FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

MGK Internationalの評判は最悪!詐欺報告をプロが検証

MGK Internationalは、過去に「マネーマティックプロジェクト」と呼ばれる投資詐欺に関わったとして、財務局から警告を受けたことがあります。

そのため、MGK Internationalは詐欺業者でないかという評判があります。

もし評判通りの詐欺業者なら、利用は避けたいところです。

この記事では、FX会社の格付けサービスを提供しているWikiFXが、
MGK Internationalの安全性について事実ベースで客観的に解説しています。

WikiFXとは?

WikiFX(ウィキエフエックス)は、FX会社の安全性・信頼性を評価している第三者機関です。
全世界3万以上のFXブローカーの情報を収集し・格付けを行っています。
FX会社の安全性スコアや詐欺被害のリアルな口コミは『wikifx.com』で確認できます。

MGK Internationalの安全性を、取得ライセンスや規則、Twitterの口コミなど様々な視点から徹底的に調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

MGK Internationalの安全性を基本情報や取得ライセンスから調査

掲載元:MGK International

MGK Internationalの安全性を確かめるために、 公式サイトやWikiFXで下記3点を調査しました。

安全性調査項目

1.企業情報と特徴
2.取得ライセンス
3.ユーザーの資産保護

基本情報1.企業情報と特徴

MGK Internationalの企業情報や特徴は、以下の通りです。

企業情報1(掲載元:WikiFX)
企業情報2(掲載元:WikiFX)

MGK Internationalの公式サイトは、2カ国語に翻訳されており、日本語に対応しています。

また、日本語スタッフもいるようです。

カスタマーサービスにはチャットとメールがあり、チャットは平日5日の10時から18時、メールは平日5日の24時間で対応しています。

特徴詳細
取扱商品・通貨ペア
・貴金属
・エネルギー
・株価指数

など30銘柄以上
レバレッジ最大777倍
※口座資金により変動
口座タイプ・ノーマル口座
・SPEED口座
取引プラットフォーム・MT4
スプレッド・ノーマル口座:1.3pips~
・SPEED口座:0.5pips~(取引手数料:往復$10/Lot)
最低入金額・100円(ノーマル口座)
・30万円(SPEED口座)
入出金方法・銀行送金
・クレジットカード
・bitwallet
・BXONE
・暗号資産(BTC、ETH、USDT)
ロスカット50%
ゼロカットあり
スキャルピング可能
両建て可能
ボーナス100%入金ボーナス(不定期)
MGK Internationalの特徴

MGK Internationalの特徴として、下記3つが挙げられます。

MGK Internationalの特徴
  1. 取扱商品が30銘柄と少ない
  2. ロスカットが50%と高い
  3. マッチング時間を数字で公開している

1つ目の特徴は「取扱商品が30銘柄と少ない」点です。

他社では、取引商品を100銘柄以上取り扱っているところが多いです。

しかしMGK Internationalでは、それを大幅に下回る30銘柄以上と、少ないことが分かります。

業者名取扱商品数
MGK International30銘柄以上
GeneTrade100銘柄以上
exness200銘柄以上
ironFX250銘柄以上
各社の取扱商品数

2つ目の特徴は「ロスカットが50%と高い」点です。

海外FX業者の多くは、ロスカット水準が20%~30%としているところがほとんどです。

しかしMGK Internationalではロスカット水準が50%のため、他社よりもロスカットされやすいと言えます。

業者名ロスカット水準
MGK International50%
TitanFX20%
fbs20%
LandFX30%
各社のロスカット水準

3つ目の特徴は「マッチング時間を数字で公開している」点です。

MGK Internationalでは、「信頼性が高く高速(平均マッチング速度0.004秒)のトレーディングプラットフォームをお客様にご提供致します。」と、マッチング時間を数字で公開しています。

しかし上記の数字はあくまでもMGK International側が発表しているものであり、100%信頼できる数字とは限りません。

第三者機関の調査報告など、数値を裏付けるデータは見つかりませんでしたので、参考程度に留めておきましょう。

基本情報2.取得ライセンス

MGK Internationalが取得している金融ライセンスを、WikiFXで調査しました。

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、各国の金融監督機関が発行している『金融業の営業許可証』のことです。
取得をするためには、監督機関からの審査や、資金の預託が必要になる場合があるため、FX会社の信頼性を見極める上で重要な指標の一つと言えます。
取得難易度や規制の内容は、ライセンスを発行する国や機関によって異なります。

MGK Internationalが取得している金融ライセンスは、以下の通りです。

No.ライセンス名現在の状態ライセンスタイプ取得難易度
1ラブアン金融サービス庁(LFSA)クローンの疑い直通ライセンス(STP)不明
MGK Internationalの取得ライセンス一覧

≫WikiFXで取得ライセンスを確認する

取得ライセンス1.ラブアン金融サービス庁(LFSA)

ライセンス取得状況(掲載元:WikiFX)

ラブアン金融サービス庁(LFSA)のライセンス情報は、下表の通りです。

正式名称Labuan Financial Services Authority
日本語名(略称)ラブアン金融サービス庁(LFSA)
設立1996年
取得難易度不明
信頼性不明
公式サイトhttps://www.labuanfsa.gov.my/
LFSAライセンス情報

ラブアン金融サービス庁(LFSA)は、マレーシアのラブアン国際ビジネス金融センター(Labuan IBFC)の開発と規制を目的とする法定機関です。

ですが、規制内容の実効性が不透明なため、取得難易度や信頼性は不明となります。

ラブアン金融サービス庁(LFSA)の規制内容
  • 最低払込資本金を500,000リンギットまたはそれに相当する外貨の保有
  • 構成文書の改訂または変更について通知
  • 監査役の任命
  • フルタイムスタッフを最低2名雇用すること
  • 年間最低支出額として最低RM100,000を支出すること など

取得状況はWikiFXにより、LFSA公式サイトにてMGK Internationalグループの1つである「MGK Global Limited」が確認されています。

WikiFXによりLFSA公式サイトで確認された取得状況

同じライセンスを取得しているFX業者は、下表の通りです。

FX業者名ライセンスNo.
OANDA JAPAN542574
exness730729
IG証券195355
同じライセンスを取得しているFX業者

基本情報3.ユーザーの資産保護

MGK Internationalがユーザーの資産保護をするために、「分別管理」や「信託保全」などを公式サイトで明言しているか調査しました。

分別管理・信託保全とは?

分別管理・信託保全というのは、FX会社が顧客から預かった資金を管理する方式のことです。
分別管理は、FX会社の運営資金と顧客の預入資金を分別して管理していることを表します。
しかし、本当に顧客資金に手が付けられないのかはトレードにはわかりませんし、会社が倒産した場合に返金される保証もありません。
一方の信託保全というのは、顧客資金と同額の資金を信託銀行などの預ける資金管理方式です。
この場合、会社が簡単に顧客資金に手を付けることはできないですし、倒産しても銀行からトレーダーへ資金が返金されます。

その結果「お客様の資金を守る分別管理」という明言がありましたので、MGK Internationalでは「分別管理」を実施しているようです。

≫MGK Internationalの公式サイトで確認する

MGK Internationalの詐欺とは?「マネーマティックプロジェクト」を調査

MGK Internationalは、以前「マネーマティックプロジェクト」と呼ばれる詐欺商材の指定口座になっていた過去があります。

マネーマティックプロジェクトとは、「合同会社Kizuna」と呼ばれる会社が販売していた投資商品です。

マネーマティックプロジェクトは、

経験・スキルは一切不要!

実践者全員が即座に利益を出せます!

全額返金+30万円保証

といった謳い文句で、約22万円~35万円で販売されていたとされています。

マネーマティックプロジェクトの問題点として、下記が挙げられます。

マネーマティックプロジェクトの問題点
  1. 身分証・住民票の提出を求められる
  2. 返金は返金特約に準じる場合のみ適用される

問題点一つ目は、「身分証・住民票の提出を求められる」点です。

この商品では口座開設を代理で行うため、身分証や住民票の提出を求められます。
確かにFX業者で口座開設する場合は、本人確認書類として身分証や住民票などの提出を求められることがほとんどです。

しかし本当に口座開設のために利用されているのかは分からず、個人情報の収集目的で行っている可能性があります。

問題点二つ目は、「返金は返金特約に準じる場合のみ適用される」点です。

マネーマティックプロジェクトには、返金特約というものがあります。

そのため、元々「全額返金+30万円保証」といった宣伝をしているので、投資がうまく行かなかったとしても「いつでも返金してもらえる」と考えてしまいがちです。

しかしこのような返金特約があるということは、実際に返金が申し込まれた時点で、

特約条件を満たしていないため、返金できません

と言い逃れされる可能性があります。

そのため「全額返金」と謳っていたとしても返金特約の条件がある時点で、本当に返金してもらえるのかは怪しいのです。

以上の問題点があることから、平成30年3月14日に、マネーマティックプロジェクトを運営していた合同会社Kizunaに関して、関東財務局が注意喚起をしています。

業者名合同会社Kizuna
所在地又は住所東京都港区六本木4-3-11六本木ユニハウス223号室
内容潜在顧客に対し勧誘資料等を送付するなどして、店頭デリバティブ取引の投資判断を一任され、金銭の運用をする旨の契約の締結の媒介を行っていたもの
備考代表者等の氏名は「不明」。 当該業者は、「マネーマティックプロジェクト」という名称の投資手法に関する勧誘資料や入出金方法に関するマニュアルを送付するなどして、当該業者に対する警告と同時に警告した「MGK Global Limited」に対する投資一任契約の締結の媒介を行っていた。
関東財務局の注意喚起

この注意喚起でMGK Internationalも無登録業者として警告を受けているので、合同会社Kizunaと同様、詐欺業者の可能性が高いと言えます。

MGK Internationalの評判とは?Twitterで口コミ3件を調査

MGK Internationalの評判を確かめるために、Twitterで口コミを調査しました。

その中で評判に関するものを、3件ピックアップしてご紹介します。

MGK InternationalのTwitterでの口コミ(2022年5月12日時点)
  1. 国際ロマンス詐欺被害が出ている
  2. 月利5~10%のFX自動売買を購入
  3. bitwalletで出金申請したら数分で着金した

口コミ1.国際ロマンス詐欺被害が出ている

国際ロマンス詐欺とは、インターネット上で外国人と名乗る人物と親密になってから、様々な理由で金品を要求されて騙し取られる詐欺のことです。

国民生活センターの調査によると、2021年度のロマンス詐欺の被害件数が187件と、2019年度の25件、2020年度の109件から、大きく増加していることが分かります。

掲載元:国民生活センター

ツイートしている方は法律事務所のスタッフのようなので、事務所に国際ロマンス詐欺被害の相談が寄せられているとされています。

そのためMGK Internationalは、国際ロマンス詐欺の踏み台として利用されているケースが考えられます。

口コミ2.月利5~10%のFX自動売買を購入

この方は、SNSで知り合った方からFX自動売買の商品を購入したようです。

基本的にFXの自動売買は、FX業者で口座開設をしてから自分で運用していくものなので、他人から自動売買を購入するという時点で怪しさがあります。

おそらく、「MGK Internationalの詐欺とは?『マネーマティックプロジェクト』を調査」で解説したのと同様の投資商品を

月利5~10%で儲かるから、購入しない?

と誘われて購入したと思われるので、詐欺の可能性が高いと言えます。

口コミ3.bitwalletで出金申請したら数分で着金した

bitwalletはオンラインウォレットの一種なので、銀行送金などに比べて着金が早い傾向があります。

そのためMGK Internationalで素早く出金したければ、bitwalletなどを利用する方が良いのかもしれません。

WikiFX「真相公開」から口コミを調査

掲載元:WikiFX

WikiFXでは、ユーザーから寄せられる口コミとして「真相公開」が掲載されています。

2022年5月12日時点でMGK Internationalの「真相公開」は、ありません。

≫WikiFXでMGK Internationalの「真相公開」を確認する

WikiFXによる独自調査結果

WikiFXでは、FX業者を数値で判定する『スコア評価』や、ペーパーカンパニーでないかを調査する『現地調査』などを行っています。

またそれらの結果を基に『注意喚起』も行っています。

そのためここからは、WikiFXがどのようにMGK Internationalを評価しているのかを調査しました。

MGK Internationalの調査結果は、以下の通りです。

独自調査1.スコア評価

WikiFXでは、下記の5つの指標から10点満点でFX業者を評価しています。

WikiFXスコアの評価基準
  1. ライセンス指数:取得ライセンスの信頼性・価値
  2. 事業指数:企業としての安定性・運営能力など
  3. リスク指数:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  4. 規制指数:取得ライセンスの規制の強さ
  5. ソフトウェア指数:取引プラットフォームなどの利用環境

MGK Internationalのスコア評価結果は、以下の通り。

WikiFX評価の詳細は「WikiFX MGK International」ページでもご確認頂けます。

≫WikiFXでMGK Internationalの安全性をさらに詳しくチェックする

MGK Internationalのスコア評価(掲載元:WikiFX)
指数スコア
ライセンス指数0.00
事業指数6.31
リスク指数0.00
規制指数0.00 
ソフトウェア指数4.00
総合点2.55
MGK Internationalのスコア評価(2022年5月12日時点)

総合スコアが「2.55」なので、FX業者としては低い部類に入ります。

「ライセンス指数」「0.00」と、皆無です。
その原因として「基本情報2.取得ライセンス 」で解説したとおり、唯一取得している金融ライセンスの「ラブアン金融サービス庁(LFSA)」が「クローンの疑い」となっていることが原因のようです。

また同じ理由から「規制指数」「0.00」と、こちらも皆無となります。

「事業指数」「6.31」なので、資本金や運営能力は平均的と判断されています。

「リスク指数」「0.00」と、皆無です。
「基本情報3.ユーザー資産の保護 」では公式サイトにて「分別管理」が確認できましたが、WikiFXではその保証が無いと判断しているようです。

「ソフトウェア指数」「4.00」と、やや低めとなっています。
取引プラットフォームはMT4だけなので、取引環境としては物足りなさがあるとWikiFXでは評価しているようです。

独自調査2.現地調査結果

WikiFXの「現地調査」のコラムでは、現地オフィスへ実際に訪問し、ペーパーカンパニーであるかどうかを調査しています。

2022年5月12日時点で、WikiFXによるMGK Internationalへの現地調査結果は下表の通りです。

No.現地調査結果
1マレーシアのMGK GLOBALを調査オフィスを確認できず
MGK Internationalへの現地調査

≫WikiFXでMGK Internationalの「現地調査結果」を確認する

現地調査1.マレーシアのMGK GLOBALを調査

調査チームは、金融ライセンス「ラブアン金融サービス庁(LFSA)」に記載されているMGK GLOBAL(MGK Internationalの運営機関)のオフィスがあるとされる「block a,lot 5 ,2nd floor ,lazenda phase ,3 shophouse ,off jalan okabdullah,87000 lanuan f.t」を調査しました。

現地では建物があったので中に入ったようですが、2社の看板があるだけだったようです。

掲載元:WikiFX

2階の廊下には鍵のかかったドアが一つだけ存在し、ドアの横に郵便物が挟まっていたとされています。

掲載元:WikiFX

よって調査チームは、「ラブアン金融サービス庁(LFSA)」に記載されていた住所にMGK GLOBALオフィスが確認できなかったため、

投資リスクにご注意ください。

と警告しています。

≫WikiFXで「マレーシアのMGK GLOBALを調査」を確認する

独自調査3.注意喚起

2022年5月12日時点で、WikiFXからMGK Internationalに下記4点のリスク注意喚起があるとして「WikiFXでの評価が低すぎます、利用しないでください」と、警告しています。

WikiFXでの注意喚起(2022年5月12日時点)
  1. このブローカーに有効なライセンスがない
  2. 否定的な現地調査レビューの数が1に達したので、リスクの可能性がある
  3. このブローカーの主張するラブアン金融サービス庁(LFSA)は、クローンの疑いがある
  4. このブローカーには日本の有効なライセンスがない

≫WikiFXでMGK Internationalの「注意喚起」を確認する

MGK Internationalの公式サイトでは規約が確認できない

MGK Internationalの公式サイトでは、取引に関係する規約があるかを確認しましたが、それらしいものは全くありませんでした。

そのため、MGK Internationalの独断によって出金拒否や口座凍結による残高の回収がなされる可能性があります。

MGK Internationalの公式サイトで規約が無いことを確認する

MGK Internationalで出金拒否になる出金ルールとは?

MGK Internationalの公式サイトでは、出金拒否につながる出金ルールとして「マネーロンダリング防止の観点から、口座名義人の銀行口座へのみ出金しいかなる場合も第三者への支払いを受け付けません。」と公開しています。

マネーロンダリングとは?

犯罪資金の出所を分からなくする目的で、入金と出金を繰り返す犯罪行為のこと。

そのため、口座名義が本人以外になっている口座へ出金をすると、出金拒否につながる可能性があります。

MGK Internationalの公式サイトで「出金ルール」を確認する

調査結果:財務局が警告をした件以外にも詐欺報告があるので、詐欺業者である可能性が高い

ここまでMGK Internationalの評判や安全性などを、口コミやライセンス情報などから徹底的に調査してきました。

結論として、財務局が警告をしたマネーマティックプロジェクトの件以外にも、国際ロマンス詐欺に関する詐欺報告があるので、MGK Internationalは詐欺業者の可能性が高いです。

また唯一取得しているライセンスは「クローンの疑い」となっているので、実質ライセンスが無い状態で運営していることになります。

さらに、本来どのFX業者にもあるはずの規約が公式サイトで確認できないため、MGK Internationalの独断によって出金拒否などがなされる可能性があります。

よってMGK Internationalは詐欺に関わっている可能性が高いので、利用するのは止めておきましょう。

WikiFXでは、資金の安全性やサービスクオリティの高さが証明されている国内FX業者の利用を推奨しています。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次