FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

MT4とMT5のEAの違いは?プロのEA開発者が解説します!

  • MT4とMT5どちらを使えばいいの?
  • MT5に移行するべきなの?

上記のような質問をよく目にします。

本記事ではMT4とMT5の違いをわかりやすく解説し、どちらを利用するべきか、我々の意見を纏めました。

先に結論を述べておくと、

Wiki FX管理人の結論

裁量トレーダー:MT5に移行すべき
自動売買トレーダー(EA開発者):MT5に移行すべき
自動売買トレーダー(EA利用者):今はまだMT4でOK

上記のようになります。
特に裁量トレーダーの方はMT5にすることを強くおすすめします。

本記事ではMT5具体的な便利機能もお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

MT4とMT5の違い比較

Comparison-of-MT4-and-MT5

MT4とMT5の違いは以下の通りです。

比較ポイントMT4MT5
対応国内FX業者10社4社
対応海外FX業者ほぼ対応一部対応
動作スピード遅い(32bit)早い(64bit)
時間足9種類21種類
標準搭載のインジケータ51種類97種類
カスタムインジケータ多い少ない
EAの数多い少ない
チャートの枠外表示できないできる
プログラム言語MQL4MQL5
経済指標カレンダーなしあり
スマホアプリの機能少ない多い
アップデート少ない多い

上記の条件を踏まえて私の結論は以下の通りです。

MT4とMT5の違いまとめ

Summary-of-differences-between-MT4-and-MT5

具体的なMT4とMT5の違いを10項目でまとめてみました。

MT5に対応している国内FX業者が少ない

2022/05/01現在、MT5に対応している国内FX業者は

MT5に対応している国内業者
  • OANDA fx Trade
  • 外為ファイネスト
  • AVA Trade
  • フィリップ証券

の4社のみです。

これからMT5に対応する業者は増えていきますが、かなりスローペースと言えるでしょう。

海外FX業者はMT5に対応してきている

海外FX業者は近年MT5の導入が増えてきました。

MT5に対応している海外業者
  • Gemforex
  • TITANFX
  • XM
  • EXNESS
  • FXDD
  • AXIORY
  • TradeView
  • FXGT
  • HotForex
  • FBS
  • LAND FX
  • IFC Market
  • FXPRO

海外FX利用者の聞き馴染みのある業者が並んでいます。

MT5の動作スピードは圧倒的

メタトレーダーでは重い動作処理を行う機会が多くなりがちです。

MT4の扱えるデータ量が32bitなのに対し、MT5では64bitまで対応しています。

処理の負荷が重くなるほど、MT5の動作スピードを実感できます。

MT5の処理スピードが実感できる例

チャート表示数:MT4より多く表示しても遅くなりにくいです。
インジケーター表示数:MT4より多く表示しても遅くなりにくいです。
バックテスト:コードが複雑であればあるほど早さを実感できます。
最適化:バックテスト同様コードが複雑なほど早さを実感できます。

MT5は時間足の種類が豊富

時間足種類MT4MT5
1分足
2分足×
3分足×
4分足×
5分足
6分足×
10分足×
12分足×
15分足
20分足×
30分足
1時間足
2時間足×
3時間足×
4時間足
6時間足×
8時間足×
12時間足×
日足
週足
月足

MT5では時間足をより細かく設定することが可能です。

とくに分単位の足では、60分の約数が表示できるのは非常に便利な機能です。

MT5で新たに追加された分単位足の使い方事例

6分足:足10本→1時間
12分足:足5本→1時間
20分足:足3本→1時間
8時間足:足3本→1日
12時間足:足2本→1日

計算しやすくなり、検証の幅が広がることなどが想定できます。

MT5では標準搭載のインジケータが豊富

MT4MT5
インジケータ51種類97種類
オブジェクト27種類44種類

MT5に標準搭載されているインジケータは97種類と豊富です。

また、オブジェクトもMT4より多いため、カスタマイズ性が高いと言えます。

カスタムインジケータやEAはMT4に軍配

MT5対応のカスタムインジケータやEAはまだまだ少ないです。

世に出回るカスタムインジケータやEAは、未だにほとんどがMT4対応となっています。

MT5の枠外表示機能が便利

MT5-docking

MT5では枠外表示機能が搭載されています。

モニターをたくさん使う方は1台のMT4でいくつものチャートを表示できるので非常に重宝される機能です。

MT4とMT5のプログラム言語が違う

メタトレーダーでは「MQL言語」が用いられます。

それぞれの特性は下記の通り。

MQL4MQL5
MT4に対応MT5に対応
C言語に似ているC++言語に似ている
日本語の情報が多い日本語の情報が少ない
コードが短い傾向コードが長い傾向
バッファが最大8バッファが最大500
バックテストが遅いバックテストが早い
最適化が遅い最適化が早い

MQL5の方が圧倒的に性能に優れていますが、日本ではまだまだMQL4がが主軸です。

Wiki FX管理人の意見

すでにMQL4コードが書ける開発者:MQL5に移行
これから開発を目指す方:MQL4から始める

MQL4で基礎を学び、MQL5に移行することをおすすめします。

ちなみにMQL4で書いたソースコードはMQL5へ変換することができます。

MT4対応のEAをMT5対応に変換したい方はこちら

MT5では経済指標カレンダーが標準装備

MT5-Economic-Indicator-Calendar

MT4では用意されていなかった経済指標カレンダーが標準装備されています。

22の世界主要国で発表される経済指標やイベントを確認することができます。

期間別、重要度別、通貨別、国別などの抽出表示をすることが可能です。

MT5の方がアップデートが多い

MT4MT5
2021年アップデート回数4回9回

世界基準ではMT5を標準にしていきたい背景もあり、MT5では機能強化や新機能を日々アップロードしています。

また、MT4のアップデート状況をみると、システムの安定性に関するものばかりが挙げられているため、これ以上の性能に関するアップデートはされないと思って良いでしょう。

MT4派とMT5派の口コミ

Review-of-MT4-and-MT5

MT4派とMT5派の口コミをまとめてみました。

MT4派の主張

MT4派の口コミです。

MT4からMT5への移行がかなり大変で諦めてしまうパターンをいくつか見受けられました。

MT5になれない方もいるようです。

自身のトレードスタイルに合わないため、思い切ってMT5からMT4へ戻された方もいるようです。

MT5派の主張

MT5派の口コミです。

Google翻訳などを駆使すれば英語の情報も収集できることが考えられます。

海外FXユーザーが増えるにつれてMT5移行に拍車がかかると予想している方もおられます。

まとめ:自身の用途によって使い分けよう

Use-properly-according-to-the-purpose

ここまでMT4とMT5の違いを解説しました。

それぞれ推奨する方は以下の通り。

【MT4を推奨する方】

  • EAやインジケータを自作せず使っている方
  • 使いたい証券会社がMT4にしか対応していない方
  • EAやインジケータ開発を始めようとしている方

【MT5を推奨する方】

  • これからFXを始める方
  • 裁量トレードをしている方
  • EAやインジケータ開発者

MT4とMT5は、あなた自身のスタイルによって使い分けることをおすすめします。

また、メタクォーツ社は徐々にMT5に移行を始めている傾向にあります。

トレーダーは移行することを準備しておく必要はあるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる