FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年6月21日(火)

じりじりと暑くなってきました。
水分補給&塩分補給をしっかりと行い、季節の変わり目を乗り越えましょう!

それでは昨日(6月20日)のドル円相場の動きを振り返っていきます。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

20日の外国為替市場は、目立った経済指標がなく、米国が休日だったこともあり、おおむね小動きとなりました。

前週末に急騰し、歴史的高値圏に戻って来たドル円は、135.57円を上抜けるかどうかに注目が集まっています。

時間外のドル円は、前日のNY時間のレンジを上抜けて上昇を開始し、ゴトー日らしい上昇となりました。

東京市場、9時にドル円は前日高値を僅かに超え、135.43円の値をつけます。

その後、日経平均が大幅安でスタートをすると、ドル円も仲値時刻を待たず下落します。
その後は下落基調となり、当日始値を下回り、下値を探る展開となりました。
また、最近の傾向として、日本株式市場が閉場すると、ドル円は下落します。

黒田総裁は首相官邸で岸田首相と会談しました。
15時半頃、会談後の黒田総裁は記者団に対し、

「急激な円安は憂慮すべきだという話があった」
「急速な円安の進行は好ましくないと申し上げた」
「今後とも市場動向を注視し、政府と連携して適切に対応したい」と述べました。

欧州市場は東京市場の流れを引き継ぎ、下落基調となっています。
オープン直後にピボットの位置する134.52円で支えられると反発し、その後はじりじりと値を上げていきました。

NY市場はジューンティーンスの振替休日となっており、小動きとなりました。
東京市場で形成された節目で上値を抑えられると反落し、その後は静かな展開となりました。

本日の重要指標·発言

時間イベント
9:00豪洲 オーストラリア準備銀行(RBA)のロウ総裁の発言(発言詳細はこちら
10:30豪洲 RBA議事録公表
21:30カナダ 小売売上高
21:30カナダ 小売売上高(除自動車)
25:00米国 クリーブランド連銀総裁、メスタ―総裁の発言

相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心にテクニカル分析していきます。

·CPRCentral Pivot Range)を使用した環境認識(ドル円)

·節目を使用した環境認識(ユーロオージー)

CPR(Central Pivot Range)を使用した環境認識(ドル円)

週足

今週のCPRが先週のCPRよりも上に位置するも、両者が重複していますので『Overlapping Higher Value』 となります。
これはやや強気のパターンとなり、基本戦略は押し目狙いとなります。
条件が揃えばブレイクアウトも狙うのですが、今回は期待値が低くなりそうなのでスルーします。

日足

本日のCPRは、完全に前日のCPRの上に位置していますので、『Higher Value』と呼ばれるパターンとなります。
また、本日の始値もCPRの上からスタートしていますので、上昇圧力は強いと判断できます。

本日のCPRは前日に比べて狭くなっていますので「Trending」=トレンドが発生しやすい、または変化日、に該当します。

『Higher Value』と「Trending」の組み合わせですので、本日のドル円はブレイクアウトの買い戦略となります。

ブレイクアウトする前に、オシレーターがヒドゥンダイバージェンスを形成すれば、より期待値の高いトレードが望めます。

節目を使用した環境認識(ユーロオージー)

チャートはユーロオージー週足です。

環境認識

  1. 緑丸の高値安値を基準とした節目で頭を抑えられている
  2. その後、青丸の安値で反発して上昇中

トレードのタイミング

節目を下抜けているので下落局面です。
ショートを狙うタイミングは以下の2点となります。

  • 青の水平線にタッチしたらエントリー
  • 日足以下でラストの押し目を下抜けたらエントリー

また、利益確定は次の節目となるピンクのラインとなります。

本日のトレード方針-EURAUD-

本日はユーロオージーで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント1.56183
利益確定ポイント(T/P)1.38275
損切りポイント(S/L)1.57896

節目を使用した環境認識で示した通り、ユーロオージーの戻り売りを狙います。
エントリーポイントは日足の節目、フィボナッチ·ターゲット、フィボナッチ·リトレースメントの重複ポイントです。
利益確定ポイントは週足のローソク足実体下限を選択しています。

現在のユーロオージーショートの本命は、現在値付近からの下落なのですが、
その場合は状況を見ながら4時間足程度でタイミングをとっていきます。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次