FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場レポート分析|2022年8月15日(月)

お盆ですね。
「お盆も相場監視してるのかよ!」と言われないように、先祖供養、家族サービスをしていきます。

それでは先週(8月8日~8月12日)のドル円相場の動きを振り返ってみます。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

ドル(橙)、ユーロ(赤)、円(水色)、豪ドル(青)

市場のテーマは「インフレ」と「リセッションへの懸念」です。

インフレが進めば、金利上昇への期待からドル高となります。

リセッション懸念については、経済指標が強い数字を示した場合も、「株高要因」「株安要因」が含まれます。

よって、発表後の反応を見て判断することになります。

ドル…8月1日の週は、米国の景気後退懸念が高まっていました。

しかし、5日の雇用統計など軒並み強い経済指標で懸念が後退し、金利引き上げへの期待が高まる結果となり、ドル円は急騰しています。

8、9日(月、火)は急騰の反動で調整的な値動きとなり、10日の米消費者物価指数まで様子見ムードとなりました。

10日の消費者物価指数CPIが予想値を大きく下回る結果となり、インフレが後退したとの思惑から、オセアニア通貨、円買い・ドル売りとなりました。

ドル円も約3円急落しています。

急激なリスクオンオン展開となり、各国株式市場、資源価格が上昇しました。
リスクオンの流れは現在も継続中です。

その後、❹デイリー米サンフランシスコ連銀総裁が「インフレとの闘いに勝利したと宣言するのは時期尚早である」と述べました。

その後も、米要人による利上げ発言が続き、ドル高の流れに移行しました。

11日には❺7月生産者物価指数(PPI)が発表されるとドル売りとなりましたが、❻FRBメンバーのタカ派的な発言に支えられ、ドル買いとなっています。

FOMCの声明に倣い、今後のデータ次第で判断するといった発言も多く、今後の経済指標の注目度が高くなっています。

❼8月ミシガン大学消費者態度指数は予想値を上回りました。

消費者マインドは改善したものの、期待インフレ率は、1年先が5.0%と予想の5.1%を下回った一方、5年先が3.0%と予想の2.8%を上回りました。

その後の❽リッチモンド地区連銀行のバーキン総裁は「インフレ抑制に向け一段の利上げを実施したい」と述べており、利上げスタンスの継続が確認されました。

今週はFOMC議事要旨が発表されます。

また、小売売上高とNY連銀製造業景気指数が発表されますが、いずれの予想値も前回値を下回っており、ドル売り材料として注意が必要です。

先週は経済指標でインフレ圧力が後退したにも関わらず、FRBメンバーのタカ派的な発言でドル買いに転じています。

今週もこの流れが継続するのか?指標結果とFRBメンバーの発言を合わせてチェックしていきます。

…➊6月の国際収支と経常収支は予想を上回ったものの、貿易収支の赤字を所得収支で補うことができず、5ヵ月ぶりに赤字に転じました。

日本の貿易収支は11ヶ月連続の赤字となり、構造的な円安が確認されました。今週はGDP、CPIが発表されますが、いずれも前回よりも高い予想値となっております。

現在の円は、米雇用統計、米CPIと指標時にドルと逆相関で動いており、ドルの動向次第である点も注意しておきます

ユーロ…先週のユーロは材料不足の週となりました。

米CPI以降は対ドルで上昇、対円で下落となっています。

今週は引き続き、スタグフレーションへの懸念や、エネルギー問題、イタリアの政局を注視していきます。

豪ドル…先週は米CPIの結果を受け、リスクオンの展開後に大幅に上昇しています。

他ドルストレートは下押しする場面もありましたが、オセアニア通貨は底固く推移しています。

8月2日のRBA政策金利発表では予想通り50pb引き上げとなるも、その後の声明で「あらかじめ決まった道筋があるわけではない」とハト派的な発言となり豪ドルは下落しました。

豪準備銀行(RBA)理事会では、RBAのスタンスに注目が集まります。

今週の重要指標·発言

時間イベント
8/15(月)8:50日本 4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
    21:30米国  8月ニューヨーク連銀製造業景気指数
8/16(火)10:30豪洲 RBA金融政策会合議事要旨公表
    15:00英国 7月失業率
    15:00英国 7月失業保険申請件数
    18:00ドイツ 8月ZEW景況感調査(期待指数)
    18:00欧州 8月ZEW景況感調査
    18:00欧州 貿易収支
    21:30カナダ 7月消費者物価指数
    21:30米国 7月住宅着工件数
    21:30米国 7月建設許可件数
8/17(水)8:50日本 貿易収支
    11:00NZ RBNZ政策金利
    15:00英国 7月消費者物価指数(CPI)
    21:30米国 7月小売売上高
    22:30米国 ボウマンFRB理事の発言
    27:00米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
    27:20米国 ボウマンFRB理事の発言
8/18(木)10:30豪洲 7月雇用統計
    23:00米国 7月中古住宅
    23:00米国 7月中古住宅販売件数販売件数
    26:20米国 カンザスシティ連銀 ジョージ総裁の発言
8/19(金)8:30日本 7月全国消費者物価指数(CPI)
    15:00英国 7月小売売上高
    21:30カナダ 6月小売売上高

相場分析−テクニカル分析− 

本日は以下のテクニカルを中心に分析していきます

・経済指標と節目を使用した環境認

経済指標と節目を使用した環境認

ドル円4時間足

強い経済指標が出たにも関わらず、上値、下値とも節目に支えられ反転しています。

  1. 雇用統計後は利上げ期待から急騰しますが、2002年の年足高値&ヘッド&ショルダーズのネックラインで上値を抑えられ、CPI待ちとなります。

    仮にCPIでインフレ継続が確認されれば、この高値を超えて大きく上昇することが予想されました。
  2. 米CPIは、インフレのピークアウトを意識させる結果となりました。

    ネガティブサプライズとなり、利上げ期待が後退してドル円は急落します。
  3. PPIもインフレ圧力後退の結果となり、下落圧力が高まります。

    しかし、FRBメンバーの発言もあり、2002年足実体上限とサポレジ転換ラインを付近で反発します。

    この節目は下抜いても良いと思ったのですが、想像以上に硬いなと言った印象です。

現在は年足高値と年足実体上限に挟まれた状態であり、抜けた方に大きく走る可能性があります。

抜ける前に注意したいポイントは❹サポレジ転換ラインです。

転換ラインタッチ後に、指標、発言で売り局面になれば、このラインを背に売りを狙います。

本日のトレード方針 -USDJPY-

本日はドル円で売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント(指値)134.346
利益確定ポイント(T/P)131.189
建値ストップ移動ポイント133.395
損切りポイント(S/L)135.59
ドル円1時間足

分析で示したサポレジ転換ラインで戻り売りを狙います。
指値でもエッジのあるポイントです。

相場がレンジになっており、一方的な値動きになることは考えずらいですが、お盆は大きく動くこともありますので、忘れずストップ設定はしておきましょう。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次