FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年4月29日(金)

ドル円爆上げです。財務省の口先介入も「必要な場合は適切な対応を取る」という文言が使われ、警告レベルが上がってきました。

今後、「行き過ぎた相場の動きに対してはあらゆる措置を排除しない」という文言に移行すると、いよいよ為替介入が視野に入ります。注意深く見ていきましょう。

それでは昨日(4月28日)のドル円相場の動きを振り返っていきます。

目次

ドル円相場の振り返りファンダメンタルズ分析

東京市場では、日銀の声明を受けて、かなり強い円売りが出ました。

9時台に鈴木財務相が「為替の安定は重要で、とくに急速な変動は望ましくない」と発言するとやや円買いが入ったが、
押し目となり上昇に転じます。

12時台、日銀声明で金融緩和策を維持することを決めました。

「必要があれば躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じる」

と述べています。

また、2%の「物価安定の目標」を安定的に達成·維持するために必要な時点まで、
「長短金利操作付き量的·質的金融緩和」を継続することとしています。
その施策は次のとおりです。

·短期金利を▲0.1%、長期金利を0%程度に抑えるイールドカーブ·コントロールを実施する。上限を設けない。
·指し値オペを毎日実地

また、日銀展望では、2022年度のGDP見通しは+2.9%、CPI見通しは+1.9%と予想されています。

欧州市場の東京市場の流れを受け、力強い上昇を継続します。

18時台、財務省幹部が「必要な場合は適切な対応を取る」と発言しました。
この発言は、これまでで最も強い口先介入であり、為替介入への警告となります。この発言を受けてドル円は下降しました。

NY市場では、21時半に米国第1四半期の実質国内総生産(GDP)速報値が発表され、予想値を大きく下回る結果となりました。
前回の6.9%増から大幅に下げ、−1.4%となっています。発表を受けてドル円は約50銭下落しました。

本日の重要指標·発言

時間経済指標
17:00スイス ジョーダンSNB総裁の発言
17:00ドイツ 1-3月期 国内総生産(GDP、速報値) [前期比] [前年同期比]
18:00欧州連合 4月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]
欧州連合 4月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]
欧州連合 1-3月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前期比] [前年同期比]
21:30カナダ 2月 月次国内総生産(GDP) [前月比] [前年同月比]
21:30米国 3月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]
米国 3月 個人消費支出(PCEコア·デフレーター、食品·エネルギー除く) [前月比] [前年同月比]

ドル円相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心にドル円を分析していきます。

·チャートパターンからみる上値ターゲット
·CPR(Central Pivot Range)を使用した環境認識

チャートパターンからみる上値ターゲット

ドル円の勢いが止まりません。
どこまで上昇するのか?ドル円月足チャートで見ていきます。

直近では、紫のラインを超えたのが最大のポイントです。
青い四角で2回抑えられたが、3回目のチャレンジで上に抜けました。
今回のように3回目のチャレンジで上抜けすると、上抜けた方向に強いトレンドが発生する可能性が高まります。
今回はバンドウォークも発生しているため、一段上があると考える方が自然です。

その場合の上値ターゲットなのですが「A」または「B」が候補となります。
気になるのは桃色四角の反発ポイントで、特に気になるのが赤矢印の反転ポイントです。
この位置で反転している場合、「B」の高値を意識したチャート形状となり、現在の上値目標は「B」の147円と判断しています。

CPRCentral Pivot Range)を使用した環境認識

本日のCPRは、完全に前日のCPRの上に位置していますので、『Higher Value』と呼ばれるパターンとなります。
また、本日の始値もCPRの上からスタートしていますので、上昇圧力は強いと判断できます。

また、本日のCPRは前日のCPRよりも幅が広いので、「Sideways」=レンジになりやすい環境、に分類されます。

『Higher Value』と「Sideways」の組み合わせですので、本日のドル円は押し目買い戦略となります。

本日のトレード方針 -NZDUSD-

本日はNZ円で売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント85.42
利益確定ポイント(T/P)86.59
損切りポイント(S/L)85.08

チャートはNZ円4時間足です。

チャート形状が少し悪いので、ストップ幅を狭めて取引します。

現在の安値は日足ボリンジャーバンド₋2σにタッチしており、そこからの反転上昇となります。

利益確定ポイントはフィボナッチターゲットと節目を考慮して設定しています。

日足チャートを見ると、今にも下がりそうな感じもしますが、上昇圧力が強いので、売り方より買い方が優勢です。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる