FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場レポート分析|2022年8月16日(火)

本日の『相場分析−テクニカル分析−』は、実践的な内容なので是非見てください。

お盆なので、時間が取れる方も多いかと思い、気合を入れて書いています。

それでは昨日(8月15日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

ドル(橙)、ユーロ(赤)、円(水色)、豪ドル(青)
※中国の情報は、相関の高い豪ドルに表記しています

14日夜に米国議員団が訪台しており、中国に対する警戒感からリスクオンの流れにブレーキがかかっています。

東京市場はドルと円が買われ、オセアニア通貨は売られました。

ゴトー日でしたがドル円は上昇せず、前週金曜日のNY安値を下抜くと、ピボットの位置する132.90円まで下落しました。

❸中国経済の減速が確認されると、リスクオフの流れからドル買い・円売りが進み、オセアニア通貨も売られました

ピボットで買い支えられた後は反発し、当日始値まで値を戻しました。

  1. 8時50分、内閣府が発表した2022年4~6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比0.5%増、年率換算で2.2%増と予想を下回る結果となりました。
  2. 10時20分、中国人民銀行は中期貸出制度(MLF)の1年物金利を2.85%から2.75%に引き下げました。
    サプライスの利下げとなっています。

    中国人民銀行は「銀行システムの流動性を適度に潤沢に維持する」ことが目的であると述べています。

    「新型コロナ流行や不動産セクターの問題などダウンサイドリスクは大きく、需要喚起のため金利を引き下げた」との声も聞かれます。
  3. 11時00分、中国の7月小売売上高は、前年同月比で予想の4.9%を大きく下回り、結果2.7%となりました

    この結果を受け、ドル買い・円買いとなり、オセアニア通貨は大きく売られました。

欧州市場は❹中国が台湾周辺で軍事演習を行うとリスクオフの流れとなり、ドルと円が買われ、オセアニア通貨は売られました。

ドル円は当日高値更新に失敗すると下落に転じ、❹のニュースを受け、下げ幅を拡大します。

戻りなく急落し、当日高値から約1円安の132.54円まで下値を広げました。

19時00分頃から米長期金利が低下し始めたことも要因となっています。

  1. 18時00分頃、中国は14日夜に米議会代表団が台湾を電撃訪問したことへの報復として、台湾周辺海域・空域で軍事演習を実施しました。

    中国国防省は「アメリカと台湾の挑発行為に対する断固たる反撃だ」と述べています。

    この結果を受け、ドル買い・円買いとなり、資源国通貨は大きく売られました。

NY市場に入ると円の買戻しが入り、ドル円は大きく値を戻します。

❺以降は急騰し、当日始値付近まで値を戻しました。
日米中の株価も急反発し、上昇基調となっています。

  1. 21時半、NY連銀製造業景況感は予想値5.0に対し結果−31.3となり、ネガティブサプライズとなりました。生産活動の急速な鈍化を示唆しています。

本日の重要指標·発言

時間イベント
10:30豪洲 RBA政策金利発表
15:00英国 7月失業率
15:00英国 7月失業保険申請件数
18:00ドイツ 8月ZEW景況感調査(期待指数)
18:00欧州 8月ZEW景況感調査
18:00欧州 6月貿易収支(季調済)
21:30カナダ 7月消費者物価指数
21:30米国 7月住宅着工件数
21:307月建設許可件数

相場分析−テクニカル分析− 

本日は以下のテクニカルを中心に分析していきます

・節目を使用した環境認識(ユーロオージー)

・出来高の多いレンジ帯を使用した環境認識(ユーロドル)

節目を使用した環境認識(ユーロオージー)

ユーロオージー週足

現在、ユーロオージーの売りポジションを保有しています。

長期間の保有となっていますので、環境認識とリミット&ストップのおさらいをしておきます。

各設定は週足を基準にしていますので、勝っても負けても大きなpips幅があります。

下位足も併用し、リスクリワードを向上させたトレードが理想的です。

  1. 出来高の多いサポレジ転換ラインです。通常はツールで出来高の確認を行うのですが、慣れてくればチャートを見て(ある程度は)判断できるようになります。

    今回の場合、目視で「出来高が多い」と判断しました。
  2. 出来高の多い転換ラインで上値を抑えられました。
    この後からショートエントリーを狙っていきます。

ここまでが環境認識です。

その後のショートエントリーのタイミングは、オシレーターや下位足のダウ理論等、手持ちの手法を使用すれば良いと思います。

ストップ設定は❷の少し上、利益確定ポイントは❸週足のローソク足実体下限となります。

出来高の多いレンジ帯を使用した環境認識(ユーロドル)

ユーロドル4時間足

先日は、青丸の高値を付けたタイミングで、チャート分析をアップしています。

上下の節目(オレンジの水平線)に挟まれていましたので、方向感が出てからトレードをする、と書きました。

その後、オレンジラインを下抜けましたので、この時点で売りを狙うことになります。

タイミングとしては、
①下位足(1時間足~15分足)で上値を抑えられて下落を開始する
②下位足で強い下げトレンドの発生を確認

などがあります。②が確認できれば、タイミングはそれほど大事ではなくなります。

強いトレンドの条件は幾つかありますが、バンドウォークはそれに該当します。

このように、「上位足でトレンド方向が決まる」「大きく動くポイント(節目の反転)」で、下位足のトレンドフォローを行うのが、最も良いトレードと考えています。

本日のトレード方針 -EURUSD-

本日はユーロドルで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント(指値)1.02778
利益確定ポイント(T/P)1.00216
建値ストップ移動ポイント1.01179
損切りポイント(S/L)1.03727
ユーロドル日足

『出来高の多いレンジ帯を使用した環境認識(ユーロドル)』で示したオレンジのサポレジ転換ラインへの戻りを狙います。

日足規模のトレードになりますので、下位足でトレードされる方は環境認識としてご活用下さい。

設定通りにトレードして頂いても、エッジのあるポイントとなっています。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次