FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年4月28日(木)

ロシアのガス供給問題で欧州が揺れています。
欧州のガス会社10社がガス購入のためルーブル口座開設をしており、足並みがそろわない状況です。
ルーブルもいつの間にか制裁前の価格水準に戻っていますね。

それでは昨日(4月27日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返りファンダメンタルズ分析

brown metal tower

東京市場は強い豪ドル買い、強い円売りとなりました。
円の下落を受け、ドル円は上昇しています。
午前にはGW前に本邦輸入業者の買いが入り、127.81円まで上昇しました。
その後下押ししましたがピボットの位置する127.47円で支えられると、再び堅調に推移します。

オーストラリアの第1四半期消費者物価指数(CPI)は前期比2.1%上昇しました。
伸び率は前期の1.3%、市場予想の1.7%を上回っています。
ガソリン価格、住宅建設費、食品価格全てが上昇しています。
発表後は豪ドルが大きく上昇しました。
市場では、豪州中銀が5月3日の会合で政策金利を据え置き、その後6月に0.4ポイントの引き上げを決定するとの見方が強い。

欧州市場ではドル買い、円買いとなり、ドル円はやや膠着状態となります。
明日の日銀金融政策決定会合の結果を見極めたいとの思惑から、上値は重くなったという声も聞かれました。
米10年積利回りも方向感に欠け、材料不足となっています。

ポーランドのエネルギー大手PGNiGは、26日の声明で、ロシアのエネルギー大手ガスプロムから「天然ガスの供給を27日から停止する」と通知を受けたと発表しました。
既に供給は停止されたと報じられており、欧州の混乱が予想されます

こうしたガス供給問題を受け、ドイツのハベック経済相は2022年のGDP見通しを3.6%から2.2%に引き下げました。

NY市場はドル買い、ユーロ売りとなり、ドル円は急伸しました。23時、米3月中古住宅販売指数が予想を下回ったことで一時下押ししたが、米10年積利回りが堅調に推移すると、ドル円も前日高値を上抜け、一段上を目指す展開となりました。

本日の重要指標·発言

時間経済指標
正午過ぎ日本 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表未定 
正午過ぎ日本 4-6月期 日銀展望レポート
15:30日本 黒田日銀総裁、定例記者会見
21:30米国 第1四半期GDP【速報値】
21:30米国 個人消費【速報値】

ユーロドル相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心にユーロドルを分析していきます。

・節目で見る環境認識
・RSIで見る相関関係

節目で見る環境認識

チャートはユーロドル月足です。

現在、大きな節目に迫っています。
赤ラインで表示していますのでご確認下さい。

2つの赤矢印の安値付近、『1.03401~1.04151』が目安となります。
上昇トレンドに転じるにしても、こうした重要な節目は何度か試されることが多いです。
上昇·下降両方の基点となることが多い為、一旦はこの価格を目指すと予想しています。

RSIで見る相関関係

RSI(28)は各通貨のトレンドを見るために使用します。

緑色が濃いほど上昇圧力が強く、赤色が濃いほど下降圧力が強いことを示します。
今回はユーロクロスで相関を見ていきます。

ユーロドル、ユーロ円、ドル円の3すくみで見ると、ユーロドルとユーロが赤くドル円が緑です。よって、

ユーロドル ⇒ 「ユーロが弱い」「ドルが強い」
ユーロ円 ⇒「ユーロが弱い」「円が強い」
ドル円 ⇒ 「ドルが強い」「円が弱い」

「ドルが強い」が2つ、「ユーロが弱い」が2つありますので、ユーロドルの売りが正解となります。

また、ユーロドル、ユーロオージー、ユーロポンドの3通貨比較すると、
最も赤が強い(赤の期間が長い)のはユーロドルなので、ユーロドルの売りが正解となります。

今回はユーロクロス全般赤色となっており、強いトレンドが発生したことが確認できます。
相関の強い通貨を買い、相関の弱い通貨を売るだけでは、なかなか優位性を確保することはできませんので、相関と合わせてトレンドの強さを確認する事がコツとなります。

本日のトレード方針 -AUDJPY-

本日はオージー円で売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント90.417
利益確定ポイント(T/P)①88.885
利益確定ポイント(T/P)②88.497
建値ストップ移動ポイント89.475
損切りポイント(S/L)90.668

本日はオージー円でのCPR(Central Pivot Range)で『Inside Value』が出現していますので、
ブレイクアウトを狙っていきます。

この手法のコツは、損切り幅を小さくすることです。

勝率は下がりますが、長い目で見れば利益を残しやすくなります。
レンジのブレイクアウトなので、売りも買いも狙えますが、下にブレイクした場合は、近くにサポートがなく、価格が伸びやすいので、ショートを狙うとよいでしょう。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる