FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場レポート分析|2022年8月12日(金)

先日の米国CPIでOANDA のスプレッドが大きく広がり、界隈がざわついています。
公式にアナウンスもされていますが、瞬間的に440pips開いたそうです。
これで自動売買(EA)にスプレッドフィルターつける方も増えそうですね。

それでは昨日(8月11日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

ドル(橙)、ユーロ(赤)、円(水色)、豪ドル(青)

10日、米国消費者物価指数が発表され、予想値を大きく下回る結果となりました。

インフレ率がピークに達したとの思惑から、円買い・ドル売りとなり、ドル円は約3円急落し、米国株、米長金利は急騰しています。

しかし、その後もFRBメンバーはタカ派的であり、利上げの姿勢を維持し続けています。

東京市場は、前日の大幅な下落から反発し、前日の値幅の約3分の1が戻されました。

一時は前日のNY市場の高値を支持線に変えて上昇したが、その支持線を割り込むと再び下落基調となりました。

  1. 13時頃、米サンフランシスコ連銀のデイリー総裁はCPIの結果を受け、「インフレとの闘いに勝利したと宣言するのは時期尚早である」「9月のFOMCは0.50%の利上げを基本とするが、0.75%の利上げの可能性も排除しない」と発言しました。
    このタカ派的な発言は、シカゴ連銀のエバンズ総裁とミネアポリス連銀のカシュカリ総裁に続くものとなります。

この発言を受け、ドル買い・円売りとなりました。

欧州市場は円買い・ドル売りとなっています。

東京市場の流れを受けて、下落基調で推移しています。
オープン直後は小動きとなりますが、東京市場の安値に上値を抑えられると下落に転じ、131.73円まで下値を広げました。
当日高値から1.57円安となっています。

NY市場はドル買い・円売りとなりました。
7月生産者物価指数(PPI)が発表されるとドル売りとなり、ドル円も前日安値圏まで下落しした。

その後、米長金利が上昇基調に転じると、ドル円も急伸し、この日の始値を上回る133.13円まで上昇しました。

  1. 21時30分、米国の7月生産者物価指数(PPI)は予想値を下回り、消費者物価指数(CPI)に続き、インフレ率の低下を示す結果となりました。

エネルギーコストの低下が主因です。この結果を受け、ドルは下落しました。

本日の重要指標·発言

時間イベント
15:00英国 6月月次国内総生産(GDP)
18:00欧州 6月鉱工業生産
23:00米国 8月ミシガン大学消費者態度指数・速報値

相場分析−テクニカル分析− 

本日は以下のテクニカルを中心にドル円分析していきます。

・節目で見る環境認識(4時間)

・出来高の多いレンジ帯を使用した環境認識(1時間足)

節目で見る環境認識(4時間)

ドル円4時間足

サポレジ転換ラインまでの下落を想定していましたが、❸2002年の年足実体上限にピンポイントで反応しました。

現在は安値を切り下がっているので、引き続き下目線です。

  1. フィボナッチ・ターゲットの123.6%です。
    月足のチャートパターンで見ると、月足天井候補の値です。
  2. 年足高値をレジスタンスにして下落中となります。
    日足のサポレジ転換ラインでもあります。
  3. 2002年の年足実体上限です。
  4. フィボナッチ・ターゲット123.6%の基点となった高値です。

    但し、123.6%で上値を抑えられた場合、ここで下落が止まる確率は低いです。

    短期的には反発が予想されますので、意識しておきましょう。

出来高の多いレンジ帯を使用した環境認識(1時間足)

ドル円1時間足



節目で見る環境認識(4時間足)』で示した「フィボナッチ・ターゲットの123.6%の分析」と合わせて確認してください。

  1. 緑四角の「出来高の多いレンジ帯」の下限に到達します。この価格はフィボナッチ・ターゲットの123.6%も重複しています。
  2. フィボナッチ・ターゲットの基点となった高値で一旦反発します。
  3. 米国CPIの結果を受け急落します

    指標結果を受けて❷の基点を割り込み急落しています。
    結果的には指標の影響を受けていますが、これはよくあるチャートパターンです。
    「フィボナッチ・ターゲットの123.6%天井パターン」は、このように展開することが多いので、覚えておきましょう。
  4. 底値圏のレンジ帯です。
    底値圏のレンジ帯は小さいにも関わらず、大きな反転ポイントになることが多いので注意してみておきましょう。

本日のトレード方針

本日はドル円で売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント134.346
利益確定ポイント(T/P)131.189
建値ストップ移動ポイント133.313
損切りポイント(S/L)135.59
ドル円1時間足

エントリーポイントは昨日と同様です。

建値ストップ移動ポイントの少し上付近(133.45円)が戻り売りの急所になりそうな気もしますが、そうなった場合は下位足のトレンドフォローに切り替えます。

利益確定ポイントは底値圏のレンジ帯に設定していますが、そのまま下落する可能性を考慮すると、ストップ切り下げで対応するのも良い考えだと思います。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次