FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年5月25日(水)

ファンダメンタルズの結果が悪いときは、円が買われる傾向にあります。
テクニカル分析ではクロス円より、ドルストレートの方が素直な動きをしますが、
トレードではクロス円を選択した方が、良いかもしれません。

それでは昨日(5月24日)のドル円相場の動きを振り返っていきます。

目次

ドル円相場の振り返りファンダメンタルズ分析

東京市場は前日の流れを引き継ぎ方向感のない展開となりました。
早朝に米国の要人発言がありましたが、市場の反応は限定的でした。

7時半頃、米サンフランシスコのデイリー総裁は、

「米国経済は勢いがあり、リセッションを招くことは無い」

「物価の安定を回復させ、
なおかつアメリカ人に十分な雇用を提供し、
想定通りの経済成長を果たすことが可能だ」

と述べました。

8時半頃、カンザスティ連銀のジョージ総裁は

「インフレ率が高すぎるため、目標値の2%に戻すことを優先する」
「戦争と中国封じ込めはインフレ率を若干押し下げる可能性がある」

と述べました。

7時45分、ニュージーランド第1四半期小売売上高は予想を下回る結果となり、
前回、大きく伸びた項目が減少するなど、不安定さが目立つ結果となりました。
この発表を受けキウイドルは下落しています。

午前、ドル円は上昇し、前日高値を上抜け128.07円まで上昇しました。
その後は、日経平均株価、中国株式市場の下落を受け、
リスクオフの流れとなり、ドル円も下値を探る展開となります。
東京株式市場が閉場し、米10年積利回りが節目を下抜けると、ドル円も下げ幅を拡大していきました。

欧州市場はポンド売りとなっています。
欧州株式市場もオープンと同時に下落し、リスクオフの流れが継続しました。

15時50分頃、欧州中央銀行のラガルド総裁は、
第3四半期末までにマイナス金利から脱却すると繰り返したが、
量的引き締めを急ぐ必要はないと強調しました。
発言を受けてユーロは上昇しました。

17時半、英国の製造業PMIとサービス業PMIが発表されました。
サービス業PMIは予想を大幅に下回る結果となり、
ポンドは大きく売られ、リスクオフの流れから円が買われました。

NY市場のドル円は約1円幅急落し、ピボットのサポート3の位置する126.35円まで下落しました。

米5月製造業PMI速報値、米5月リッチモンド連銀製造業指数、
米4月新築住宅販売件数と指標発表が相次ぎましたが、
全て予想値を下回る結果となりました。

新築住宅販売件数は16.6減となっており、住宅ローンの上昇が影響しました。
住宅ローンの30年固定金利は先週の時点で平均5.25%となっており、昨年末の約3%から急上昇しています。
発表を受け、米国リセッションへの懸念からドル売り、リスクオフの流れから円買いとなっています。

本日の重要指標·発言

時間イベント
11:00ニュージーランド中銀政策金利発表
12:00ニュージーランド中銀オア総裁の発言
21:30米国 4月 耐久財受注[前月比]
米国 4月 耐久財受注(輸送除くコア)[前月比]
25:15米国 ブレイナード次期FRB副議長の発言
27:00米国 FOMC

相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心に分析していきます。

·水平線を使用した環境認識

水平線を使用した環境認識

本日最も注目しているのは赤の水平線です。

少し幅はありますが、3点形成の抵抗線です。
この水平線によって上値が抑えられるようであれば、戻り売りを狙います。

4時間足の水平線なので、
このラインにタッチしても4時間足のローソク足が確定するのを待ったほうがよいです。

下値にはチャネルラインとフィボナッチターゲットが控えており、
上に跳ねる可能性もあります。

どちらにも大きく動きやすいポイントなので、損小利大を意識してトレードすると良いと思います。

本日のトレード方針 -EURCHF-

本日はユーロスイスで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント成り行き売り
利益確定ポイント(T/P)1.02468
利益確定ポイント(T/P)1.02009
損切りポイント(S/L)1.0352

チャネルラインに上値を抑えられていますので、成り行きで売っていきます。
リスクリワードレシオを高めたい場合、下位足を併用して下さい(下位足のレジスタンスラインの反転を狙う)。
基本的にライントレードは、勝率よりも損小利大を意識したトレードが適します。

各利益確定ポイントは、安値のローソク足実体下限に設定しています。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる