FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

GeneTradeの評判は?プロが口コミを徹底調査しました

GeneTradeは高いレバレッジや丁寧な日本語サポートなどで、定評がある海外FX業者です。

しかしそれと同時に、着金の遅さや出金拒否の口コミもあります。

もし出金拒否をするような業者なら、いくらサービスが良くても利用は控えた方がいいでしょう。

なぜなら取引で得た利益が出金できなくなるだけでなく、それに費やした時間や労力までもが無駄になるからです。

この記事では、FX会社の格付けサービスを提供しているWikiFXが、
GeneTradeの安全性について事実ベースで客観的に解説しています。

WikiFXとは?

WikiFX(ウィキエフエックス)は、FX会社の安全性・信頼性を評価している第三者機関です。
全世界3万以上のFXブローカーの情報を収集し・格付けを行っています。
FX会社の安全性スコアや詐欺被害のリアルな口コミは『wikifx.com』で確認できます。

GeneTradeが出金拒否をする業者かどうかを、取得ライセンスや規則、Twitterの口コミなど様々な視点から安全性を徹底的に調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

GeneTradeの安全性を基本情報や取得ライセンスから調査

掲載元:GeneTrade

GeneTradeの安全性を確かめるために、 公式サイトやWikiFXで下記3点を調査しました。

安全性調査項目

1.企業情報と特徴
2.取得ライセンス
3.ユーザーの資産保護

基本情報1.企業情報と特徴

GeneTradeの企業情報や特徴は、以下の通りです。

GENETRADEの最新スコアを確認(掲載元:WikiFX)
企業情報2(掲載元:WikiFX)

GeneTradeの公式サイトは、4カ国語に翻訳されています。

ですがカスタマーサービスのメールは、20カ国以上の言語で平日5日の24時間で対応しているようです。

また日本人スタッフもいるとされています。

特徴詳細
取扱商品・FX
・貴金属
・株価指数

など100銘柄以上
レバレッジ最大1,000倍
口座タイプ・スタンダード口座
・マイクロ口座
取引プラットフォームMT4  
スプレッド・スタンダード口座:1.0pips~
・マイクロ口座:1.0pips~
※スプレッドは口座タイプで共通
最低入金額$5
入出金方法・銀行送金
・クレジットカード
・bitwallet  
ロスカット20%
ゼロカットあり
スキャルピング可能
両建て可能(同一口座のみ)
ボーナス・新規口座開設ボーナス
・入金ボーナス
GeneTradeの特徴

GeneTradeの特徴として、下記3つが挙げられます。

GeneTradeの特徴
  1. レバレッジが1,000倍と高い
  2. 取引実績を数字で公開している
  3. サポート対応言語が多い

1つ目の特徴は「レバレッジが1,000倍と高い」点です。

海外FXは国内FXの25倍よりもレバレッジを高く設定できるところが多く、数百倍に設定できるところがほとんどです。

業者名最大レバレッジ
GeneTrade1,000倍
Axiory400倍
FXDD500倍
XM888倍
各社の最大レバレッジ

しかしGeneTradeの最大レバレッジは1,000倍と、他社と比較しても高水準であることが分かります。

2つ目の特徴は「取引実績を数字で公開している」点です。

GeneTradeでは公式サイトにて、「最高の結果をもたらす最高の執行をお客様に提供することを断固として主張しています。」としており、その実績を数字で公開しています。

【GeneTradeが公開している取引環境の実績】

  • 全取引の99.99%を1秒以下で執行
  • 全口座についてリクオート方針なし
  • 注文拒否なし。執行率100%

しかし上記の数字はあくまでもGeneTrade側が発表しているものであり、100%信頼できる数字とは限りません。
第三者機関の調査報告など、数値を裏付けるデータは見つかりませんでしたので、参考程度に留めておきましょう。

3つ目の特徴は「サポート対応言語が多い」です。

GeneTradeはサポート対応している言語が20カ国以上あると、公式サイトで明言しています。

【GeneTradeがサポート対応しているとされる言語】

  • 英語
  • ギリシア語
  • 日本語
  • 中国語
  • マレー語
  • インドネシア語
  • ハンガリー語
  • ロシア語
  • フランス語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ドイツ語
  • ポーランド語
  • ヒンディー語
  • アラビア語
  • 韓国語
  • ポルトガル語
  • チェコ語
  • スロバキア語
  • ブルガリア語
  • ルーマニア語
  • オランダ語

上記の言語でそれぞれサポートできるよう、各言語が話せるスタッフが在籍しているようなので、サポートに力を入れていることが分かります。

基本情報2.取得ライセンス

GeneTradeが取得している金融ライセンスを、WikiFXで調査しました。

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、各国の金融監督機関が発行している『金融業の営業許可証』のことです。
取得をするためには、監督機関からの審査や、資金の預託が必要になる場合があるため、FX会社の信頼性を見極める上で重要な指標の一つと言えます。
取得難易度や規制の内容は、ライセンスを発行する国や機関によって異なります。

取得しているライセンスは、以下の通りです。

No.ライセンス名現在の状態ライセンスタイプ取得難易度
1ベリーズ金融サービス委員会(FSC)オフショア規制外為取扱ライセンス
GeneTradeの取得ライセンス一覧

取得ライセンス1.ベリーズ金融サービス委員会(FSC)

ライセンス取得状況(掲載元:WikiFX)

ベリーズ金融サービス委員会(FSC)のライセンス情報は、以下の通り。

正式名称International Financial Commission Belize
日本語名(略称)ベリーズ金融サービス委員会(FSC)
設立1999年
取得難易度
信頼性
公式サイトhttps://www.belizefsc.org.bz/
FSCライセンス情報

ベリーズ金融サービス委員会(FSC)を取得するには、最低資本金が50万ドル(約6,250万円)やユーザー資産の分別管理などが必要です。

しかし他のライセンスと比較して、規制項目が緩いという欠点があります。

そのため、取得難易度と信頼性が低いとされています。

ベリーズ金融サービス委員会(FSC)の規制内容

・最低資本金が50万ドル(約6,250万円)以上
・ライセンス申請で$1,000、ライセンス更新で年間$2万5,000が必要
・ユーザー資産と業者の資本金を分別管理
・毎月FSCへトレード収支と資本金の推移などの詳細を報告する
・顧客からの苦情対応ができることを示す

取得状況はWikiFXにより、FSCの公式サイトにてGeneTradeグループの1つである「Genius Trading Ltd」が確認されています。

WikiFXによりFSC公式サイトで確認された取得状況

同じライセンスを取得しているFX業者は、以下の通りです。

FX業者名ライセンスNo.
AxioryIFSC/60/255/TS/15
GQFXIFSC/60/445/TS/19
FBSIFSC/60/230/TS/17
同じライセンスを取得しているFX業者

基本情報3.ユーザーの資産保護

GeneTradeがユーザーの資産保護をするために、「分別管理」や「信託保全」などを公式サイトで明言しているか調査しました。

分別管理・信託保全とは?

分別管理・信託保全というのは、FX会社が顧客から預かった資金を管理する方式のことです。
分別管理は、FX会社の運営資金と顧客の預入資金を分別して管理していることを表します。
しかし、本当に顧客資金に手が付けられないのかはトレードにはわかりませんし、会社が倒産した場合に返金される保証もありません。
一方の信託保全というのは、顧客資金と同額の資金を信託銀行などの預ける資金管理方式です。
この場合、会社が簡単に顧客資金に手を付けることはできないですし、倒産しても銀行からトレーダーへ資金が返金されます。

その結果、「顧客全員分の預金が、Tier 1銀行の分離口座に保管されています。」とあったので、「分別管理」の明言がなされているのを確認しました。

≫GeneTradeで「分別管理」の明言を確認する

GeneTradeに出金拒否はあるのか?Twitterで口コミ5件を調査

GeneTradeで出金拒否があるのかどうかを確かめるために、Twitterで口コミを調査してみました。

その中で関係ありそうなものを、5件ピックアップしてご紹介します。

GeneTradeのTwitterでの口コミ(2022年4月17日時点)
  1. 認証が遅い
  2. 日本語サポートのレスが早い
  3. 秒スキャにより出金拒否&アカウント閉鎖
  4. 出金して6時間以上経つのに着金しない
  5. チャートが止まっている

口コミ1.認証が遅い

ツイートの内容から、GeneTradeでは口座開設で提出した必要書類の認証が遅いようです。

口座開設に必要な書類は、以下の通りです。

  • 身分証明書
  • 居住証明書

GeneTradeは2018年に営業を開始したFX業者ですが、日本から送付された必要書類を迅速に処理出来るスタッフがまだ揃っていない可能性があります。

口コミ2.日本語サポートのレスが早い

この方は、GeneTradeの日本語サポートのレスの早さに感動しているようです。

レスポンスが早ければ、分からないことや問題が起きた時に問い合わせても迅速に解決できる可能性が高いので、便利と言えます。

口コミ3.秒スキャにより出金拒否&アカウント閉鎖

スキャルピングとは、数秒から数分間に何度も往復注文を繰り返す取引手法のことです。

「基本情報1.企業情報と特徴」でも紹介した通り、GeneTradeではスキャルピングを禁止しているわけではありません。

出典:Twitter

ですが画像から「裁定利潤を得ようとされていることが分かりました。」とあることから、アカウント閉鎖したのは秒単位でのスキャルピングが裁定取引と判断されたのが原因のようです。

アービトラージ(裁定取引)とは?

同一通貨ペアで一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで、利益を獲得しようとする取引のこと。
業者間のスプレッド差を利用した「業者間アービトラージ」や、業者間のスワップポイント差を利用した「スワップアービトラージ」などがある。

口コミ4.出金して6時間以上経つのに着金しない

ツイートの内容から、どんな出金方法で出金したのかは分かりません。

ちなみにbitwalletなどの電子ウォレットなら「ごく短い時間に完了する」と、公式サイトに記載があります。
しかし明確に「○時間以内」と明記している訳ではありませんので、着金には最長でも丸1日かかるのかもしれません。

口コミ5.チャートが止まっている

この方は3つ目の口座としてGeneTradeを開設したようですが、ドル円のチャートが止まっていて使えないと失望しているようです。

直前でドル円の暴落があったようなので、暴落による大量のロスカットなどが原因で、GeneTradeのサーバーに負荷をかかってチャートが止まったと推察できます。

WikiFX「真相公開」から口コミを調査

掲載元:WikiFX

WikiFXでは、ユーザーから寄せられる口コミとして「真相公開」が掲載されています。

2022年4月17日時点で、GeneTradeの「真相公開」はありません。

≫WikiFXでGeneTradeの「真相公開」が無いことを確認する

WikiFXによる独自調査結果

WikiFXでは、FX業者を数値で判定する『スコア評価』や、ペーパーカンパニーでないかを調査する『現地調査』などを行っています。
またそれらの結果を基に『注意喚起』も行っています。

ここからは、WikiFXがどのようにGeneTradeを評価しているのかを調査しました。

GeneTradeの結果は、以下の通りです。

独自調査1.スコア評価

WikiFXでは、下記の5つの指標から10点満点でFX業者を評価しています。

WikiFXスコアの評価基準
  1. ライセンス指数:取得ライセンスの信頼性・価値
  2. 事業指数:企業としての安定性・運営能力など
  3. リスク指数:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  4. 規制指数:取得ライセンスの規制の強さ
  5. ソフトウェア指数:取引プラットフォームなどの利用環境

GeneTradeのスコア評価結果は、以下の通り。

WikiFX評価の詳細は「WikiFX GeneTrade」ページでもご確認頂けます。

≫WikiFXでGeneTradeの安全性をさらに詳しくチェックする

指数スコア
ライセンス指数4.29
事業指数6.29
リスク指数8.22
規制指数4.26
ソフトウェア指数6.91
総合点4.77
GeneTradeのスコア評価(2022年4月17日時点)

総合スコアが「4.77」なので、FX業者としてはやや低い評価となります。

「ライセンス指数」「4.29」と、こちらもやや低いです。
低評価の理由として「基本情報2.取得ライセンス」で示したとおり、唯一取得している「ベリーズ金融サービス委員会(FSC)」の信頼性が低いことが原因のようです。

また同じ理由から「規制指数」「4.26」と、こちらもやや低い評価となります。

「事業指数」「6.29」とやや高く、資本金や運営能力には問題がないと判断しているようです。

「リスク指数」「8.22」と、高評価です。
「基本情報3.ユーザー資産の保護 」より、顧客資産と会社資産がTier 1銀行にて「分別管理」されているため、安全性が高いと判断しているようです。

「ソフトウェア指数」は「6.91」と、やや高めの評価となります。
取引プラットフォームはMT4のみですが、「基本情報1.企業情報と特徴」で述べたとおり、「全取引の99.99%を1秒以下で執行」や「注文拒否なし。執行率100%」などの取引環境が評価されているようです。

独自調査2.現地調査結果

WikiFXの「現地調査」のコラムでは、現地オフィスへ実際に訪問し、ペーパーカンパニーであるかどうかを調査しています。

2022年4月17日時点で、WikiFXによるGeneTradeへの現地調査結果はありません。

≫WikiFXでGeneTradeの「現地調査結果」が無いことを確認する

独自調査3.注意喚起

2022年4月17日時点で、WikiFXからGeneTradeで下記2点のリスク注意喚起があると警告しています。

WikiFXでの注意喚起(2022年4月17日時点)
  1. ベリーズ金融サービス委員会(FSC)がオフショア規制なので、リスクに注意
  2. このブローカーには日本の有効なライセンスがない

GeneTradeで出金拒否になる規約は3つ

GeneTradeの公式サイトでは、「規約と条件」が公開されています。

そこには下記のような、出金拒否に関係する規約が明記されています。

GeneTradeで出金拒否に関係する規約
  1. 書類提出に応じられない場合
  2. 同じ送金者でないと判明した場合
  3. 違法取引の発覚で口座を閉鎖した場合

規約1.書類提出に応じられない場合

GeneTradeでは「出金リクエストを出した際に、該当する「マネー ロンダーリング 対策 (「AML」) および顧客熟知(「KYC」)法案」および/または当社に該当するその他の同様の規則と規制の要件通り、書類の提出を求められる可能性があります。」としています。

マネーロンダリングとは?

犯罪資金の出所を分からなくする目的で、入金と出金を繰り返す犯罪行為のこと。

GeneTradeから書類提出を求められた時にそれに応じられない場合は、出金拒否になる可能性があります。

≫GeneTradeの「規約と条件」で確認する

規約2.同じ送金者でないと判明した場合

GeneTradeでは「出金または返金を行う時に、当社はそのような資金を当初、当社が受け取ったのと同じ支払い方法で同じ送金人に資金を送金する権利を留保します」としています。

つまり入金時の口座名義と出金時の口座名義が一致していないと判明した場合は、出金拒否になる可能性があります。

≫GeneTradeの「規約と条件」で確認する

規約3.違法取引の発覚で口座を閉鎖した場合

GeneTradeでは、下記の違法取引が発覚した時点で「当社は(一時的または恒久的に)お客様の取引口座の閉鎖/一時停止および/またはすべての取引を取り消す権利を留保します。」としています。

GeneTradeが定める違法取引
  • 裁定取引
  • 他の当事者と一体となった内部ヘッジ
  • 詐欺
  • 市場操作
  • キャッシュバック裁定取引
  • その他の形式の詐欺行為に関する提案または暗示
アービトラージ(裁定取引)とは?

同一通貨ペアで一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで、利益を獲得しようとする取引のこと。
業者間のスプレッド差を利用した「業者間アービトラージ」や、業者間のスワップポイント差を利用した「スワップアービトラージ」などがある。

上記のどれかに当てはまると、違法取引として取引停止だけでなく口座閉鎖となり、出金できなくなる場合があります。

≫GeneTradeの「規約と条件」で確認する

GeneTradeで出金拒否となる出金ルールは4つ

GeneTradeの公式サイトでは、出金に関するルールが明記されています。

GeneTradeで出金拒否となる出金ルール
  1. 口座を有効化する
  2. 最小出金額未満では出金できない
  3. クレジットカードで入金したら、最初に入金額と同額まで出金する
  4. 銀行送金で200米ドル未満の出金をするなら出金手数料を支払う

ルール1.口座を有効化する

GeneTradeでは「口座が有効化されると、取引口座から資金を出金できるようになります。」としています。

口座を有効化するためには、証明書類(身分証明書と居住証明書)をアップロードする必要がありますので、有効化が済んでいなければ出金拒否になるようです。

≫GeneTradeの公式サイトで確認する

ルール2.最小出金額未満では出金できない

GeneTradeでは「最小出金額は10ドルとなります。」としています。

そのため出金額が10ドル以上に満たない場合は、出金拒否になる可能性があります。

≫GeneTradeの公式サイトで確認する

ルール3.クレジットカードで入金したら、最初に入金額と同額まで出金する

GeneTradeでは「クレジットカードで入金された場合、出金ができるのは、最初の入金額だけです。それ以上の金額の出金は、イーウォレット(電子財布)か、銀行振り込みを使う必要があります。」としています。

例えば銀行送金で10万円、クレジットカードで16万円と入金した場合、入金順序を問わず、最初にクレジットカードで16万円まで出金する必要があるようです。

そのためクレジットカードの入金額まで出金をしていないと、他の方法での出金は拒否されます。

≫GeneTradeの公式サイトで確認する

ルール4.銀行送金で200米ドル未満の出金をするなら出金手数料を支払う

GeneTradeでは「200米ドル未満の銀行振込を除いて、入出金費用すべてをGeneTradeが負担します。」としています。

そのため、銀行送金で200米ドル未満の出金をすると出金手数料が発生しますので、それが支払えない場合は、出金拒否になる可能性があります。

ただし、その出金手数料がいくらなのかの明記が公式サイトにはありません。

≫GeneTradeの公式サイトで確認する

調査結果:出金拒否だけでなくアカウント閉鎖になるなどの口コミもあるため、利用は控えたい

ここまでGeneTradeが出金拒否をする業者なのかどうかを、口コミやライセンス情報などから徹底的に調査してきました。

結論としてGeneTradeには、出金拒否だけでなくアカウント閉鎖などの口コミがあるため、利用しない方がいいでしょう。

というのも、アカウント閉鎖をする理由として規約で定めている「違法取引」の種類が多いからです。

この「違法取引」かどうかの判断は、GeneTradeが独自で行っています。
言い換えればどのような行為でも、こじつけに近い形で規約を適用してアカウント閉鎖にする可能性があるのです。

したがってアカウント閉鎖によって出金拒否に至る可能性が高いため、GeneTradeの利用は推奨できません。

WikiFXでは、資金の安全性やサービスクオリティの高さが証明されている国内FX業者の利用を推奨しています。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次