FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

海外FXの口コミを大調査!悪い評判も隠さず紹介【全22社】

海外FX業者を比較する際に「レバレッジ」「ボーナス」「ゼロカット」などが比較の要素として取り上げられることが多いです。

しかしそれ以上に、実際にその業者を使っているトレーダーのリアルな意見を知る事も大切です。

なぜならトレーダーの意見には、海外FX業者やアフィリエイターによる印象操作が介入しにくいからです。

この記事では合計22社の海外FX業者に関するそれぞれの口コミを見ていきます。

また記事の冒頭で海外FXの危険性についても解説していきます。

目次

WikiFXでは海外FXの利用をオススメしません

そもそもWikiFXでは海外FX利用をオススメしていません。

海外FXの利用をオススメしない理由は以下の2つです。

  1. 海外FXは違法の業態
  2. 海外FX業者による詐欺被害リスク

海外FXは違法の業態

海外FX業者は日本の金融ライセンスを取得していないため、日本国内で事業を行う事は違法にあたります。

日本の金融ライセンスを取得してしまうと強みである「ハイレバレッジ」「ボーナス」「ゼロカット」などの制度を提供できなくなるため、海外FX業者はあえて日本の金融ライセンスを取得していません。

そのため金融庁は警告のために、海外FX業者を無登録の金融商品取引業者として公式ホームページにリストアップしています。

金融庁の公式HPを見なくても、WikiFXならその業者が日本の金融ライセンスを取得しているかどうかを簡単に確かめることができます。

加えてWikiFXの独自の調査結果に基づいて、そのFX業者のスコア評価を参照することができます。

WikiFXにアクセスして、中央の検索バーに検索したいFX業者を入力します。

入力が終わったら検索ボタンをクリックします。

検索結果が表示されるので該当するFX業者をクリックしてください。

この画面ではFX業者のスコア評価や金融ライセンスを確かめることができます。

スコア評価は「ライセンス指数」「リスク指数」「ソフトウェア指数」「事業指数」「規制指数」の5つの項目で評価されており、総合評価を10点満点で評価しています。

WikiFXスコア評価の基準
  1. ライセンス:取得ライセンスの安全性
  2. リスク:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  3. ソフトウェア:取引プラットフォームなどの利用環境
  4. 事業:企業としての安定性・運営能力など
  5. 規制:取得ライセンスの規制の強さ

日本のマークのついた金融ライセンスが、日本の金融ライセンスを取得している証拠です。

海外FX業者による詐欺被害リスク

海外FX業者を使うことによって詐欺被害や出金拒否にあうリスクが上がります。

各国の金融規制当局は、規制下のFX業者がトレーダーの不利益となることをしないように、日々規制と監督を行っています。

日本の金融ライセンスを取得しているFX業者であれば金融庁による規制があるため、国内で生じる詐欺被害などに対する補償の体制やそれを未然に防ぐための対策が整えられています。

しかし金融庁は、日本の金融ライセンスを取得していない海外FX業者に対しては規制をかけることはできません。

したがって、もし海外FXの利用者が詐欺被害にあった場合でも金融庁から救済手段を与えることができません。

また、詐欺被害にあった場合は民事的な手段と刑事的な手段の2つの手段をとることができます。

しかし現状、どちらの手段を用いても海外FX業者の詐欺による損害を取り返す事は難しいです。

FX業者を装った詐欺集団を民事的に相手取るには、その詐欺集団の連絡先や所在地を明確にしている必要がありますし、詐欺罪として立件するためには大きな法的な壁が存在します。

したがって海外FX業者を使用して詐欺被害にあったとしても、泣き寝入りに終わるケースが大半です。

以上のように海外FX業者はそもそも使用することに大きなリスクがあるので、WikiFXでは国内FX業者の利用をオススメしています。

海外FX業者の5つの評価基準

海外FX業者の評価には5つの基準があります。

  1. 最大レバレッジ
  2. ボーナスの豊富さ
  3. ゼロカットが採用されているか
  4. 金融ライセンスの種類
  5. 口コミ

海外FX業者では「最大レバレッジ」「ボーナス」「ゼロカット」などのサービスを向上させることで、新規ユーザーの獲得を促進しています。

これら3つの要素は日本の金融ライセンスを取得していないという違法性と引き換えに実現できる水準で、国内FX業者と比べて高い水準になっています。

「金融ライセンスの種類」「口コミ」は、そのFX業者の安全性や信頼性を直接的に表す指標となるため、とても重要な評価基準になっています。

最大レバレッジ

海外FX業者最大レバレッジ
exness無制限
XM888倍
Axiory400倍
TitanFX500倍
fxgt1,000倍
HotForex1,000倍
FXPro200倍
Tradeview500倍
TradersTrust3,000倍
FXDD500倍
SvoFX100倍
IFC400倍
Gemforex1,000倍
BigBoss999倍
is6FX6,000倍
IronFX1,000倍
Instaforex1,000倍
iForex400倍
LandFX500倍
FBS3,000倍
VirtueForex777倍
AtlasForex1,000倍
最大レバレッジ

海外FX業者の評価基準の一つに「最大レバレッジ」を挙げることができます。

国内FX業者は日本の金融ライセンスの規制により、最大レバレッジが25倍にまで制限されています。

一方で海外FXでは何百倍から何千倍という大きなレバレッジをかけることができ、ハイリスクな代わりにハイリターンなトレードをすることができます。

海外FXの最大レバレッジはどこの業者も軒並み高い水準にあるため、最大レバレッジの大きさだけでそのFX業者の価値が決まる事は無いと考えて良いでしょう。

ボーナスの豊富さ

海外FX業者ボーナス
exnessなし
XM¥3,000口座開設ボーナス
100%入金ボーナス
20%入金ボーナス
XMポイントプログラム
Axiory不定期ボーナス
TitanFXなし
fxgt新規登録ボーナス
100%入金ボーナス
HotForex50%ウェルカムボーナス
100%スーパーチャージボーナス
100%クレジットボーナス
FXProなし
Tradeviewなし
TradersTrust¥10,000口座開設ボーナス
200%入金ボーナス
100%入金ボーナス
FXDDなし
SvoFX100%+20%入金ボーナス
Twitterフォローボーナス
Svoポイントプログラム
IFCなし
Gemforex新規口座開設ボーナス
入金ボーナス
お友達紹介キャンペーン
他社からGEMFOREXへ乗り換えキャンペーン
BigBoss入金ボーナス(不定期)
取引ボーナス
is6FX新規口座開設ボーナス
入金100%ボーナス
IronFX100%無制限シェアリング・ボーナス
40%パワーボーナス
20%Ironボーナス
Instaforex入金ボーナス(100%・55%・30%)
抽選ボーナス$1,000
年利5%利息
iForex初回入金100%ボーナス
入金25%ボーナス
年利3%利息 
LandFXRestart LPボーナス口座限定100%入金ボーナス 
10%入金ボーナス
リカバリーボーナス
FBS$100クイックスタートボーナス
100%入金ボーナス
最大15ドルキャッシュバックボーナス
VirtueForex100%入金ボーナス  
AtlasForex¥5,000口座開設ボーナス
入金100%ボーナス
ボーナス

ボーナスやそれに関連したキャンペーンの豊富さも海外FX業者評価基準の1つとして挙げることができます。

海外FX業者の中でもボーナスに力を入れている業者とそうでない業者があります。

例えばXMはボーナスに大きな力を注いでいるのに対して、Axioryは年に数回のみの不定期ボーナスしか提供していません。

クッション機能のあるボーナスであればトレードの証拠金として使用することができるため、少ない入金額でもトレードを始めることができます。

つまりリスクにさらす金額を少しでも減らすことができるという点において、ボーナスやキャンペーンの豊富さは選び方の基準の1つになります。

ゼロカットが採用されているか

ゼロカットが採用されているかどうかも、海外FX業者を選ぶ上での評価基準の一つと言うことができます。

しかしゼロカットに関してはたいていの海外FX業者で採用されており、採用されていない場合は海外FX業者としての魅力が大幅に下がると言っても良いでしょう。

ゼロカットがないということは、ただでさえハイリスクである海外FXにさらに追証リスクが生じることになるので、利用には十分気をつける必要があります。

以下で紹介する海外FX業者の中でゼロカットを採用していないのはFXDDのみです。

金融ライセンスの種類

海外FX業者金融ライセンス
exnessFCA
CySEC
FSCA
FSA
XMASIC
CySEC
IFSC
FSA
DFSA
AxioryIFSC
TitanFXVFSC
fxgtFSA
HotForexCySEC
FCA
DFSA
CNMV
FXProCySEC
FCA
TradeviewLFSA
TradersTrustCySEC
FXDDMFSA
SvoFXVFSC
IFCFSC
Gemforexなし
BigBossなし
is6FXなし
IronFXFCA
Instaforexなし
iForexなし
LandFXなし
FBSCySEC
IFSC
VirtueForexなし
AtlasForexなし
金融ライセンス

そのFX業者が取得している金融ライセンスの種類もFX業者を選ぶ上での1つの基準になります。

金融ライセンスはその発行国において金融商品取引を行うものが必ず取得しなければならないものです。

各国の金融ライセンスごとで、金融ライセンスを取得するための要件や金融ライセンスを取得した後の規制の厳しさには、差があります。

取得の難しい金融ライセンスを持っていればそれだけ信頼性の高いFX業者と言うことができ、一方で取得が簡単な金融ライセンスを持っていてもそのFX業者の信頼性を保証される事はありません。

また金融ライセンスによっては、トレーダーに対して損害補償を支払うことを条項にいれていることもあり、そのような金融ライセンスを取得しているFX業者でトレードする事は、トレーダーにとってある程度の安心材料になります。

口コミ

海外FX業者を実際に利用した人からの口コミは、海外FX業者のリアルな評価を知るためには重要な基準になります。

海外FX業者の公式サイトや海外FXのアフィリエイトサイトは海外FXの都合の良いところのみを取り上げており、バイアスのかかった内容になっていることが多いです。

一方でTwitterなどのSNSには実際の利用者からの口コミが投稿されていることが多く、これらの口コミを事前に把握しておく事は大切です。

この記事ではそれぞれの海外FX業者の「最大レバレッジ」「ボーナス」「ゼロカットが採用されているか」「金融ライセンスの種類」「スコア評価」を表にまとめています。

加えて、そのFX業者に関する「良い口コミ」と「悪い口コミ」をTwitterから引用しつつ、総評を論じていきます。

口コミを参照する際の注意点

口コミは良くも悪くも利用者の素直な感想に基づいています。

トレードで大きく負けてしまったことの腹いせに、FX業者に関する悪い口コミを書き込んでいることも十分に考えられます。

また出金拒否などに関する悪い口コミも多く集まりますが、トレーダーの不正行為が原因で出金拒否になっている可能性もあります。

これらのことを十分理解した上で、口コミを参照するようにしましょう。

スコアの高いFX業者(スコア評価7点以上)

WikiFXでは海外FX業者の評価を独自の調べにより10点満点のスコアで評価しています。

スコア評価は「ライセンス指数」「リスク指数」「ソフトウェア指数」「事業指数」「規制指数」の5つの項目で評価されており、総合評価を10段階で評価しています。

WikiFXスコア評価の基準
  1. ライセンス:取得ライセンスの安全性
  2. リスク:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  3. ソフトウェア:取引プラットフォームなどの利用環境
  4. 事業:企業としての安定性・運営能力など
  5. 規制:取得ライセンスの規制の強さ

ここではスコア評価7点以上を獲得している海外FX業者を取り上げていきます。

exness

特徴内容
最大レバレッジ無制限(実質21億倍)
ボーナスなし
ゼロカットあり
金融ライセンスFCA
CySEC
FSCA
FSA
スコア評価8.37
exness

良い口コミ

https://twitter.com/yyaaoct/status/1402849093618073601?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1402849093618073601%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fteinentaisyoku-kaigaifx.com%2Fexness-reputation%2F
  • 特にスプレッドの狭さと安定性
  • レバレッジ無制限が良い
  • チャットサポートが丁寧
  • 出金が早い

狭いと言われているexnessのスプレッドは以下の通りです。

exnessのスプレッド(USD/JPY)

スタンダード口座:0.3pipsから

プロ口座:0.1pipsから

ゼロ口座:0.0pipsから ※取引手数料片道3.5USD/ロット

ロースプレッド口座:0.0pipsから ※取引手数料片道3.5USD/ロット

悪い口コミ

  • 出金拒否にあった
  • MT5が重くなる時がある

exnessに限らず、海外FXには出金に関しての複雑なルールが存在するので、そのルールに抵触した場合は出金拒否にあうことがあります。

exnessの出金ルールは以下の通りです。

Exnessで出金拒否につながる出金ルール
  1. 入金方法に合わせて出金する
  2. 出金には優先順位がある
  3. 複数方法で入金したなら出金額は入金額と同比率にする
  4. 第三者からの出金依頼は拒否される

総評

exnessのWikiFXでのスコア評価は8.37/10と海外FX業者の中でもかなり高めの評価を受けています。

Twitterでの口コミを調査しても、あまり悪い口コミは見当たりませんでした。

exnessにはボーナスがありませんが、その代わりにとてつもなく大きいレバレッジとスプレッドの狭さを提供しているといえます。

また、exnessの運営母体が最難関の金融ライセンスと呼ばれるFCAの金融ライセンスを取得していることからも、業者としての信頼性の高さがうかがえます。

XM

特徴内容
最大レバレッジ888倍
ボーナス口座開設ボーナス
100%入金ボーナス
20%入金ボーナス
XMポイントプログラム
ゼロカットあり
金融ライセンスASIC
CySEC
IFSC
FSA
DFSA
スコア7.42
XM

良い口コミ

  • 出金拒否などの報告はなく、問題なく出金できる
  • ボーナスが豊富
  • 約定力が高い

悪い口コミ

  • ひどいスリッページが発生することがある
  • スプレッドが広い

XMのスタンダード口座では一番狭いスプレッドを実現しているUSD/JPYでもスプレッドが1.8pip程度あります。

狭いスプレッドを提供しているゼロ口座では、スプレッドが0.0pipsの通貨ペアも存在しますが、取引手数料を加味すると1.0pips以上の実質スプレッドが存在することになります。

XMのスプレッド(USD/JPY)

スタンダード口座:1.8pipsから

ゼロ口座:0.0pipsから ※取引手数料片道5USD/ロット

総評

XMのWikiFXでのスコア評価は7.42/10と海外FX業者の中では高めです。

XMはスプレッドの高いというデメリットと引き換えに、豊富なボーナスと高いレバレッジを提供している業者と言えます。

また、出金拒否に関する口コミも見当たらないため、資金の安全性がある程度高い海外FX業者といえます。

スコアが普通のFX業者(スコア評価4点以上7点未満)

WikiFXスコア評価の基準
  1. ライセンス:取得ライセンスの安全性
  2. リスク:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  3. ソフトウェア:取引プラットフォームなどの利用環境
  4. 事業:企業としての安定性・運営能力など
  5. 規制:取得ライセンスの規制の強さ

ここではスコア評価4点以上7点未満を獲得している海外FX業者を取り上げていきます。

ここで紹介する海外FX業者はユーザーからは平均的な評価を受けており、良い口コミと悪い口コミが同数程度存在している業者です。

Axiory

特徴内容
最大レバレッジ400倍
ボーナスなし
ゼロカットあり
金融ライセンスIFSC
スコア5.94
Axiory

良い口コミ

  • cTraderという取引プラットフォームを使用できる
  • 約定力が高い

悪い口コミ

  • サーバーが弱い

総評

AxioryのWikiFXでのスコア評価は5.94/10で、海外FX業者の中ではちょうど真ん中くらいの評価です。

Axioryに関してはあまり悪い口コミが見当たりませんでしたが、サーバーの脆弱性に関しては唯一の悪い口コミといってよいでしょう。

また、取得している金融ライセンスが取得難易度の低いIFSCのみである点も気になります。

IFSCはかつてよりは取得要件が厳しくなっているという経緯がありますが、権威性の高いライセンスとは言い切れません。

TitanFX

特徴内容
最大レバレッジ500倍
ボーナスなし
ゼロカットあり
金融ライセンスVFSC
スコア5.05
TitanFX

良い口コミ

  • スプレッドが狭い
  • 出金への対応がしっかりしている

しかし、狭いスプレッドを提供しているブレード口座には1ロットにつき720円の取引手数料がかかることを加味すると、他の海外FX業者のスプレッドの水準と大した差はないと見受けられます。

TitanFXのスプレッド(USD/JPY)

スタンダード口座:1.0pipsから

ブレード口座:0.0pipsから ※取引手数料720円/ロット

悪い口コミ

  • スプレッドが不安定
  • ひどいスリッページが生じることがある

総評

TitanFXのWikiFXでのスコア評価は5.05/10で、海外FX業者の中ではちょうど真ん中くらいの評価です。

ひどいスリッページが発生するなどの約定に関する悪い口コミがある一方で、出金は安定してできるという良い口コミもありました。

またスプレッドの狭さに関する良い口コミがある一方で、スプレッドが安定しないという悪い口コミもあり、スプレッドに関しては賛否両論といった印象です。

取得しているライセンスがVFSCというマイナーな金融ライセンスなこともあり、WikiFXでは「ライセンス指数」と「規制指数」を低く評価しています。

FXGT

特徴内容
最大レバレッジ1,000倍
ボーナス新規登録ボーナス
100%入金ボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスFSA
スコア6.10
fxgt

良い口コミ

  • 出金が早い
  • ビットコインのトレーダーからの人気が高い

悪い口コミ

  • 出金拒否にあった
  • 約定力が低い
  • スプレッドが広い

FXGTでは取引手数料のかからないスタンダード口座のみしか用意していません。

FXGTのスタンダード口座のスプレッドは以下の通りです。

FXGTのスプレッド(USD/JPY)

スタンダード口座:1.6pipsから

総評

FXGTのWikiFXでのスコア評価は6.10/10で、海外FX業者の中ではちょうど真ん中くらいの評価です。

FXGTは2019年に設立されたばかりの新興のFX業者であることもあり、人によって評価がバラバラな印象です。

出金拒否されたと主張している人がいる一方で、出金がとてもスムーズだったと主張している人もいます。

取得している金融ライセンスがセイシェルのFSAのみであることから、「ライセンス指数」と「規制指数」がかなり低く評価されています。

HotForex

特徴内容
最大レバレッジ1,000倍
ボーナス50%ウェルカムボーナス
100%スーパーチャージボーナス
100%クレジットボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスCySEC
FCA
DFSA
CNMV
スコア5.95
HotForex

良い口コミ

  • 出金の安全性が高い
  • 日本人によるサポートがしっかりしている

悪い口コミ

https://twitter.com/allwinpo/status/1250101152655372294?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1250101152655372294%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Frunways.co.jp%2Fmedia%2F1148%2F
  • 円建てができない
  • 約定力が低い
  • ボーナスにクッション機能がない

2021年11月ごろから、HotForexはクッション機能つきのボーナスを提供し始めています。

総評

HotForexのWikiFXでのスコア評価は5.95/10で、海外FX業者の中ではちょうど真ん中くらいの評価です。

TwitterではHotForexの出金の早さに対して高評価をしているユーザーが多かったのですが、WikiFXには出金拒否に関する口コミが寄せられていることから、出金に関する安全性は高いとは言い切れません。

それ以外にもHotForexに関する苦情がWikiFXに多数寄せられていることから、WikiFXではHotForexの「リスク指数」を0と評価しています。

FxPro

特徴内容
最大レバレッジ200倍
ボーナスなし
ゼロカットあり
金融ライセンスCySEC
FCA
スコア6.36
FxPro

良い口コミ

  • 大きな金額の出金にも迅速に対応してくれる

悪い口コミ

  • ストップ狩りが起こった
  • FxProの名を冠した詐欺サイトに誘導する国際ロマンス詐欺が流行している

国際ロマンス詐欺とはSNSやマッチングアプリで知り合った外国人美男美女を装った詐欺師が、恋愛感情につけ込んだ投資詐欺を働くことを指します。

海外FX業者の名前はこのような投資詐欺に悪用されやすいという性質を持っています。

総評

FxProのWikiFXでのスコア評価は6.36/10で、海外FX業者の中ではちょうど真ん中くらいの評価です。

WikiFXにはFxProに関するクレームが多数寄せられているため、「リスク規制」が0と評価されています。

FxProは2011年に日本へのサービス提供を停止した際に、多くの日本人トレーダーのポジションを強制決済したことにより、日本のトレーダーからの信頼を失ってしまったという経緯があります。

そのためTwitterで調べる限り、FxProを使用している日本人トレーダーはかなり少ない印象を受けました。

Tradeview

特徴内容
最大レバレッジ500倍
ボーナスなし
ゼロカットあり
金融ライセンスLFSA
スコア5.41
Tradeview

良い口コミ

  • 出金、着金も問題なし
  • 日本語のカスタマーサポートの対応が速い
  • cTraderが使用できる
  • スキャルピングメインのトレーダーからの評判が良い

悪い口コミ

  • 出金に関する小さなトラブルが発生した

総評

TradeviewのWikiFXでのスコア評価は5.41/10で、海外FX業者の中ではちょうど真ん中くらいの評価です。

Tradeviewはマイナーライセンスであるマレーシアの金融ライセンスのみを取得していることから、WikiFXでは「ライセンス指数」と「規制指数」を低めに評価しています。

また、Tradeviewの公式サイトは日本語に対応していますが、情報量が少なさに不安を感じる業者でもあります。

TradersTrust

特徴内容
最大レバレッジ3,000倍
ボーナス10,000円口座開設ボーナス
200%ご入金ボーナス
100%ご入金ボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスCySEC
スコア4.33
TradersTrust

良い口コミ

  • 出金がかなり速い
  • 日本語対応が良い

悪い口コミ

  • ボーナスの出金条件が厳しい
  • 約定速度が遅い
TradersTrustのボーナス出金条件
  • 90日以内
  • 「ボーナス金額÷300」ロットの取引

例えば30,000円分のボーナスがあった場合、

30,000÷300=100

100ロットの取引を90日以内に完了させなければ、ボーナス分を出金することはできません。

総評

TradersTrustのWikiFXでのスコア評価は4.33/10で、海外FX業者の中では真ん中より少し劣る評価です。

TradersTrustでは2020年に日本のトレーダー向けに東京にサーバーの増設と移行をしたという経緯があります。

このメンテナンス期間には一部約定までの時間が遅れるなどのトラブルが発生していたようです。

またボーナスを利用したトレードもできますが、ボーナス分の出金には非常に厳しい条件が付けられており、利用者からの不満が寄せられていました。

FXDD

特徴内容
最大レバレッジ500倍
ボーナスなし
ゼロカットなし
金融ライセンスMFSA
スコア5.87
FXDD

良い口コミ

特になし

悪い口コミ

  • 出金拒否と口座凍結をされた
  • 資金移動に時間がかかる
  • スプレッドがひどい

総評

FXDDのWikiFXでのスコア評価は5.87/10で、海外FX業者の中ではちょうど真ん中くらいの評価です。

FXDDでは良い口コミが全く見当たらず、悪い口コミや過去の黒い噂に関する口コミが大半を占めました。

FXDDはスイスフランショックの際にはゼロカットの代わりに追証請求を行った詐欺業者としてのレッテルが貼られています。

下記の記事ではFXDDが追証を請求したとされるスイスフランショックについても詳しく説明しています。

SvoFX

特徴内容
最大レバレッジ100倍
ボーナス100%+20%入金ボーナス
Twitterフォローボーナス
Svoポイントプログラム
ゼロカットあり
金融ライセンスVFSC
スコア4.34
SvoFX

良い口コミ

  • コピートレードが高機能

悪い口コミ

  • 詐欺の案内が頻繁に来る
  • スプレッドが広い
  • 出金手数料が高い
  • ドルから円へ変換レートが悪い

SvoFXのスプレッドは以下の通りです。

SvoFXのスプレッド(USD/JPY)

スタンダード口座:1.4pipsから

マイクロ口座:1.4pipsから

プロフェッショナル口座:0.2pipsから※取引手数料2~2.5USD/Lot

総評

SvoFXのWikiFXでのスコア評価は4.34/10で、海外FX業者の中では真ん中より少し低い評価です。

SvoFXはマイナーライセンスであるVFSCしか取得していないことから「ライセンス指数」「規制指数」ともに低めに評価されています。

また、SvoFXではソーシャルトレードと呼ばれるコピートレードのサービスを提供しており、トレードの初心者でも他人のトレード手法でトレードすることができます。

しかし、トレード環境が悪いことからあまりオススメはされていません。

IFC Markets

特徴内容
最大レバレッジ400倍
ボーナス・キャンペーンなし
ゼロカットあり
金融ライセンスFSC
スコア4.97
IFC

良い口コミ

  • 「NetTradeX」という高性能な取引プラットフォームが使える
  • 口座資金に最大7%の利息がつく
  • ビットコインを口座通貨に選べる

悪い口コミ

  • スリッページがひどい
  • 出金に問題があった

総評

IFC MarketsのWikiFXでのスコア評価は4.97/10で、海外FX業者の中では真ん中より少し低い評価です。

IFCでは「NetTradeX」「利息付きの口座」「ビットコイン口座」など、他の海外FX業者にはない珍しいサービスを提供している海外FX業者です。

取得している金融ライセンスのうちキプロスのCySECに関しては有効期限切れとなっているため、安全性に関しては疑問が残ります。

スコアの低いFX業者(スコア評価4点未満)

WikiFXスコア評価の基準
  1. ライセンス:取得ライセンスの安全性
  2. リスク:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  3. ソフトウェア:取引プラットフォームなどの利用環境
  4. 事業:企業としての安定性・運営能力など
  5. 規制:取得ライセンスの規制の強さ

ここでは以下のスコア評価4点未満を獲得している海外FX業者を取り上げていきます。

ここから紹介していくFX業者はWikiFXの独自調べでは著しく低く評価されており、口コミに関しても悪い口コミが大半を占めます。

また、良い口コミに関しても玉石混合であり、アフィリエイターや業者側の人間による信ぴょう性の低い口コミが多く見られました。

よってWikiFXではこれらの業者を使用することを全くオススメすることができません。

GemForex

特徴内容
最大レバレッジ1,000倍
ボーナス新規口座開設ボーナス
入金ボーナス
お友達紹介キャンペーン
他者からGEMFOREXへ乗り換えキャンペーン
ゼロカットあり
金融ライセンスなし
スコア3.77
GEMFOREX

良い口コミ

  • 損失補填に対応してくれた
  • 出金が早い

悪い口コミ

  • ゴールドで大きなスプレッドが発生した
  • MT4が動かないことに対する説明がない
  • 出金拒否の噂がある

総評

GemForexのWikiFXでのスコア評価は3.11/10で、海外FX業者の中ではかなり低い評価です。

まずGemForexには正規の金融ライセンスが確認できないため、WikiFXではGemForexをノンライセンスの業者として最大限のリスク喚起を行っています。

良い口コミとして取り上げている「損失補填」に関しても、もともとはGemForexのスプレッドによる事故が原因であることを考えると、とても危険な業者であると判断できます。

BigBoss

特徴内容
最大レバレッジ999倍
ボーナス入金ボーナス(不定期)
取引ボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスなし
スコア2.53
BigBoss

良い口コミ

  • 出金が早い

悪い口コミ

  • 取引が盛んな時間帯にメンテナンスが入る
  • スプレッドの急拡大がある

総評

BigBossのWikiFXでのスコア評価は2.53/10で、海外FX業者の中ではかなり低い評価です。

BigBossは金融ライセンスを取得していないノンライセンスのFX業者として、WikiFXでは最大限のリスク喚起を行っています。

良い評判に関しては「出金が早い」ぐらいしか確認できず、悪い口コミが大半を占めている印象です。

したがってWikiFXではBigBossの利用を全くオススメできません。

is6FX

特徴内容
最大レバレッジ6,000倍
ボーナス新規口座開設ボーナス
入金100%ボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスなし
スコア2.73
is6FX

良い口コミ

  • 出金がスムーズ

悪い口コミ

  • 出金に時間がかかる
  • 約定力にバラツキがある

総評

is6FXのWikiFXでのスコア評価は2.73/10で、海外FX業者の中ではかなり低い評価です。

is6FXは金融ライセンスを取得していないノンライセンスのFX業者として、WikiFXでは最大限のリスク喚起を行っています。

is6FXはもともとis6comという名称で運営されていましたが、2020年にTEC WORLD GROUPに買収されたことで、現在のis6FXとしてサービスを提供するようになりました。

is6FXへとリニューアルされた後はサービスの改善が見られたようですが、依然として業者としての信頼性は低いままです。

IronFX

特徴内容
最大レバレッジ1,000倍
ボーナス100%無制限シェアリング・ボーナス
40%パワーボーナス
20%Ironボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスFCA
スコア0.39
IronFX

良い口コミ

特になし

悪い口コミ

  • 出金拒否がある
  • 利益分と入金分も没収された

総評

IronFXのWikiFXでのスコア評価は0.39/10で、海外FX業者の中では最低の評価です。

IronFXは世界的に展開している大規模な海外FX業者で、その業界経験を活かしたホワイトラベルの提供なども行っています。

しかし、そのホワイトラベルの提供先が軒並み不祥事を起こしていることから、悪評が目立ちます。

下記の記事ではIronFXのホワイトラベルを利用しているFXsuitというFX業者による詐欺被害について解説しています。

詐欺業者の疑惑や出金拒否の噂が絶えないので、IronFXを利用することは全くオススメできません。

InstaForex

特徴内容
最大レバレッジ1,000倍
ボーナス入金ボーナス(100%・55%・30%)
抽選ボーナス$1,000
年利5%利息
ゼロカットあり
金融ライセンスなし
スコア0.19
InstaForex

良い口コミ

特になし

悪い口コミ

  • 出金拒否の噂がある
  • チャート情報の取得が遅い
  • サポートのたらい回しにあった

総評

InstaForexのWikiFXでのスコア評価は0.19/10で、海外FX業者の中では最低の評価です。

InstaForexは金融ライセンスを取得していないノンライセンスのFX業者として、WikiFXでは最大限のリスク喚起を行っています。

InstaForexは日本語や円口座に対応していないこともあり、日本のトレーダーからはあまり人気のない海外FX業者になっています。

さらに、出金拒否に関する噂もあるためWikiFXではInstaForexの利用を全くオススメしません。

iForex

特徴内容
最大レバレッジ400倍
ボーナス初回入金100%ボーナス
入金25%ボーナス
年利3%利息
ゼロカットあり
金融ライセンスなし
スコア2.75
iFOREX

良い口コミ

  • 取引コストが低い
  • ボーナスが豊富

悪い口コミ

  • MT4が使用できない
  • 分割決済ができない
  • 出金が遅い
  • 約定が遅い

総評

iFOREXのWikiFXでのスコア評価は2.75/10で、海外FX業者の中ではかなり低い評価です。

iFOREXが取得しているとされるCySECは偽ライセンスの疑惑があり、WikiFXではiFOREXをノンライセンスのFX業者として最大限のリスク喚起を行っています。

「取引コストが低い」「ボーナスが豊富」「利子付きの口座」などの表面上の魅力があるものの、実際には悪質なサービスを提供していることがうかがえるため、利用を全くオススメできません。

LandFX

特徴内容
最大レバレッジ500倍
ボーナスRestart LPボーナス口座限定100%入金ボーナス 
10%入金ボーナス
リカバリーボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスなし
スコア2.60
LAND FX

良い口コミ

  • スプレッドが狭い
  • 損失補填がある

悪い口コミ

  • 出金拒否の噂がある
  • サーバーがダウンする
  • 運営の対応が悪い
  • 出金に時間がかかる

総評

LandFXのWikiFXでのスコア評価は2.60/10で、海外FX業者の中ではかなり低い評価です。

LandFXが取得しているとされるFCAは有効期限切れの疑惑があり、WikiFXではiFOREXをノンライセンスのFX業者として最大限のリスク喚起を行っています。

出金拒否の噂に関してはユーザーが出金条件に抵触していた可能性もありますが、クレジットカード出金を用いた場合は着金までに最大45営業日かかることは事実のようです。

また、FCA(有効期限切れ)に記載されているロンドンオフィスは実際には確認できなかったことがWikiFXの現地調査により明らかになっています。

≫WikiFXによるLandFXの現地調査の結果はコチラから確認できます

したがってWikiFXではLandFXの利用を全くオススメできません。

FBS

特徴内容
最大レバレッジ3,000倍
ボーナスクイックスタートボーナス(100ドル相当)
100%入金ボーナス
最大15ドルキャッシュバックボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスCySEC
IFSC
スコア1.67
FBS

良い口コミ

  • ボーナス豊富
  • 出金が早い

悪い口コミ

  • 出金拒否された
  • サポートに日本語が通じない
  • 約定が遅い

総評

FBSのWikiFXでのスコア評価は1.67/10で、海外FX業者の中ではかなり低い評価です。

FBSでは高いレバレッジや豊富なボーナスなどを提供していますが、WikiFXにはFBSに対するクレームが多数寄せられています。

また、取得している金融ライセンスの規制力が弱いことからも「リスク指数」「ライセンス指数」「規制指数」が全て0と評価されています。

WikiFXではFBSを利用することを全くオススメできません。

VirtueForex

特徴内容
最大レバレッジ777倍
ボーナス100%入金ボーナス  
ゼロカットあり
金融ライセンスなし
スコア2.06
VirtueForex

良い口コミ

特になし

悪い口コミ

  • 業者が詐欺に絡んでいる可能性がある

総評

VirtueForexのWikiFXでのスコア評価は2.06/10で、海外FX業者の中では最低の評価です。

ViertueForexは金融ライセンスを取得していないノンライセンスのFX業者として、WikiFXでは最大限のリスク喚起を行っています。

VirtueForexに関する良い口コミのほとんどがアフィリエイトリンク付きであったため、信憑性は低いと考えられます。

また、VirtueForex自体が詐欺を行っているわけではないものの、詐欺に悪用されている業者であることが口コミによって明らかになりました。

VirtueForexに関する口コミは詐欺被害に関することがほとんどであり、業者自体のスペックを評価するような口コミは見当たりませんでした。

このようにVirtueForexは正体が明らかになっていない海外FX業者であり、非常に危険性が高いためWikiFXでは利用を全くオススメできません。

AtlasForex

特徴内容
最大レバレッジ1,000倍
ボーナス新規口座開設5,000円ボーナス
入金100%ボーナス
ゼロカットあり
金融ライセンスなし
スコア1.01
Atlas Forex

良い口コミ

特になし

悪い口コミ

  • 出金に時間がかかる
  • 出金に応じてもらえない
  • 詐欺業者としての噂がある

総評

AtlasForexのWikiFXでのスコア評価は1.01/10で、海外FX業者の中では最低の評価です。

WikiFXではAtlasForexを金融ライセンスを取得していないノンライセンスのFX業者として、最大限のリスク喚起を行っています。

AtlasForexは出金拒否に関する口コミが多く、Twitterでは詐欺業者として取り扱われていました。

ユーザーからの声も不満に満ちており、良い口コミは見当たりませんでした。

AtlasForexは詐欺業者である可能性が濃厚な業者であるため、WikiFXでは全くオススメできません。

まとめ:FX業者を選ぶ際には口コミを参照することが大切

ここまで海外FX業者の口コミについて解説しました。

海外FX業者について解説しているサイトはアフィリエイト記事が大半を占めるため、海外FX業者の肩を持ったような記事が多いです。

また、海外FX業者の公式サイトでは海外FXのデメリットをアピールすることは無いため、海外FX業者にとって有利な点のみが主張されがちです。

したがって海外FX業者の実情を知るために、実際にその業者を使っている口コミを参考にするという考え方を持っておくことは大切です。

FXでは国内FX業者の利用をお勧めしていますが、海外FX業者のスコアに関しても客観性を持った評価をしています。

スコアの高い海外FX業者であっても、日本の金融ライセンスを取得していないことに変わりは無いのでWikiFXでは海外FX業者よりも国内FX業者の利用をオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

早稲田大学法学部を卒業後、FXでトレードを続けながらFX専門のWebライターとして活動。
海外滞在を通して身につけた英語力を武器に、英文献を用いた多角的な記事の執筆が得意。

コメント

コメントする

目次