FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

【FXの詐欺】外国人による投資詐欺が増加中!その実態とは…

近年の経済状況の急速な悪化や投資ブームによって多くの人が投資に興味を持ち始めてきました。

投資はしっかりとした知識を身に着けることによって非常に有効な資産形成の手段になりえます。

しかし投資の未経験者をターゲットにした詐欺が横行しているという現状もあります。

この記事では数多くの投資詐欺の手口の中でも、外国人による投資詐欺の実態について解説していきます。

  • 外国人によるFX投資詐欺とは?
  • 外国人によるFX投資詐欺3つの事例
  • 外国人FX投資詐欺5つの特徴
  • 外国人FX投資詐欺の被害に遭わないための4つの対策
  • 外国人FX投資詐欺に遭った時の2つの対処法

非常に増加してきている投資詐欺手口の1つですので、ぜひ参考にして安全に投資活動を行うことができるようにしていきましょう。

目次

外国人によるFX投資詐欺とは?

外国人による投資詐欺の主な手段の一つがマッチングアプリ等の出会い系サイトを悪用したものです。

国際ロマンス投資詐欺として近年知られるようになりました。

SNSの普及によって遠く離れた人との交流が可能になり、海外の人とも気軽に連絡をとることができるようになりました。

中には直接会うこともなく、マッチングアプリ上のやりとりのみで恋愛に発展する人も多く存在しています。

そのような国際恋愛を巧妙に利用して相手に投資を持ちかけ、資金をだまし取ろうとするのがこの投資詐欺の実態です。

国際ロマンス詐欺の被害者数は近年急速に増えており、日本国内だけでも2018年から2021年にかけて35倍にも膨れ上がっています。

米連邦取引委員会

また米連邦取引委員会によると全世界の国際ロマンス詐欺の被害件数は5万件近くで、被害総額は5億ドルにものぼると報告されています。

ここからは国際ロマンス詐欺を中心に外国人によるFX投資詐欺の実態、その対策等を紹介解説していきます。

外国人によるFX投資詐欺3つの事例

前述したように、たったの3年間で外国人による投資詐欺の被害件数は日本国内だけでも数十倍にも膨れ上がっています。

そして、そのほとんどが国際的な恋愛関係をマッチングアプリ上でうまく悪用した手口によるものです。

ここでは実際に起きた詐欺被害の実例を3つ紹介していきます。

  • 事例1:SNSで外国人を名乗る女性から1200万円の投資被害
  • 事例2:日本人女性、米国男性から約1000万円の投資被害
  • 事例3:日本人男性、出会い系アプリで3200万円の投資詐欺被害

事例1:SNSで外国人を名乗る女性から1200万円の投資被害

2021年9月22日、大津市の70代の男性がSNS上で知り合った台湾国籍を名乗る女性からFX(外国為替取引)に関する投資話をもちかけられ現金1200万円をだまし取られたとして滋賀県警が詐欺事件として捜索していると発表しました。

加害者女性はFXで儲けている投資家であると自称し、男性に対して

「将来のためにお金を一緒に稼ごう!」

「投資金を入れるために、口座に100万円を振り込んで欲しい。」

「お金を引き出すためには補償金が別に必要。」

などと投資を促したり、出金を渋るようなメッセージを送信し、女性が指定した銀行口座に約1200万円を振り込むよう強要したとされています。

京都新聞

事例2:日本人女性、米国男性から約1000万円の投資被害

2021年1月日本人女性がSNS上で米国人を名乗る男性からビットコインFX投資サイトに関する投資話をもちかけられ1000万円以上をだましとられました。

マッチングアプリ上で出会い、SNSの連絡先を交換したのがきっかけでした。

出会った当初は男性は被害者女性に対して結婚をほのめかしたり等恋愛の話をし、女性は男性のことを信用しきってしまいました。

そして男性から勧誘されたビットコインFXサイトに関する投資話をきっかけに、女性は貯金やローンを含め約1000万円のビットコインを買い、男性に送ってしまいました。

投資サイト上では資金が増えたように表示されていたのですが、もちろんこれは詐欺サイトで、3か月後にはログインさえできなくなり、そののちウェブサイトも消滅、男性とも連絡が取れなくなりました。

2021年3月に女性は警察に連絡し、国際ロマンス詐欺の被害にあったことが全国に知られました。

INTERNET Watch

事例3:日本人男性、出会い系アプリで3200万円の投資詐欺被害

2021年7月愛知県在住の60代の男性が出会い系アプリ上で知り合った台湾人を名乗る女性からFX(外国為替取引)に関する投資話をもちかけられ、さらに同時期に香港出身を名乗る女性からも同様の投資詐欺手口に遭い、総額3200万円の現金を騙しとられたとして愛知県警に被害届を提出しました。

二人の女性は両者とも同じ手口を用いており、加害者女性は男性に対して

「あなたは理想的な男性で、私が日本に行ったら交際をしてほしい」

などと好意をよせるメッセージを数々送り、結婚後の金銭事情をやり取りする中で、自分が投資で収益を出していることと、投資を一緒にしてお金を稼ごうと勧誘をしてきました。

男性は女性を信用しきっていたため、投資話を疑うことなくお金を海外投資サイトに送金してしまったようです。

男性は退職後、新型コロナで感じた「寂しさ」を埋めるために出会い系アプリを始めたようで、今事件ではそれがうまく利用されてしまいました。

産経新聞

外国人FX投資詐欺5つの特徴

これまで、外国人による投資詐欺の概要とその被害の実例を紹介してきました。

日本人が被害に遭う外国人による投資詐欺の多くが中国、台湾、香港等のアジア人を名乗る人物からマッチングアプリ上で投資勧誘されるというものです。

そこでここではマッチングアプリ上での海外アジア人による投資詐欺に絞って、その詐欺手口の特徴を解説していきます。

  • 特徴1:SNS、マッチングサイトがコンタクトに使われる
  • 特徴2:恋愛感情を仄めかしてくる
  • 特徴3:中国、台湾、香港等のアジア系の外国人だと自称する
  • 特徴4:お金に余裕があることをアピールしてくる
  • 特徴5:海外のFX業者に誘導する
  • 特徴6:出金させようとしない

特徴1:SNS、マッチングサイトがコンタクトに使われる

近年のコロナ禍により、食事会などの出会いの減少してきていることで、人々の出会いの場としてSNSやマッチングアプリが頻繁に使用されています。

このような状況下で投資詐欺の加害者はターゲットとの接触方法としてマッチングアプリを利用しており、マッチングアプリで関係性を深めたうえで海外投資の勧誘を行い、投資金を騙し取る手口が頻繁に用いられています。

またマッチングアプリ上で投資詐欺を行う外国人はコロナを理由にすぐに出会うことが難しいなどと伝え、アプリ上だけの関係しか作らないことも特徴的です。

特徴2:恋愛感情を仄めかしてくる

相手を信用させようとするのは詐欺の常套手段です。

マッチングアプリ上で接触してくる外国人投資詐欺師は恋愛感情を巧みに利用してきます。

アイコンには整った顔の写真を用い、連絡を取り合って最初の頃は

あなたがタイプです。

自分が日本に行ったら、交際をしてほしい。

など、恋愛感情をちらつかせることで、相手をその気にさせて信用させようとしてきます。

特徴3:中国、台湾、香港等のアジア系の美男美女である

マッチングアプリ上で日本人を狙った詐欺師は多くの場合が中国、台湾、香港等のアジア系の国籍を名乗ることが多いです。

加えて外国人詐欺師のプロフィール画像には魅力的なルックスをした異性の写真が用いられることが多いです。

日本人を狙ったFX詐欺にアジア系の美男美女のプロフィールが用いられるのには理由が考えられます。

  • 整った顔をしたアジア人男性や女性が日本で人気がある
  • コロナの影響で海外渡航ができないことを直接会うことができないことの口実にできる
  • 投資先を海外FX事業者に誘導しやすくする

また中国ではWeChat(ウィーチャット)がメッセージアプリとしては大半を占めているのにも関わらず、わざわざLINEへ誘導してくる点も特徴的です。

特徴4:お金に余裕があることをアピールしてくる

外国人投資詐欺師たちはお金に余裕があることをアピールするために、肩書として経営者や実績のある投資家を名乗ってきます。

自分が儲かっている経営者であると伝えた上で、

儲かる投資話がある。一緒にお金を稼ごう。

等の文言で投資の勧誘につなげるケースがほとんどです。

また、

叔父(叔母)がウォール街で働いていた

父親が金融機関に勤めていた

のように親族に投資に詳しい人物がいると伝えてきて信用させようとするのも特徴的です。

特徴5:海外のFX業者に誘導する

入金先として海外FX業者を勧めてくるのも一つの特徴です。

海外FX業者のサイトは日本語に対応してないものが多く、詐欺を連想させる文言やその業者の実態を把握しにくくなっています。

そのため詐欺の被害者本人がFX業者に関して詳しく調べさせるのを防ぐことができ、投資詐欺師の言葉を信用しやすい状況が作られてしまいます。

また、世界的に認知度の高いMT4などの取引プラットフォームを装った架空のアプリをダウンロードさせることによって、被害者を巧みに騙しています。

MT4には取引がうまくいっていると誤認させるような偽の運用成績が表示されているため、被害者が詐欺にあっていると気付くのが遅れてしまう原因になっています。

特徴6:出金させようとしない

出金の際に手数料としてさらなる金額の資金が必要

出金するのに長期間かかる

ある程度利益が出た段階で投資資金の出金をしようとすると、以上のような理由をつけて出金拒否されてしまうという特徴があります。

また入金先が海外FX業者であると、業者に問い合わせることも容易ではありません。

出金拒否の原因を問い合わせてもなかなか返信されず、次第に海外FX業者や外国人詐欺師と連絡をとることさえできなくなります。

最終的に海外FX業者のウェブサイトが消滅し、外国人詐欺師の連絡先も削除されて、資金を持ち逃げされてしまうというケースが多いです。

外国人FX投資詐欺の被害に遭わないための4つの注意点

ここまでの内容で、外国人による投資詐欺がマッチングアプリ等のSNSを巧みに利用していることが理解できたと思います。

このような外国人による詐欺は一度被害にあってしまうと投資資金を取り返すことは非常に困難になってしまいます。

ここでは、詐欺被害を未然に防ぐためにどういう部分に注意すればいいのかを4つ紹介します。

  • 注意点1:外国人アカウントからの急なコンタクトには注意
  • 注意点2:必要以上に個人情報を伝えない
  • 注意点3:外国人からのFX投資勧誘は断る
  • 注意点4:話の内容の整合性をチェックする

注意点1:外国人アカウントからの急なコンタクトには注意

SNSやマッチングアプリ上で急に外国人がダイレクトメッセージ等でコンタクトをとってきた場合は要注意です。

最初の方は好意のこもったメッセージをこまめに送ってきますが、最終的な目的は海外投資サイトに勧誘することにあります。

またこのようなアカウントのほとんどが整った顔の写真をアイコンとしていますが、そのような写真は拾い画像である可能性が高く、なんの信頼性もありません。

このようなアカウントからの好意を安易に信用しないようにしましょう。

注意点2:必要以上に個人情報を伝えない

SNS上だけの関係の相手に、家族関係や金銭事情等の個人情報を安易に伝えることは絶対にやめましょう。

特に金銭事情を詳しく伝えてしまうと相手が投資を勧誘するきっかけとなってしまうので、特に注意しましょう。

また詐欺師のほとんどは中国や香港、台湾国籍だと自称します。

たとえメッセージ上では信用していたとしても、実際に会ったこともない外国人に個人情報は伝えないようにしましょう。

注意点3:外国人からのFX投資勧誘は断る

どんなに信用していたとしても、SNS上で投資話をもちかけられたら断りましょう。

一度海外に投資資金を送金してしまうと、なにかトラブルが起きた際に投資業者に問い合わせることも、日本語が通じないため困難となってしまいます。

また、金融庁の公式HPでも海外FX業者とのトラブルは解決することが困難であることを明記しています。

無登録の海外所在業者は、業務の実態等の把握が難しく、仮にトラブルが生じたとしても業者への追及は極めて困難ですので、無登録業者との契約は行わないようにしてください。

金融庁公式HP

実態のよくわからない海外投資事業者への投資勧誘はしっかりと断り、海外へ送金するのは絶対にやめましょう。

注意点4:話の内容の整合性をチェックする

投資の勧誘をしてくる外国人のほとんどが経営者や投資家であることを自称します

本当にお金をもっているのか、投資に精通しているのか等は話がかみ合っているかを冷静に判断することができれば真実なのか判断ができるはずです。

  • 経営者を自称しているのに、日中でも連絡が返ってくるのが早い
  • 事業の内容を詳しく説明しようとしない
  • 会社名を明かそうとしない

以上のような少しでも疑わしいと思う点がでてきたら投資詐欺かもしれないと疑うようにしましょう。

外国人FX投資詐欺に遭った時の2つの対処法

ここまで外国人によるFX投資詐欺の事例や特徴、被害に遭わないための注意点を解説してきました。

これらを理解し、どれほど注意していても恋愛感情で冷静な判断ができなかったり、うまく知識を使うことができずにお金をだまし取られてしまう可能性があります。

実際に、国際ロマンス詐欺について以前から耳にしていた人が被害に遭ってしまったケースは多数存在します。

もし詐欺被害に遭ってしまった場合には以下の対処法を取るようにしましょう。

  • 対処法1:国民生活センターに連絡する
  • 対処法2:弁護士に相談する

詐欺被害に遭ってしまった際の対処法に関しては以下の記事でも詳しく説明しているので、ご参照ください。

対処法1:国民生活センターに連絡する

出会い系サイトやマッチングアプリ等で詐欺被害に遭っていることが発覚した際にはまず、すぐに国民生活センターへ連絡するようにしましょう。

国民生活センターの公式HPにおいてもマッチングアプリ上での投資詐欺に注意喚起しています。

国民生活センターのURLはコチラ

「188(消費者ホットライン)」に電話相談をすることで詐欺トラブルに関するアドバイスが必ずもらえることでしょう。

対処法2:弁護士に相談する

海外へ送金してしまった資金を取り返すために弁護士に相談するのは非常に有効です。

全国には海外投資事業者による投資詐欺を専門とした法律事務所が多数存在しています。

そのような法律事務所は投資詐欺に詳しいのはもちろん、海外投資詐欺は迅速に対応しなければ資金が様々移動してしまい、どうしようもできなくなってしまうことを十分に理解しているため、被害の解決への動き出しは早くなるでしょう。

海外投資詐欺によって騙されたお金を回収するために、振り込め詐欺救済法という法律が存在しています。

振り込め詐欺救済法とは詐欺被害にあった被害者が口座凍結や資金回収手続きを行うための法律で、その範囲は海外にまで及びます。

法律による資金回収には専門的な知識が必要とされるので、弁護士に相談をして手続きを行うことが最もスムーズでしょう。

以下の記事では振り込め詐欺救済法の具体的な使用方法を記載しているので、ご参照ください。

まとめ:SNS上での外国人によるFX詐欺には要注意!

SNSやマッチングアプリ上では外国人による巧妙な投資詐欺が横行しています。

これまで紹介してきた対策ももちろんですが、恋愛感情等に騙されることなく投資話に関して冷静に判断を行うことが最も重要です。

また、どんなに魅力的な投資話であっても実態のわからない海外FX業者に投資資金を送金することはオススメしません。

海外FX業者はお問い合わせサポートも日本人にとっては充実していないことが多い上に、昨今では海外FX業者からの出金に関するトラブルは後を絶ちません。

WikiFXでは海外FX業者よりも安全性の優れた国内FX業者を利用することをオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

早稲田大学法学部を卒業後、FXでトレードを続けながらFX専門のWebライターとして活動。
海外滞在を通して身につけた英語力を武器に、英文献を用いた多角的な記事の執筆が得意。

コメント

コメントする

目次
閉じる