FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場レポート分析|2022年8月17日(水)

最近、家を綺麗にすると娘に褒めてもらえます。

立場が逆転しているような気もしますが、褒められると嬉しいので、つい頑張っています。

それでは昨日(8月16日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

ドル(橙)、ユーロ(赤)、円(水色)、豪ドル(青)

前々日の15日は中国の減速や、米国議員団の訪台を受けた中国の軍事演習があり、リスクオフの展開となりました。

一転して、NY市場からはリスクオンの展開となり、日米欧株式市場は急騰し、ドル円も大きく上昇しています。

また、一連を流れでは、豪ドルと円が綺麗な逆相関で動いていることにも注目です。

各通貨の上昇局面で、円は売られやすい状況となっています

東京市場は豪ドル買い・円売り
欧州市場はドル買い・円売り
NY市場はポンド買い・円売り

17日の東京市場は前日NY市場の流れを引き継ぎ、リスクオンの円売り流れが継続します。

➊豪準備銀行(RBA)議事要旨を前に、局所的な円買い・豪ドル売りが観測されましたが、発表後は豪ドル買い・円売りとなり、ドル円も上昇しました。

16日の高値を超えると急伸し、ピボットR1の位置する133.77円まで上昇ています。

  1. 10時30分、豪準備銀行(RBA)議事要旨は、追加利上げが示唆しましたが

    「今後のデータと市場の見通しの評価によって決定する」

    「事前に設定された道筋はない」
    と述べました。

欧州市場ではドル買い・円売りとなり、ドル円は急伸します。
❷みずほ銀行のマイナス金利適用のニュースが報道されると円売りが加速し、戻りをつけることなくNY市場オープンまで上値を広げました。

  1. 17時頃、みずほ銀行は、マイナス金利が適用される、日本銀行当座預金の「政策金利残高」に約9000億円を預け入れたことが分かりました。

    マイナス金利適用で生じる負担は7000万円程度となりますが、マイナス金利の負担分を預金者に転嫁する可能性はないとの事です。
  2. 18時00分、ドイツのZEW期待指数は予想値を下回る結果となりました。

    エネルギーコストの上昇が重しとなっており、ドイツのリセッション懸念が高まる結果となりました。
    しかし、市場の反応は限定的となっています。

NY市場は、ポンド買い・円売りとなりました。

ドル円は、オープン直後は欧州市場の流れを引き継ぎ、上値を広げる展開となりましたが、その後は一服し、高値圏で膠着状態となっています。

❹21時30分、米7月住宅着工件数は前月比-9.6%の144.6万戸となり、先月の159.9万戸から大きく減少しました。

1年半ぶりの低水準となっており、住宅ローン金利と建設資材価格の上昇が主因となっています。
この発表を受け、ドルは下落しています。

本日の重要指標·発言

時間イベント
8:50日本 7月貿易統計
11:00NZ RBNZ政策金利発表
12:00NZ オアRBZD総裁の発言
15:00英国 7月消費者物価指数(CPI)
21:30米国 7月小売売上高
22:30米国 ボウマンFRB理事の発言
27:00米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
27:20米国 ボウマンFRB理事の発言

相場分析−テクニカル分析− 

本日は以下のテクニカルを中心に分析していきます

・RSIで見る相関関係

RSIで見る相関関係

ドル円4時間足

RSI(28)は各通貨のトレンドを見るために使用します。

緑色が濃いほど上昇圧力が強く、赤色が濃いほど下降圧力が強いことを示します。
※RSIが過熱感を示せば色が濃くなっていきます

ドル円は薄い緑色なので「弱い」上昇相場
ユーロドルは薄い赤色なので「弱い」下落相場
ユーロは弱い緑色なので「弱い」上昇相場

ファンダメンタルズ分析では「対円で売られやすい状況」と書きましたが、RSI分析で見ると、相場全体の円売り圧力は「弱い」ことが分かります。

丸印で示したポイントは「強い円買い圧力」が発生したポイントです。

このように、『強い円買い』『強い円売り』が発生した場合、全通貨同一方向の値動きとなり、過熱感(濃い赤、濃い緑)が発生します。

各通貨のニュース、指標では円売りが選択さていますが、あくまで個別に売られているため、強い円売り相場というわけではありません。

本日のトレード方針-AUDJPY-

本日はオージー円で売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント(逆指値)94.474
利益確定ポイント(T/P)95.063
建値ストップ移動ポイン94.643
損切りポイント(S/L)94.08
豪ドル円30分足

上値を節目で抑えられていますが、高値圏でレンジを形成していますので、高値ブレイクを狙います。

本日はRBNZ政策金利(NZ指標)がありますので、発表後の値動きを狙います。

成り行きで買いたい形状ですが、指標後に値動きを待ってからトレードするのが良いと思います。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次