FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

MT4のEAを複数起動させる方法は?現役のEAエンジニアが解説

MT4 EA (自動売買ソフト)を使ったトレードは、機械的にトレードができるという利点から初心者を中心に人気のトレード手法です。

EAを使ったトレードは、様々な戦略を持ったEAを組み合わせて分散化させるポートフォリオ運用を行うのが一般的であり、多い人は20以上ものEAを同時に稼働させている人もいます。

多くのEAを同時に稼働させること自体には問題はありませんが、誤った方法で実行するとEA同士が干渉して取引に不具合を起こしたり、EAの動作が重くなったりしてしまうというネガティブな側面もあります。

本記事では、EAを複数稼働させる時に注意すべきことについて解説したいと思いますので、是非参考にしてください。

目次

複数のEAを同時に稼働させる方法

複数のEAを稼働させる方法としては2通り挙げられます。

ひとつは、MT4を一個だけ起動させてそこに全てのEAをセットする方法であり、もうひとつは複数のMT4を起動させてEAをセットする方法です。

わざわざ複数のMT4を起動させる必要がある理由は、「複数のFX業者を使いたい」「EAをグルーピングして管理を楽にしたい」など様々ですが、EAを使ったトレードに慣れてくると、必ずそういった場面に遭遇します。

ここでは、それぞれの方法に分けて解説をしたいと思います。

ひとつのMT4に複数のEAをセットさせる方法

複数のEAを一つのMT4に稼働させる方法は非常に簡単で、下図のようにMT4にチャートを複数個呼び出し、使いたいEAをそれぞれのチャートにドラッグ&ドロップして設定するだけです。

ここで注意しなければならないのは、EAには”マジックナンバー”というものがあり、その”マジックナンバー”をチャート毎に異なる値にする必要があるということです。”マジックナンバー”はEAのパラメータセッティングから変更ができます。

なぜそれが必要かというと、同じマジックナンバーを使用してしまうと、別々のチャートにセットされたEA同士が干渉してしまい、ロジック通りに取引が行われない場合があるからです。必ず別々のマジックナンバーを設定するようにしましょう。

複数のMT4にEAを分けてセッティングする方法

EAを複数個セットする方法は上述の通りなので、ここでは複数のMT4を起動させる方法を解説します。

複数のMT4を起動させるには、その分だけMT4をダウンロードする必要があり、FX業者を分ける場合にはFX業者ごとにインストールする必要があります。

まず、使用したいFX業者のホームページに入り、MT4のダウンロードページに進んでMT4をダウンロードします。

そうすると下図のようにMT4のインストールファイルを保管する場所を指定する画面が現れます。

Cドライブの直下に任意の名前をつけたフォルダを作成し(例えば取引所名など)、そのフォルダ内にファイルを保存をしてください。

保存したファイルを実行すると、次のような画面が現れますので、赤枠のセッティングボタンをクリックしてください。

下図の画面が現れますので、ブラウザボタンをクリックし、先ほどCドライブの直下に作成したフォルダを指定し、Nextボタンをクリックして下さい。

自動的にMT4のダウンロードが始まり、完了すると新規にMT4が立ち上がります。

MT4を複数インストールして立ち上げていくのは、この作業の繰り返しです。業者毎の手順の差異もありません。

フォルダの作成を新たに実施し、そこに同様の手順で新規にMT4をダウンロードしていくことで、複数のMT4が起動されていきます。

複数のMT4やEAをセッティングする上で知っておきたいテクニック

ここでは、複数のMT4やEAをセッティンする上で知っておきたいテクニックを紹介したいと思います。

MT4セッティングの保存方法

意外と知らない人が多いのですが、MT4にセッティングしたチャートやEA、EAにセットしたパラメータは保存ができ、MT4を移設する際や、誤って初期化されてしまった場合などにすぐに設定を呼び出すことができますので、その方法を紹介します。

MT4左上の”ファイル”→”チャートの組表示”→”名前をつけて保存”を選択します。

下図の画面が現れますので、セットの名前をつけます。

この作業で、”チャートの組表示”の赤枠内に、付けた名前のセットファイルが追加されますので、これを選択することによっていつでも設定が呼び出せるようになります。

別のMT4に移設する場合には、このセットファイルを移設先のMT4にコピーする必要があります。

このセットファイルは”ファイル”→”データフォルダを開く”→”Profiles”に保存されていますので、コピーして移設先の同じフォルダ(Profiles)にペーストし、MT4を再起動後、同様の作業でセットファイルを選択して下さい。

起動できるMT4やEAの数の限界を知る方法

MT4やEAはいくつでも起動することができますが、PCの性能によって限界はあります。

その理由はMT4やEA(チャート)を増やしていくと動作が遅くなっていくためで、最悪の場合、取引に影響を及ぼします。

ここでは、それぞれいくつまで起動することができるのかを確認する方法を解説したいと思います。

まず、キーボードで「Cntl+Alt+Del」を同時に押してください。そうするとタスクマネージャーが現れますので、CPUとメモリの数値をご確認ください。

これは私の基準ですが、私はこれらがそれぞれ50%以上にならないようにしています。

それ以上MT4を増やすこともできるかと思いますが、余裕を持って安心して稼働したいので、私はその値を閾値としています。

もっと沢山のMT4を稼働させたい場合は、CPUとメモリの数値がどれくらいになったら動作に影響を及ぼすのかを確認した上で閾値を設定し、その範囲内でMT4を起動させることをオススメします。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、MT4やEAを複数起動させることについて、具体的方法から関連するちょっとしたテクニックまでを解説しました。

MT4やEAを複数稼働させること自体は難しくはないのですが、重要なのはEAの処理速度に影響を及ぼさないことです。

MT4やEAを複数起動させたい場面があれば、是非本記事を参考にして頂けると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次