テクニカル分析の着眼点は 

・MTF(マルチタイムフレーム)のライン分析 
・セントラル・ピボット・レンジを使った環境認識
 

MTF(マルチタイムフレーム)のライン分析 

ドル円のチャートから見ていきましょう。

左から右:ドル円の日足、4時間足、1時間足

日足のポイントは前回安値の112.718円(赤矢印部分)。

現在、この安値をわずかに更新した後に上がっており、騙しのブレイクアウトになった可能性があります。
その場合には、ここが当面の底になる可能性もあるので注視していきます。 

4時間足で見ると、ウエッジ気味の三角持ち合いを形成中を観察できます。

各高値がフィボナッチリトレースメントと連動(橙色と緑色の四角)していますので、
この三角持ち合いは信頼度の高いパターンと言えます。

フィボナッチリトレースメントの基点は2つの青矢印部分です。

 1時間足では、上下にラインを引くと、ライン上で綺麗な反発を見せているのが確認できます。

綺麗な反発を見せているほど注目度は上がりますので、このラインをブレイクアウトしたら追従していきたいです。

セントラル・ピボット・レンジ(CPR)を使った環境認識 

セントラル・ピボット・レンジ(CPR)とはピボットを改良したもので、ピボットの上下に前日のボラティリティを考慮したレンジ帯を形成したものです。 

前日と本日のCPRを比較してみると、前日のCPRの中に本日のCPRがすっぽり入っています。

チャート:ドル円15分足

これは『Inside Value』と呼ばれているパターンで、ブレイクアウトを狙うチャンスとなります。

原理としてはローソク足のはらみ足と同じですが、はらみ足のブレイクアウトよりも期待値は高くなります。 

本日のトレード方針 -ドル円- 

本日はドル円で売買方針を示していきます。 
トレードの計画を立てるときの参考にしてください。

手法はCPRを使用したブレイクアウトです。 

アクション価格
エントリーポイント(買い逆指値)113.335円
利益確定ポイント(T/P)113.767円
損切りポイント(S/L) 113.042円
チャート:ドル円15分足

セントラル・ピボット・レンジの分析で示した通り、ブレイクアウト狙いの相場なので、113.335円まで上昇したら買いです。

利益確定ポイント(T/P)と損切りポイント(S/L)は独自指標によるものです。

売りも狙いたい所ですが、112.462の辺りに強い節目があるので、そちらはスルーしたいと思いです。 

ドル円の平均値変動幅

ドル円の1日の平均値変動幅を表すADRです。 

ボラティリティが高いので、5分足クラスのスキャ~デイトレードには良い相場です。 

ADR20=84 
ADR10=99 
ADR5=128 

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる