FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年6月2日(木)

最近流行りのMove to Earnを始めることにしました。
私が選んだのはAglet(アグレット)というアプリです。
歩くのが大好きなので、一石二鳥で楽しんでいます。

それでは昨日(6月1日)のドル円相場の動きを振り返っていきます。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

東京市場はドル買い、円売りとなり、ドル円は上昇しました。
米10年積利回りの上昇が支援材料となり、ドル円も堅調に推移しました。
前日高値を上抜けると勢いを増し、押しをつくらず上値を伸ばしました。

10時半、オーストラリアの第1期四半期国内総生産(GDP)は予想を上回る結果となりました。
これを受けて、追加利上げの期待が高まっています。

10時半頃、若田部日銀副総裁は

「現時点では追加緩和の蓋然性はそれほど高くない」
「経済の下振れリスクが顕在化した場合、躊躇なく必要な追加措置を講じることも排除すべきではない」
「CPIの2%超えが半年から1年程度しか続かないのであれば、2%の物価目標が持続的·安定的に達成されたとは言えない」

と述べました。

欧州市場のドル円は膠着状態となりました。
米国ISM製造業景況指数が控えており、様子見ムードとなっています。
米10年積利回りが高値圏で定着しており、ドル円も底固く推移しています。

NY市場はドルとカナダドルが買われ、強いポンド売り、円売りとなりました。
ドル円は指標結果を受けて急伸しています。

23時、米国の5月ISM製造業景況指数が発表され、予想を上回る結果となりました。
現在注目されている、
米国の景気後退への不安を和らげる結果となり、ドルは大きく買われ、ドル円は急伸しました。

23時、カナダの政策金利の発表があり、予想通り0.5pb引き上げ、金利は1.5%となりました。
結果を受け、カナダドルは上昇しています。

本日の重要指標·発言

時間イベント
10:30豪洲 貿易収支
21:15米国 ADP雇用統計
25:00米国 クリーブランド連銀のメスタ―総裁の発言

相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心にドル円分析していきます。

·チャネルを使用した環境認識

·RSIで見る相関関係

チャネルを使用した環境認識

昨日の記事で「チャートが節目に到達しており、入るのであれば損切り注文が入るポイントでロングを狙います」と記載しましたが、赤矢印の部分がそういったポイントです。

まず、チャネルと水平線が重複するポイントで綺麗に反転しており(赤矢印)、
ここでショートが入ったのが確認できます。

綺麗に髭のみで反応しているので条件クリアです。
その後、上抜いた後、下位足でトレンドフォローを行います。
手順としては以下の要領となります。

  1. 節目で反転(ショートが入る)
  2. 節目を実体で超える(ショート勢に含み損が発生)
  3. 下位足に切り替え、何らか(MAや節目)のサポートを確認してからロング

ショート勢が徐々に損切りしていくので上がりやすくなります。

今回は1時間足でバンドウォークも発生しており、トレードしやすい環境であったと思います。

RSIで見る相関関係

チャートはドル円1時間足です。

RSI(28)は各通貨のトレンドを見るために使用します。
緑色が濃いほど上昇圧力が強く、赤色が濃いほど下降圧力が強いことを示します。

ドル円とユーロ円が緑、ユーロドルが赤色なので、

ドル円 ⇒ 「ドルが強い」「円が弱い」
ユーロ円 ⇒「ユーロが強い」「円が弱い」
ユーロドル ⇒ 「ユーロが弱い」「ドルが強い」

「ドルが強い」が2つ、「円が弱い」が2つありますので、ドル円の買いが正解となります。

クロス円は全て濃い緑になっています。
この状態では、通貨の強弱がわかりにくいのですが、強トレンドが発生しており、チャンス相場であることが分かります。
この状態が一目で分かるのが、RSIを使用した相関関係の強みです。

本日はオーストラリアの貿易収支が発表されますので、最も動きやすいのは豪ドル円と予想します。

本日のトレード方針 -EURGBP-

本日はユーロポンドで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント成り行き買い(0.853088)
利益確定ポイント(T/P) 0.85563
建値ストップ移動ポイント0.85453
損切りポイント(S/L)0.85085

チャートはユーロポンド1時間足です。

4時間足の形は良くないのですが、日足は悪くない形です。

1時間足ではサポレジ転換が起こっており、直近安値はGMMAに支えられています。少しロットを落とし成り行きで買っていきます。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる