FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

TradersTrustに出金拒否はある?プロが安全性を調査しました

TradersTrust(トレーダーズトラスト)/ TTCMでは、レバレッジを最大3,000倍に設定でき、ボーナスも豊富なので、資金が少ない方に人気のFX会社です。

しかしそんな魅力を台無しにするような、

利益を出金拒否された

という口コミもあります。

いくらレバレッジやボーナスに優れていたとしても、出金拒否するような業者なら利用は避けるべきでしょう。

この記事では、FX会社の格付けサービスを提供しているWikiFXが、
TradersTrustの安全性について、事実ベースで客観的に解説しています。

WikiFXとは?

WikiFX(ウィキエフエックス)は、FX会社の安全性・信頼性を評価している第三者機関です。
全世界3万以上のFXブローカーの情報を収集し・格付けを行っています。
FX会社の安全性スコアや詐欺被害のリアルな口コミは『wikifx.com』で確認できます。

TradersTrustが詐欺業者なのかどうかを、取得ライセンスや規則、Twitterの口コミなど様々な視点から安全性を徹底的に調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

≫TradersTrustの安全性スコアを確認する

目次

TradersTrustの安全性を基本情報や取得ライセンスから調査

掲載元;TradersTrust

TradersTrustの安全性を確かめるために、 公式サイトやWikiFXで下記3点を調査しました。

安全性調査項目

1.企業情報と特徴
2.取得ライセンス
3.ユーザーの資産保護

基本情報1.企業情報と特徴

TradersTrustの企業情報や特徴は、以下の通りです。

【企業情報】

企業情報1(掲載元:WikiFX)
企業情報2(掲載元:WikiFX)

TradersTrustの公式サイトは、7か国語に翻訳されています。

カスタマーサービスは日本語に対応しており、平日5日(月曜日から金曜日)の10時~24時で対応しているようです。

また日本人スタッフもいるとされています。

特徴詳細
取扱商品・FX
・インデックス指数
・貴金属
・原油
・仮想通貨

など70銘柄以上
レバレッジ最大3,000倍
口座タイプ・クラシック口座
・プロ口座
・VIP口座
・デモ口座  
取引プラットフォーム・MT4  
スプレッド・クラシック口座:1.5pips~
・プロ口座:0.0pips~(取引手数料:往復6ドル/ロット)
・VIP口座:0.0pips~(取引手数料:往復3ドル/ロット)
・デモ口座:上記3種類に準拠  
最低入金額50ドル/50ユーロ/50ポンド
入出金方法・国内銀行送金(※入金のみ)
・海外銀行送金
・クレジットカード
・bitwallet
・ビットコイン
ロスカット50%
ゼロカットあり
スキャルピング可能
両建て可能
ボーナス・10,000円口座開設ボーナス
・200%ご入金ボーナス
・100%ご入金ボーナス
TradersTrustの特徴

TradersTrustの特徴として、下記3つが挙げられます。

TradersTrustの特徴
  1. レバレッジが高い
  2. 両建て取引に規制がない
  3. ボーナスが多い

1つ目の特徴は「レバレッジが高い」ことです。

海外FXは、金融庁の規制が及ばないため、国内FXの上限である25倍よりも高くレバレッジを設定できるケースが多いです。

TradersTrustでは、全ての口座タイプでレバレッジを最大3,000倍に設定できます。

2つ目の特徴は「両建て取引に規制がない」ことです。

両建て取引をOKにしている業者は多いですが、大半が「同一口座内に限る」という規制を設けています。

しかしTradersTrustでは、そのような規制がなく、複数口座をまたがる両建てや他社口座を介した両建てについても、特に規制がありません。

3つ目の特徴は「ボーナスが多い」ことです。

海外FXでは、証拠金として使えるボーナスを提供している業者があります。

TradersTrustでは、

・10,000円口座開設ボーナス

・200%ご入金ボーナス

・100%ご入金ボーナス

と他社と比較するとボーナスは多めという印象です。

基本情報2.取得ライセンス

TradersTrustが取得している金融ライセンスを、WikiFXで調査しました。

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、各国の金融監督機関が発行している『金融業の営業許可証』のことです。
取得をするためには、監督機関からの審査や、資金の預託が必要になる場合があるため、FX会社の信頼性を見極める上で重要な指標の一つと言えます。
取得難易度や規制の内容は、ライセンスを発行する国や機関によって異なります。

No. ライセンス名 現在の状態 ライセンスタイプ 取得難易度
1キプロス証券取引委員会(CySEC)オフショア規制直通ライセンス(STP)
TradersTrustの取得ライセンス一覧

取得ライセンス1.キプロス証券取引委員会(CySEC)

ライセンス状況(掲載元:WikiFX)

キプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンス情報は、以下の通りです。

【ライセンス情報詳細】

正式名称Cyprus Securities and Exchange Commission
日本語名(略称)キプロス証券取引委員会(CySEC)
設立2001年
取得難易度
信頼性
公式サイトhttps://www.cysec.gov.cy/home/
CySEC ライセンス情報

キプロス証券取引委員会(CySEC)を取得するには、財政面からユーザーサポートに至るまで、標準的な規制項目をクリアする必要があります。

そのため、取得難易度と信頼性は中程度とされています。

【キプロス証券取引委員会(CySEC)の規制内容】

キプロス証券取引委員会(CySEC)の規制内容
  • 新規ユーザーによる口座開設ではレバレッジを50倍に規制
  • 取引量に応じたボーナス提供の禁止
  • ユーザー保護を目的としたゼロカットシステムの導入義務
  • 出金要請がある場合、翌日までに完了させること
  • ICF(投資家補償基金)への加入義務
  • 運営資金とユーザー資産の分別管理義務

取得状況はWikiFXにより、CySEC公式サイトにてTradersTrustグループの1つである「TTCM Traders Trust Capital Markets Ltd」が確認済みのようです。

WikiFXによりCySEC公式サイトで確認された取得状況

同じライセンスを取得しているFX業者は、以下の通りです。

【同じライセンスを取得しているFX業者】

FX業者名 ライセンスNo.
XM120/10
exness178/12
HotForex183/12
同じライセンスを取得しているFX業者

基本情報3.ユーザーの資産保護

TradersTrustがユーザーの資産保護をするために、「分別管理」や「信託保全」などを公式サイトで明言しているか調査しました。

その結果「トレーダーズ・トラストでは、お客様からお預かりした投資運用資金は、弊社の自己資金並びに運用資金とは完全に隔離された銀行口座にて、完全分別管理保管されております。」と、明言されているのを確認しました。

ただし、どこの銀行でどのように口座資金が分別管理されているかが不明であり、本当に資産を保護しているかも不透明です。

≫TradersTrustで分別管理されていることを確認する

TradersTrustは出金拒否をするのか?Twitterで口コミ4件を調査

TradersTrustが出金拒否をする業者かどうか、Twitterで口コミを調査しました。

その中で関係ありそうなものを、4件ピックアップしてご紹介します。

TradersTrustのTwitterでの口コミ
  1. 300万円の利益を出金拒否された
  2. 練習口座で1万円しか出金できない
  3. 利益が80万円を超えてから保有ペアのチャートが固まるように
  4. ボーナスの出金条件がきつすぎる

口コミ1.300万円の利益を出金拒否された

この業者は300万円の利益が出金拒否されました。

とされる口コミです。

使用しないでください

と警告しています。

口コミ2.練習口座で1万円しか出金できない

TradersTrustの練習口座
悲しきことに10ロット消費して1万円しか出金できないという

とされる口コミです。

ここでの「練習口座」とは、TradersTrustのデモ口座を指すかどうかは分かりません。

口コミ3.利益が80万円を超えてから保有ペアのチャートが固まるように

利益が80万を超えたあたりから、気配値やチャートが自分が保有するペアだけが頻繁に固まるようになりました。

とされる口コミです。

問い合わせして復旧してもらい無事出金もできましたが、これは口座凍結前の警告かと疑い、それ以降は利用していません 。

と口座凍結の危険を感じて、利用を中止しているようです。

口コミ4.ボーナスの出金条件がきつすぎる

traderstrustで口座開設ボーナス1万なんだけど、利益の出金条件がきつすぎて無理な気がする。

とされる口コミです。

条件は、

•期間は90日
•レバ100倍
•最大ロット0.1まで
•合計10ロット以上
•1度のポジは10pips以上利損出なきゃ10ロットに影響しない
•利益は上限1万まで出金可

当時建玉も3つまでだったかな?
5つか

と語っています。

WikiFX「真相公開」から口コミを調査

掲載元:WikiFX

WikiFXでは、ユーザーから寄せられる口コミとして「真相公開」が掲載されています。

2022年1月24日時点で、TradersTrustの「真相公開」はありませんでした。

≫WikiFXでTradersTrustの「真相公開」を確認する

WikiFXによる独自調査結果

WikiFXでは、FX業者を数値で判定する『スコア評価』や、ペーパーカンパニーでないかを調査する『現地調査』などを行っています。

またそれらの結果を基に『注意喚起』も行っています。

結果は、以下の通りです。

独自調査1.スコア評価

掲載元:WikiFX

WikiFXでは、下記の5つの指数から10点満点でFX業者を評価しています。

WikiFXスコアの評価基準
  1. ライセンス指数:取得ライセンスの信頼性・価値
  2. 事業指数:企業としての安定性・運営能力など
  3. リスク指数:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  4. 規制指数:取得ライセンスの規制の強さ
  5. ソフトウェア指数:取引プラットフォームなどの利用環境

TradersTrustのスコア評価結果は、以下の通り。
WikiFX評価の詳細は「WikiFX TradersTrust」ページでもご確認頂けます。

≫WikiFXでTradersTrustの安全性をもっと詳しくチェックする

【TradersTrustのスコア評価(2022年1月24日時点)】

指標 スコア評価
ライセンス指数4.29
事業指数8.31
リスク指数8.90
規制指数4.26
ソフトウェア指数4.00
総合スコア3.67
TradersTrustのスコア評価(2022年1月24日時点)

総合スコアが「3.67」なので、FX業者としては低い部類に属します。

「ライセンス指数」「4.29」と平均ラインで、取得ライセンスが「キプロス証券取引委員会(CySEC)」のみと、信頼性が中程度のライセンス一つだけなのが原因のようです。

また同じ理由から「規制指数」「4.26」と、平均ラインとなっています。

「事業指数」「8.31」であり、資本金や運営能力は高いと判断されています。

「リスク指数」「8.90」と高評価で、 「独自調査3.注意喚起 」 においてリスク指摘が1つだけでとどまっているのが評価されているようです。

「ソフトウェア指数」「4.00」であり、平均的です。
海外FXでは標準的な取引プラットフォームである、MT4を採用しているからと考えられます。

独自調査2.現地調査結果

WikiFXの『現地調査』のコラムでは、現地オフィスへ実際に訪問し、ペーパーカンパニーであるかどうかを調査しています。

2022年1月24日時点で、WikiFXによるTradersTrustへの現地調査結果はありません。

独自調査3.注意喚起

2022年1月24日時点で、WikiFXによるTradersTrustのリスク注意喚起は1つです。

WikiFXでの注意喚起(2022年1月24日時点)
  1. 日本への有効なライセンスがないこと

TradersTrustで出金拒否になる規約は3つ

TradersTrustの公式サイトでは、アンチ・マネーロンダリングポリシーを記した「MONEY LAUNDERING PREVENTION」や、取引条件を記した「TTCM-Client-Agreement-Terms-Conditions-of-Business」が公開されており、そこには出金拒否につながるような禁止行為が規約として明記されています。

マネーロンダリングとは?

犯罪資金の出所を分からなくする目的で、入金と出金を繰り返す犯罪行為のこと。

TradersTrustで出金拒否になる規約
  1. 犯罪行為やマネーロンダリングの関与があれば送金拒否する
  2. 特定の支払い方法による出金は拒否する
  3. 利益出金は銀行送金で行う

規約1.犯罪行為やマネーロンダリングの関与があれば送金拒否する

TradersTrustでは「犯罪行為やマネーロンダリングの関与があると判断した場合、資金の送金を拒否する」としています。

2.4. The Company reserves the right to refuse to process a transfer of funds at any stage if it believes it to be connected in any way to criminal activities or money laundering.

出典:Money-Laundering-Prevention-Policy

意訳すると、以下の通りです。

2.4.当社は、犯罪活動やマネーロンダリングに何らかの形で関係していると判断した場合、資金の送金を拒否する権利を有します。

ただし、どのレベルの行動が犯罪活動やマネーロンダリングと判断されるかは不明です。

規約2.特定の支払い方法による出金は拒否する

TradersTrustでは「特定の支払い方法による出金を拒否する」としています。

we reserve the right, at our sole discretion, (a) to decline withdrawals via certain specific payment methods;

出典:TTCM-Client-Agreement-Terms-Conditions-of-Business

意訳すると、以下の通りです。

当社は独自の裁量により、(a)特定の支払い方法による出金を拒否する。

「独自の裁量」の詳細が明らかではないので、どんな理由で出金拒否になるかは分かりません。

規約3.利益出金は銀行送金で行う

TradersTrustでは「利益出金をする場合は、銀行送金で行う」としています。

Profits may only be paid to the initiator of an Account and to an account with a financial institution under his own name and not to any third party’s account.

When you maintain an Account with us by means of telegraphic/wire deposits, profits are only paid to the holder of the originating (bank) account, and it is your onus to ensure that the account number and name accompany all transfers to us.

出典:TTCM-Client-Agreement-Terms-Conditions-of-Business

意訳すると、以下の通りです。

利益は、第三者名義ではない口座開設者のあなた名義の(銀行)口座へのみ支払うことができます。

あなたが口座番号や名義などの情報を私達へ提供する場合に限り、利益は元の(銀行)口座へ支払われます。

出金先銀行口座の口座番号や名義が、TradersTrustへ事前に提供しているものと違う場合は、出金拒否の対象になるようです。

TradersTrustで出金拒否になる出金ルールは3つ

TradersTrustの公式サイトでは、出金拒否につながる出金ルールを記載しています。

TradersTrustで出金拒否になる出金ルール
  1. 入金額までは入金時と同じ方法で出金する
  2. 出金額は50ドル/50ユーロ/50ポンド以上から
  3. クレジットカードの入金履歴があるならクレジットカードで同額まで出金する

ルール1.入金額までは入金時と同じ方法で出金する

掲載元;TradersTrust

TradersTrustでは「入金額までは、入金に利用した経路と同様の経路で出金する」としています。

例えば「海外銀行送金で10万円、bitwalletで10万円」と入金した場合、出金は「海外銀行送金で10万円、bitwalletで10万円」でする必要があるようです。

≫TradersTrustの公式サイトで確認する

ルール2.出金額は50ドル/50ユーロ/50ポンド以上から

掲載元;TradersTrust

TradersTrustでは「出金額は50ドル/50ユーロ/50ポンド以上から」としています。

つまり日本円ではなく、ドルかユーロ、ポンドの内どれかの外貨換算で50通貨以上になるように出金する必要があるようです。

≫TradersTrustの公式サイトで確認する

ルール3.クレジットカードの入金履歴があるならクレジットカードで同額まで出金する

掲載元;TradersTrust

TradersTrustでは「クレジットカードの入金履歴がある場合、クレジットカードで同額まで出金する」とされています。

例えば「クレジットカードで5万円、海外銀行送金で10万円」と入金した場合、入金順序を問わず、最初にクレジットカードで5万円まで出金する必要があるようです。

≫TradersTrustの公式サイトで確認する

調査結果:金融ライセンスは取得済みだが、「出金できた」という口コミがない

ここまでTradersTrustが出金拒否をする業者なのかどうかを、口コミやライセンス情報などから徹底的に調査してきました。

結論として、金融ライセンスは「キプロス証券取引委員会(CySEC)」を取得済みですが、それ以外に安全性を強調できる点がありません。そればかりかTwitterでは「出金できた」という口コミが皆無でしたので、安全性は高いとは言い難いでしょう。

WikiFXでは、資金の安全性やサービスクオリティの高さが証明されている国内FX業者の利用を推奨しています。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次