FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年5月6日(金)

最近流行りのNFTゲームを始めてみました。
本命は歩いて稼げることで話題のstepnだったのですが、テレビで紹介されたので参戦を断念しました。
経験上、テレビが取り上げ始めると、ピークアウトすることが多いので、様子見を選択しました。
かなり未練があるんですけどね。

それでは昨日(5月5日)のドル円相場の動きを振り返っていきます。

目次

ドル円相場の振り返りファンダメンタルズ分析

4日にパウエルFRB議長が「0.75%利上げは積極的に検討しているものではない」と発言し、ドルが大きく売られました。
大局的には日米金利の乖離でドル買い·円売りにつながりますが、この効果がどこまで続くのかが焦点となります。

5日、時間外のドル円は急騰しました。
前日の下落幅に対して50%の戻りを見せ、129.54円まで上昇しました。

東京市場は前日の流れを引き継ぎ、下値を模索する展開となりました。
朝方は前日安値を意識した動きを見せ、128.74円に到達。
その後、反発し堅調に推移しました。東京市場は祝日のため休場となりましたが、ドル円は活発に取引されました。

欧州市場ではドル買い·ポンドが進行しました。

ドル円は堅調に推移し、時間外取引でつけた高値129.54円を上抜けます。
その後も勢いは持続し、FOMC後のパウエルFRB議長発言する前の価格まで戻します。
発表前価格に到達した後は反落し、129.54円まで下落しました。

岸田首相はロンドンの金融街の講演で、6月に日本の水際対策を大幅に緩和する意向を表明しました。

英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨は、政策金利25bp引き上げて1.00%としました。
6人が25bp利上げ支持、3人の委員が50bpの利上げを支持していました。
また、更なる金融引き締めも示唆しています。

英国は2023年のGDPは縮小を見込んでいるものの、10月にインフレ率が10%を超えると予測されており、この状況での金融引き締めはかなり厳しいといえます。
発表後、ポンドは大きく売られました。

NY市場も引き続き、ドル買い、ポンド売りが進行します。
円も買われましたがドル買いの勢いが強く、ドル円は上昇しています。

堅調なドル円は、FOMC直前の価格まで上昇し、その後一時的に反落しました。
その後、新規失業保険申請件数が発表され、予想値よりも増加(悪材料)したものの、米10年積利回りの上昇もあり、ドル円は130.54円まで上昇しました。

本日の重要指標·発言

本日は米雇用統計です。
3日のISM製造業景況指数は予想外の低下となり、景気減速の声が聞かれました。
本日の指標で景気の減速がみられるようであれば、金利の低下でドル売り、円買いとなります。

時間経済指標予想値結果値
10:30豪州 オーストラリア準備銀行四半期金融政策報告
21:30カナダ 新規雇用者数
カナダ 失業率
5.50万人
5.2%
1.53万人
5.2%
21:30米国 4月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]
米国 4月 失業率
米国 4月平均時給[前月比]
39.1万人
3.5%
0.4%
42.8万人
3.6%
0.3%

ドル円相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心にドル円を分析していきます。

·チャネルラインを使用した環境認識

·CPR(Central Pivot Range)を使用した環境認識

·チャネルを使用した環境認識

チャートはドル円1時間足で、チャネルラインを引いています。

どちらのチャネルも、赤矢印2点を基準にラインを引き、それを青矢印の安値に平行移動させることで作成されています。

現在は右のチャネルを上抜け、更に緑水平ラインの高値を上抜けていますので、トレンドの方向は上と判断しています。

普段は水平線をメインに使っていますが、チャネルラインが重なった時は強い節目として意識しています。
チャネルラインの良いところは、下限で反転した場合、上限まで反転するシナリオが描けることです。

CPRCentral Pivot Range)を使用した環境認識

チャートはドル円30分足です。

本日のCPRは、完全に前日のCPRの上に位置していますので、『Higher Value』と呼ばれるパターンとなります。
また、本日の始値もCPRの上からスタートしていますので、上昇圧力は強いと判断できます。

また、本日のCPRは前日のCPRよりも幅が広いので、「Sideways」=レンジになりやすい環境、に分類されます。

『Higher Value』と「Sideways」の組み合わせですので、本日のドル円は押し目買い戦略となります。

本日のトレード方針

本日は豪ドル円で売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント93.318
利益確定ポイント(T/P)92.127
損切りポイント(S/L)94.02

チャートは豪ドル円4時間足です。

分析で示したチャネルラインを使い環境認識をしています。
オレンジのラインがチャネルラインとなっており、現在はオレンジの下限ラインを目指していると想定しています。

また、緑矢印の高値は日足レベルの強い節目で反発·下落していますので、大きく調整が入る可能性があります。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次