FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年4月5日(火)

ロシアがジェノサイド(集団殺害)を行い、雰囲気が変わってきました。
ゼレンスキー大統領は「国家全体」を抹消しようと試みていると非難しています。
第二次世界大戦の独ソ戦がそのような歴史でしたので、日本人が思うよりもインパクトが大きいと思います。

それでは昨日(4月4日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返りファンダメンタルズ分析

東京市場のドル円は、日経平均株価の調整に引っ張られる形で下値を探る展開となりました。
金曜日のロンドン市場の安値付近の122.26円まで値を下げた後は上昇に転じ、日経平均株価が反転するとドル円も上げ幅を拡大しました。
しかし、上げ幅は限定的で、早朝につけた高値付近まで到達すると反転し、その後小動きとなっています。

欧州市場も東京市場の流れを引き継ぎ小動きとなりました。
暫く膠着した後上昇を始め、東京時間の高値を上抜けると、その後膠着状態となります。

午後5時、欧州連合はロシア軍のウクライナでの虐殺を強く非難しました。
停戦への期待後退からユーロは大きな下落を開始します。

NY市場もドル円は小動きとなりました。
相関的にはオージーが買われ、ユーロが売られています。2月の製造業新規受注は予想値を上回り、ドル買いとなり、金曜日の高値に迫る122.95円まで上昇しましたが、その後は反落し、再び小動きとなっています。

本日の重要指標·発言

13:00 豪洲 豪準備銀行政策金利発表

23:00 米国 ISM非製造業景況指数

24:05 米国 ブレイナード次期FRB副議長発言

ドル円相場分析テクニカル分析

本日は下記の分析を中心にドル円を分析していきます。

·CPR(Central Pivot Range)を使用した環境認識

CPRCentral Pivot Range)を使用した環境認識

CPR(Central Pivot Range)は、ピボットを中心とした「3つの水平ライン」で形成されるレンジ帯の事を指し、前日と当日の位置関係から相場のタイプを7つに分類します。

チャートはドル円15分足です。

最近のドル円は動きが大きいので、Higher Value 、Lower Value 、Inside Valueの3種類のみ出現しています。
各パターンがどのような値動きになりやすいのか、チャートでご確認下さい。

また、CPRはピボットの一種ですので、「前日(過去)の値動き」が「当日(未来)のライン」で表示されます。

一番左のInside Value(緑)はブレイクアウト推奨のパターンで、前日のCPRに当日のCPRがすっぽりと挟まれた状態を指します。チャートの例ではうまくブレイクアウトしていますね。

Higher Value(青)は前日のCPRよりも当日のCPRが完全に上に位置することが条件で、最も強気を表します。買い狙いのパターンです。

Lower Value(赤)はHigher Valueが反転したパターンで、最も弱気を表します。
この場合は売りが基本戦略となります。

本日のCPRはHigher Valueを示していますので買い狙いです。

試しにボリンジャーバンドと比較してみます。

15分足チャートに80期間(1時間足の20期間)のバンドと、200SMAと200EMAを表示しています。

CPR、ボリンジャーバンド共、トレンドの強さ、方向、収縮拡大を判断することが出来るのですが、大きな違いは期間の取り方です。
CPRは前日の値動きを元に当日の予測を立てるので、情報の整理(特に朝の分析)が楽になり、トレード通貨の選択に役立ちます。
ボリンジャーバンドは過去〇期間の値動きを元に変化しますので、流動的な判断が可能です。

私の考えるCPRの良い点はInside Valueを使用したブレイクアウトのエッジ高さと、トレンドが発生しやすい通貨が選択できる点です。
ボリンジャーバンドの利点はバンドウォークでトレンドの強さと継続が判断できる点です。両者を合わせると強いですね!

本日のトレード方針 -USDCHF-

本日はドルスイスで売買方針を示していきます。

·エントリーポイント… 0.92811

·利益確定ポイント(T/P)①…0.92967

·利益確定ポイント(T/P)②…0.93023

·損切りポイント(S/L)…0.92611

CPRが『Trending』(トレンドが出やすい、または変化日)となっています。また、2点形成のレジスタンスを形成していますので、そのブレイクアウトを狙っていきます。

直近の平均値変動幅

ADRとは、1日の平均的な価格変動幅のことです。

1日の高値から安値までの値幅は、この近辺に収まることが多いです。

材料が少ないときにより意識されやすくなります。

【ドル円】

ADR20=115

ADR10=157

ADR5=150

【ドルスイス】

ADR20=65

ADR10=65

ADR5=69

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次