FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場レポート分析|2022年8月4日(木)

最近、妻と息子の折り合いが悪く、お父さんは仲直りさせようと一生懸命です。
難しい問題ですが、相場同様ベストを尽くし、一喜一憂せずに取り組みます。

それでは8月3日のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

ドル(橙)、ユーロ(赤)、円(水色)、豪ドル(青)

東京市場は円売りとなりました。

ペロシ米下院議長が訪台中なので、突発的なニュースにも注意していましたが、特に目立った値動きに繋がるものはありませんでした。

ドルは、2日NY市場からFRBメンバーによるタカ派的な発言が続いており、ドル買いの流れが持続しています。

ドル円は週足の節目で反発中しています。FRBメンバーのタカ派的な発言が続いている影響もあり、市場オープンから上昇しました。

前日と前々日の高値を超え、133.891円まで上昇します。

仲値後は反落し、中国株式市場が下落を開始すると、ドル円も下げ幅を拡大します。始値を下抜け、132.279円まで急落しました。

ピボットを意識した値動きとなっています。
その後は強い反発となり、始値を上抜ける値動きを見せると、その後は膠着状態となりました。

  1. 7時45分、セントルイス連銀のブラード総裁は、「経済を軟着陸させることは可能」と述べました。
    この発言を受け、ドルは上昇しています。

欧州市場のドル円は小動きとなりました。

  1. 16時50分~17時半、フランス、ドイツ、欧州連合、イギリス等、欧州の7月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)は、イギリスを除き予想値を上回る結果となりました。
    この結果を受け、ユーロは小幅に上昇しています。

NY市場は、米国の7月ISM非製造業景況指数(総合)が予想値を大幅に上回り、ドルが急騰しました。

その後も、FRBメンバーのタカ派的発言が相次ぎ上昇しまています。

7月29日の高値に到達した後は反落し、高値圏で膠着状態となっています。

  1. 20時30分頃、セントルイス連銀のブラード総裁は、「年後半のGDPは前半より強くなる」「年末までに3.75-4%への政策金利引き上げが望ましい」と述べました。
    この発言を受け、ドルは上昇しています。
  2. 米国7月ISM非製造業景況指数は予想値を大きく上回りました。
    この結果を受け、ドルは上昇しています。
  3. 24時30分頃、サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は、「9月会合で0.50%利上げは妥当」と述べました。
    タカ派的な発言となり、ドルは上昇しました。

本日の重要指標·発言

時間イベント
10:30豪洲 6月貿易収支
15:00ドイツ 6月製造業新規受注
20:00英国 BOE政策金利発表
20:00英国 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
25:00米国 クリーブランド連銀総裁 メスタ―総裁の発言

相場分析−テクニカル分析− 

本日は以下の分析を中心に環境認識を行います。

・節目を使用した環境認識(日足)
・節目を使用した環境認識(1時間足)

節目を使用した環境認識(日足)

ドル円日足

5月9日の高値「131.347」円でサポートされています。
ここはサポレジ転換ラインとしても意識しており、強い節目となっています。

サポート後は、FRBメンバーのタカ派発言が相次ぎ、大きく上昇しました。

日足で見ると、節目を背に2バーリバーサルが示現しています。

ポイントは節目を髭だけ下回っている点です。
意識される節目の場合、このように髭だけが節目を超えることが多いです。

このような関係になると、「節目に反応している状態」として相場が意識されやすく、トレードのチャンスとなります。私も多くのシステムに導入しています。

節目を使用した環境認識(1時間足)

ドル円1時間足

1時間足で見てみます。
橙色の丸で囲った部分は、「日足の下ヒゲ部分」です。
日足チャートと合わせて見てみましょう。

1時間足のみの分析で分かりづらい情報も、複数の時間足の分析を行う事でカバーすることが出来ます。

青四角緑四角がそれぞれ連動しており、左右対称で動いている事が分かります。

このように「左右対称で動きやすい値動き」というものは事前に察知することが可能ですので、注意してみていくと良いです。

そして、橙色の水平ラインが、この波系の値幅限界ライン(137.254~)です。

本日のトレード方針

本日はユーロドルで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント1.01768
利益確定ポイント(T/P)0.99879
建値ストップ移動ポイント1.01077
損切りポイント(S/L)1.02111
ユーロドル1時間足

日足チャートで売りシグナルの出ているユーロドルの戻り売りを狙います。

既に反落しても良いポイントまで上がっていますので、一部成行売りで良いと思います。

建値ストップ移動ポイントは、4時間足のダブルトップのネックライン付近、
利益確定ポイントは日足のローソク足実体下限で設定しています。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる