FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

DealFXの評判は最悪?詐欺業者?プロが口コミを徹底調査

DealFXはbitwalletでしか入出金できないFX業者ですが、

スプレッドが狭い

出金が早い

という良い評判があります。

しかし評判が良いからと言って、安易に利用するのは良くないかもしれません。

というのも魅力的に見えるFX業者に限って、後で問題が発生したときに誠意ある対応をしてもらえない可能性があるからです。

この記事では、FX会社の格付けサービスを提供しているWikiFXが、
DealFXの安全性について事実ベースで客観的に解説しています。

WikiFXとは?

WikiFX(ウィキエフエックス)は、FX会社の安全性・信頼性を評価している第三者機関です。
全世界3万以上のFXブローカーの情報を収集し・格付けを行っています。
FX会社の安全性スコアや詐欺被害のリアルな口コミは『wikifx.com』で確認できます。

DealFXの安全性を、取得ライセンスや資産保護、Twitterの口コミなど様々な視点から徹底的に調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

DealFXの安全性を基本情報や取得ライセンスから調査

DealFXの安全性を確かめるために、 公式サイトやWikiFXで下記3点を調査しました。

安全性調査項目

1.企業情報と特徴
2.取得ライセンス
3.ユーザーの資産保護

基本情報1.企業情報と特徴

DealFXの企業情報や特徴は、以下の通りです。

企業情報1(掲載元:WikiFX)
企業情報2(掲載元:WikiFX)

DealFXの公式サイトは、日本語に対応しています。

また、日本語スタッフもいるようです。

カスタマーサービスにはチャットとメールがあり、チャットは平日5日の16時~24時、メールは24時間で対応しています。

特徴詳細
取扱商品・通貨ペア
・貴金属
・エネルギー
・株式
・株価指数
・仮想通貨

など170銘柄以上
レバレッジ最大400倍
口座タイプ・スタンダード口座
・アクティブ口座
取引プラットフォーム・MT4
・MT5
スプレッド・スタンダード口座:1.5pips~
・アクティブ口座:0.0pips~(取引手数料:往復$10/Lot)
最低入金額100USD
入出金方法bitwallet
ロスカット20%
ゼロカットあり
スキャルピング可能
両建て可能
ボーナスなし
DealFXの特徴

DealFXの特徴として、下記の3つが挙げられます。

DealFXの特徴
  1. 入出金方法がbitwalletしかない
  2. 「エスクロー方式」による入金保証制度がある
  3. ボーナスが無い

1つ目の特徴は「入出金方法がbitwalletしかない」点です。

他社では一般的に入出金方法として、bitwallet以外にも銀行送金やクレジットカードなどを用意している場合がほとんどです。

しかしDealFXの入出金方法はbitwalletしかありませんので、bitwalletアカウントを保有していない方にとっては利用しにくいと言えます。

2つ目の特徴は「『エスクロー方式』による入金保証制度がある」点です。

エスクロー方式とは、買い手と売り手の間に第三者が入って、代金決済を行うことです。

例えばトレーダーがDealFXへ入金した後に、何らかの問題で取引が行えなくなった場合は、The Financial Commissionと呼ばれる紛争仲裁機関が最大で20,000ユーロ(約270万円)まで保証してくれます。

そのため万が一、DealFXが倒産などをしたとしても、ある程度の保証は受けられることができます。

3つ目の特徴は「ボーナスが無い」点です。

海外FXでは、口座資金として使えるボーナスを付与する業者が多くあります。

例えば、新規で口座開設するだけでもらえる「新規口座開設ボーナス」や、入金額に応じて付与される「入金ボーナス」などがあります。

ですがDealFXには、これらのボーナスが一切ありません。

そのためユーザーは自己資金のみで取引することになるので、ボーナスがあるFX業者よりも資金を多く用意する必要があります。

基本情報2.取得ライセンス

DealFXが取得している金融ライセンスを、WikiFXで調査しました。

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、各国の金融監督機関が発行している『金融業の営業許可証』のことです。
取得をするためには、監督機関からの審査や、資金の預託が必要になる場合があるため、FX会社の信頼性を見極める上で重要な指標の一つと言えます。
取得難易度や規制の内容は、ライセンスを発行する国や機関によって異なります。

その結果、DealFXが取得している金融ライセンスは無いようです。

≫WikiFXでDealFXの取得ライセンスが無いことを確認する

基本情報3.ユーザーの資産保護

DealFXがユーザーの資産保護をするために、「分別管理」や「信託保全」などを明言しているか調査しました。

分別管理・信託保全とは?

分別管理・信託保全というのは、FX会社が顧客から預かった資金を管理する方式のことです。
分別管理は、FX会社の運営資金と顧客の預入資金を分別して管理していることを表します。
しかし、本当に顧客資金に手が付けられないのかはトレードにはわかりませんし、会社が倒産した場合に返金される保証もありません。
一方の信託保全というのは、顧客資金と同額の資金を信託銀行などの預ける資金管理方式です。
この場合、会社が簡単に顧客資金に手を付けることはできないですし、倒産しても銀行からトレーダーへ資金が返金されます。

その結果「エスクロー方式による入金保証制度」を実施していることが分かりました。

エスクロー方式とは、買い手と売り手の間に第三者が入って、代金決済を行うことです。

例えばトレーダーがDealFXへ入金した後に、何らかの問題で取引が行えなくなった場合は、エスクロー方式によって指定された機関が保証するとしています。

DealFXはThe Financial Commissionに自主的に加盟しているため、問題があった場合はThe Financial Commissionが最大で20,000ユーロ(約270万円)まで保証するようです。

The Financial Commissionとは、外国為替に特化した外部紛争解決機関であり、下記を目的としています。

Financial Commission ensures that traders and brokers are getting their disputes resolved in a quick, efficient, unbiased and authentic manner while making sure they walk away with a well-founded answer, thus contributing to their overall knowledge about Forex and Contracts for Difference (CFDs).

出典:The Financial Commission

意訳すると、以下の通りです。

金融委員会は、トレーダーとブローカーが、十分に根拠のある答えを持って立ち去ることを確認しながら、迅速、効率的、偏りのない、本物の方法で紛争を解決することを保証します。これにより、外国為替と差金決済取引(CFD)に関する全体的な知識に貢献します。

つまり問題が起こった際はThe Financial Commissionが中立的な立場から解決できるように働き、問題が解決しない場合はFX業者の代わりに保証してくれるのです。

ただし、The Financial Commissionが行う保証は入金額までとされており、利益など入金以外で発生した残高までは保証してくれませんので、注意が必要です。

DealFXは2020年3月2日からサービスの利用を停止している

DealFXは2020年3月2日から開始したメンテナンス作業で、サービスの利用を停止しています。

また公式サイトでは2020年4月7日にメンテナンスの延長発表をしていますが、それを最後に進捗がありません。

掲載元:DealFX

公式サイトの発表によると、「決算システムの大幅な変更作業とバックエンドシステムの改修」という理由で「サービス再開は2020年8~9月頃の予定」としています。

しかし現在(2022年5月22日時点)でもサービスを再開していないため、DealFXは相変わらず利用できません。

DealFXがいつ営業を再開するかも不明なため、このまま利用できないことも考えられます。

DealFXの公式サイトでメンテナンス発表を確認する

DealFXの評判とは?Twitterで口コミ7件を調査

DealFXの評判を確かめるために、Twitterで口コミを調査しました。

その中でDealFXに関するものを、7件ピックアップしてご紹介します。

DealFXのTwitterでの口コミ(2022年5月22日時点)
  1. bitwalletでしか入金出来ないのが面倒
  2. bitwalletからログインできたから、住所証明が無くても口座開設できた
  3. DealFXはスプレッド変動だけど優秀!
  4. bitwalletへの出金が30分
  5. 出金してもボーナスが消えない
  6. 追加口座が作れない
  7. 具体的な再開日は未定

口コミ1.bitwalletでしか入金出来ないのが面倒

DealFXの入出金方法は、bitwalletしかありません。

他のFX業者では、入出金方法として銀行送金やクレジットカードを用意しているところがほとんどなので、面倒に感じているユーザーが多いようです。

口コミ2.bitwalletからログインできたから、住所証明が無くても口座開設できた

このツイートからbitwalletアカウントを持っているだけで、住所証明書が無くてもDealFXの口座開設ができたようです。

他のFX業者なら、マネーロンダリング防止の観点からKYCの一環として、住所証明書などの本人確認書類の提出を求める場合が大半です。

マネーロンダリングとは?

犯罪資金の出所を分からなくする目的で、入金と出金を繰り返す犯罪行為のこと。

KYCとは?

「Know Your Customer」の略語で、口座開設などで義務付けられている「本人確認手続き」のこと。

そのため住所証明が無くても口座開設できるというのは、FX業者としては珍しいと言えます。

口コミ3.DealFXはスプレッド変動だけど優秀!

ツイートの画像より、DealFXのスプレッドはメジャー通貨ペア(EURUSD、USDJPYなど)なら、1.4pipsからとなっているようです。

掲載元:Twitter

そのためスプレッドを重視したい方にとっては、好評のようです。

口コミ4.bitwalletへの出金が30分

DealFXでは入出金方法がbitwalletでしか対応していない分、出金対応は迅速に行っているようです。

口コミ5.出金してもボーナスが消えない

DealFXは現在ボーナスの提供をしていませんが、このツイートから以前はボーナス提供をしていたのが分かります。

またボーナスがあるFX業者では、出金をした時点で、

  • 出金額と同額のボーナスを減額
  • ボーナスを全額削除

のどちらかを実施するところが多いです。

そのため、出金してもボーナスを減額しないDealFXは珍しいと言えます。

口コミ6.追加口座が作れない

ツイートの画像からDealFXでは、同じ口座タイプの追加口座は作成できないようです。

他のFX業者なら、同タイプの口座タイプであったとしても追加口座を作成できるところが多いので、複数口座を利用したい方にとってDealFXは利用しにくいと言えます。

口コミ7.具体的な再開日は未定

「DealFXは2020年3月2日からサービスの利用を停止している」で解説した通り、2022年5月22日時点でも再開していません。

このツイートをした方がDealFXへどんな問い合わせをしたかは不明ですが、再開に関する明確な回答は得られなかったようです。

そのため、今後公式サイトなどから告知が無い限り、再開の可能性は低いと考えられます。

WikiFX「真相公開」から口コミを調査

掲載元:WikiFX

WikiFXでは、ユーザーから寄せられる口コミとして「真相公開」が掲載されています。

2022年5月22日時点でDealFXの「真相公開」は、ありません。

≫WikiFXでDealFXの「真相公開」が無いことを確認する

WikiFXによる独自調査結果

WikiFXでは、FX業者を数値で判定する『スコア評価』や、ペーパーカンパニーでないかを調査する『現地調査』などを行っています。

またそれらの結果を基に『注意喚起』も行っています。

そのためここからは、WikiFXがどのようにDealFXを評価しているのかを調査しました。

DealFXの調査結果は、以下の通りです。

独自調査1.スコア評価

WikiFXでは、下記の5つの指標から10点満点でFX業者を評価しています。

WikiFXスコアの評価基準
  1. ライセンス指数:取得ライセンスの信頼性・価値
  2. 事業指数:企業としての安定性・運営能力など
  3. リスク指数:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  4. 規制指数:取得ライセンスの規制の強さ
  5. ソフトウェア指数:取引プラットフォームなどの利用環境

DealFXのスコア評価結果は、以下の通り。

WikiFX評価の詳細は「WikiFX DealFX」ページでもご確認頂けます。

≫WikiFXでDealFXの安全性をさらに詳しくチェックする

DealFXのスコア評価(掲載元:WikiFX)
指数スコア
ライセンス指数0.00
事業指数6.21
リスク指数0.00
規制指数0.00
ソフトウェア指数8.39
総合点1.18
DealFXのスコア評価(2022年5月22日時点)

総合スコアが「1.18」なので、FX業者としては最低ランクとなります。

「ライセンス指数」「0.00」と、皆無です。
その原因として「基本情報2.取得ライセンス 」で解説したとおり、取得しているライセンスが全く無いからです。

また同じ理由から「規制指数」「0.00」と、こちらも皆無となります。

「事業指数」「6.21」なので、資本金や運営能力は平均的と判断されています。

「リスク指数」「0.00」と、皆無です。
「基本情報3.ユーザー資産の保護 」では「エスクロー方式による入金保証制度」を実施していることを確認できましたが、WikiFXではその保証が無いと判断しているようです。

「ソフトウェア指数」「8.39」と、高めとなっています。
取引プラットフォームはMT4とMT5があり、取引環境も申し分ないとWikiFXでは評価しているようです。

独自調査2.現地調査結果

WikiFXの「現地調査」コラムでは、現地オフィスへ実際に訪問し、ペーパーカンパニーであるかどうかを調査しています。

2022年5月22日時点で、WikiFXによるDealFXへの現地調査結果はありません。

≫WikiFXでDealFXの「現地調査結果」を確認する

独自調査3.注意喚起

2022年5月22日時点で、WikiFXからDealFXに下記2点のリスク注意喚起があるとして「WikiFXでの評価が低すぎます、利用しないでください」と、警告しています。

  1. このブローカーに有効なライセンスがない
  2. このブローカーには日本の有効なライセンスがない

≫WikiFXでDealFXの「注意喚起」を確認する

調査結果:評判が良い代わりに金融ライセンスが無いため、安全性は低い可能性がある

ここまでDealFXの評判や安全性などを、口コミやライセンス情報などから徹底的に調査してきました。

結論としてTwitterでの口コミは概ね良いのですが、金融ライセンスが無いため安全性が低いと言えます。

というのも金融ライセンスが無いというのは、何の規制も受けずに運営していることになりますので、DealFXが違法な行為をしたとしても、それを止めるものが無いということになります。
つまりノンライセンス業者を利用すると、何か問題が起こる可能性が高いと言えるのです。

またDealFXは2020年3月2日のサービス停止後、再開を延期しており、現在(2022年5月22日時点)でも利用できません。
これはもしかしたらノンライセンスが原因で、再開を延期している可能性が考えられます。

そのため、もし仮にサービスが再開されたとしても、評判が良いからと言って利用するのは止めておきましょう。

WikiFXでは、資金の安全性やサービスクオリティの高さが証明されている国内FX業者の利用を推奨しています。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる