FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年6月9日(木)

天気が良いと心が晴れやかになります。
今日も天気に感謝して頑張ります!

それでは昨日(6月8日)のドル円相場の動きを振り返っていきます。

目次

ドル円相場の振り返りファンダメンタルズ分析

東京市場はドル買い、円·オセアニア通貨売りとなりました。
前日の流れを引き継ぎ、ドル円は上昇します。
一時、前日NY高値で反落しますが、その後上抜けると、NY高値をサポートに変え、じり高の展開となりました。

8時50分、日本の第1四半期実質国内総生産(改定値)が発表され、
物価変動を除く実質ベースでは前期比0.1%の減少、
このペースが1年間続くと仮定した年率換算では 0.5%の減少となりました。

①14時半頃、黒田日銀総裁は衆院財務金融委員会で、

「急激な円安に対して、様々な批判や不満があることは承知している」
「日銀は景気を支えるために緩和を続ける必要がある」

と述べました。
発言後、ドル円は上昇しています。

②欧州市場はユーロ買い、円買いとなりました。ドル円は大きく上昇しています。
16時に米10年積利回りが上昇に転じると、ドル円も勢いを増し、心理的節目である134円まで上昇します。
その後一旦反落しますが、勢いが衰えず、更に上値を広げる展開となりました、

③18時、欧州連合の第1四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)確報値は前期比0.6%増、前年比5.4%増となり、改定値から大幅に上方修正されました。
ウクライナ戦争の影響は第2四半期以降の統計に反映されます。この結果を受け、ユーロは大きく上昇しました。

19時20分頃、アラブ首長国連邦(UAE)石油相は「中国のコロナ禍からの回復で石油消費量はさらに増加へ」
「ロシアの石油·ガスがなくなれば、価格はかつてない水準に上昇する可能性がある」と述べました。
市場の反応は限定的でした。

NY市場のドル円は更に上値を広げる展開となり、134.46円まで上昇しました。
仮に2002年の高値135.16円を超えた場合、次の高値は1998年につけた147.67円が視野に入ってきます。
反落後は勢いよく下落しますが、米10年積利回りが東京市場の安値に支えられ、
原油価格も高値を更新すると、ドル円も反転し、再び高値圏に値を戻しました。

④25時半頃、イエレン米財務長官は「インフレは高止まりすると予想している」と述べました。発言後、ドルは上昇しています。

本日の重要指標·発言

時間イベント
20:45欧州連合 欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30欧州連合 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁の記者会見
24:00カナダ カナダ中央銀行(BOC)のマックレム総裁の発言

相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心にドル円分析していきます。

·波系で見る環境認識

·CPR(Central Pivot Range)を使用した環境認識

波系で見る環境認識

ドル円チャート月足です。

紫矢印⇒現在は紫矢印の高値をブレイクして上昇中です。
この高値は2回レジスタンスとして機能していたポイントなので、「2点形成のレジスタンスブレイク」となります。
このような2点形成の節目をブレイクした後、バンドウォークなどが発生した場合、大きく上昇する確率が高くなります

緑矢印⇒右の緑矢印はフィボナッチ・リトレースメントの半値で反発しています。
この場合、フィボナッチターゲットの123.6~161.8%の値幅を到達しやすくなります。
また、左の緑矢印と連動していると考えられ、
その場合、その直前の高値である、赤矢印の高値が意識されやすくなります

橙色矢印⇒2002年の高値(135.16円)です。
現在は「2点形成のレジスタンス」をブレイクした直後であり、
この位置の高値が今後の最高値になることは考えづらいです。

CPRCentral Pivot Range)を使用した環境認識

本日のCPRは、完全に前日のCPRの上に位置していますので、
『Higher Value』と呼ばれるパターンとなります。

また、本日のCPRは前日のCPRよりも幅が広いので、「Sideways」=レンジになりやすい環境、に分類されます。

『Higher Value』と「Sideways」の組み合わせですので、本日のドル円は押し目買い戦略となります。

昨日の売買方針では『Higher Value』と「Trending」の組み合わせということで、
NY市場の高値ブレイクアウトで入りました。
上昇トレンド中の「Trending」は大きく上昇しやすくなっています(灰色四角)

『Higher Value』と「Trending」 ⇒ブレイクアウト
『Higher Value』と「Sideways」 ⇒押し目買い

本日のトレード方針 -USDJPY-

本日はドル円で売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント133.493
利益確定ポイント(T/P)135.00
損切りポイント(S/L)132.509

本日はCPR分析と2002年の高値に価格が引き寄せられる法則を利用して、押し目買いを狙っていきます。
このCPRの押し目戦略はエッジを確認していますが、それほど期待値が高いものではないので、ロットを落としてトレードして行きます。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次