FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

VirtueForexに詐欺はある?安全に使える業者かプロが調査

VirtueForex(ヴァーチュフォレックス)には、

金融ライセンスがない

出金拒否をする

という噂があります。

果たしてそれらの噂は、本当なのでしょうか?

もし噂が本当なら、安全に使える業者である可能性は低いので、口座を開設する前から利用を避けたいところです。

この記事では、FX会社の格付けサービスを提供しているWikiFXが、
VirtueForexの安全性について事実ベースで客観的に解説しています。

WikiFXとは?

WikiFX(ウィキエフエックス)は、FX会社の安全性・信頼性を評価している第三者機関です。
全世界3万以上のFXブローカーの情報を収集し・格付けを行っています。
FX会社の安全性スコアや詐欺被害のリアルな口コミは『wikifx.com』で確認できます。

VirtueForexが詐欺業者なのかどうかを、取得ライセンスや規則、Twitterの口コミなど様々な視点から安全性を徹底的に調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

≫VirtueForexの安全性スコアを確認する

目次

VirtueForexの安全性を基本情報や取得ライセンスから調査

掲載元:VirtueForex

VirtueForexの安全性を確かめるために、 公式サイトやWikiFXで下記3点を調査しました。

安全性調査項目

1.企業情報と特徴
2.取得ライセンス
3.ユーザーの資産保護

基本情報1.企業情報と特徴

VirtueForexの企業情報や特徴は、以下の通りです。

企業情報1(掲載元:WikiFX)

【企業情報】

企業情報2(掲載元:WikiFX)

VirtueForexの公式サイトは、3か国語に翻訳されています。

カスタマーサービスは日本語に対応しており、平日5日(月曜日から金曜日)の24時間で対応しているようです。

また日本人スタッフもいるとされています。

特徴詳細
取扱商品・外国為替
・株価指数
・貴金属
・仮想通貨

など50銘柄以上
レバレッジ最大777倍
※口座タイプにより変動
口座タイプ・スタンダード口座(レバレッジ最大500倍)
・スーパーボーナス口座(レバレッジ最大777倍)
取引プラットフォーム・MT4
スプレッド・スタンダード口座:1.6pips~
・スーパーボーナス口座:1.2pips~  
最低入金額10,000円  
入出金方法・国内銀行送金
・クレジットカード
・海外電信送金(ワイヤー送金)
・ビットコイン&イーサリアム送金

※出金は「海外電信送金(ワイヤー送金)」のみ
ロスカット90%
ゼロカットあり
スキャルピング可能
両建て可能(同一口座間のみ)
ボーナス100%入金ボーナス  
VirtueForexの特徴

VirtueForexの特徴として、下記3つが挙げられます。

VirtueForexの特徴
  1. 有効なライセンスが無い
  2. ロスカット水準が高い
  3. 「出金拒否なし」を明言している

1つ目の特徴は「有効なライセンスが無い」です。

「基本情報2.取得ライセンス」の通り、WikiFXではVirtueForexが金融ライセンスを取得していないとしています。

そのため現在有効な金融ライセンスが一切ないという点から、WikiFXでは「ノンライセンス」として指定しています。

2つ目の特徴は「ロスカット水準が高い」です。

ほとんどの海外FX業者では、ロスカット水準を20~50%と低く設定しているところが多いです。
しかしVirtueForexでは、ロスカット水準が90%と国内FX並に高いことが挙げられます。

3つ目の特徴は「『出金拒否なし』を明言している」です。

VirtueForexでは「出金拒否は致しません」と、公式サイトで明言しています。

掲載元:VirtueForex

FX業者の多くは、レバレッジの高さやスプレッドの狭さなどを強調することがほとんどです。しかしVirtueForexのように、公式サイトで「出金拒否しません」と、はっきり明言しているFX業者は珍しいと言えます。

当然ですが、公式が「出金拒否をしません」と主張しているからと言って、それが本当とは限りません。

基本情報2.取得ライセンス

VirtueForexが取得している金融ライセンスを、WikiFXで調査しました。

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、各国の金融監督機関が発行している『金融業の営業許可証』のことです。
取得をするためには、監督機関からの審査や、資金の預託が必要になる場合があるため、FX会社の信頼性を見極める上で重要な指標の一つと言えます。
取得難易度や規制の内容は、ライセンスを発行する国や機関によって異なります。

VirtueForexでは、取得しているライセンスが無いようなので、WikiFXでは「ノンライセンス」と判定しています。

掲載元:WikiFX

基本情報3.ユーザーの資産保護

VirtueForexがユーザーの資産保護するために、「分別管理」や「信託保全」などを公式サイトで明言しているか調査しました。

その結果「全てのお客様からお預かりした資金は、世界トップレベルの銀行にて分別管理をしております」と、明言しています。

ただし、どこの銀行でどのように口座資金が分別管理されているかが不明なので、本当に資産を保護してくれるかは不透明です。

VirtueForexで分別管理されていることを確認する

VirtueForexは詐欺業者なのか?Twitterで口コミ3件を調査

VirtueForexが詐欺業者かどうか、Twitterで口コミを調査してみました。

その中で関係ありそうなものを、ピックアップしてご紹介します。

VirtueForexのTwitterでの口コミ
  1. VirtueForexは出金要請に応じない
  2. 信用がない所にお金を預けるのは危険すぎる
  3. ググるといい噂はない

口コミ1.VirtueForexは出金要請に応じない

マネコン等で紹介されるVirtueForexと言うFX会社は、アカウント開設者の要請に応じての出金をさせない、ほぼ真っ黒な会社

とされる口コミです。

ここで言うマネコンとは「マネーコンテスト」の略で、エントリーして利益を出すと、金額に応じて景品などが貰えます。

マネーコンテストサイトによっては、

VirtueForexを紹介される

と語っています。

口コミ2.信用がない所にお金を預けるのは危険すぎる

何も信用がない所に大事なお金を預けるのは危険すぎるよ

とされる口コミです。

革命基金参加者の方は今一度、VirtueForexやVT cashの事について調べてみたらいいと思う

と警告しています。

口コミ3.ググるといい噂はない

入金100%ボーナスの上限1,000万円という触れ込みのVirtueForexですけど、ググってみたらあんまりいい噂ないですねw

とされる口コミです。

出金拒否の噂が少しでもあるなら基本的には手を出さず、大手の会社にしておいた方がよろしいかと。

とつぶやいています。

WikiFX「真相公開」から口コミを調査

掲載元:WikiFX

WikiFXでは、ユーザーから寄せられる口コミとして「真相公開」が掲載されています。

2022年1月12日時点で、VirtueForexの「真相公開」はありませんでした。

≫WikiFXでVirtueForexの「真相公開」を確認する

WikiFXによる独自調査結果

WikiFXでは、FX業者を数値で判定する『スコア評価』や、ペーパーカンパニーでないかを調査する『現地調査』などを行っています。

またそれらの結果を基に『注意喚起』も行っています。

結果は、以下の通りです。

独自調査1.スコア評価

WikiFXでは、下記の5つの指標から10点満点でFX業者を評価しています。

WikiFXスコア評価の基準
  1. ライセンス:取得ライセンスの安全性
  2. リスク:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  3. ソフトウェア:取引プラットフォームなどの利用環境
  4. 事業:企業としての安定性・運営能力など
  5. 規制:取得ライセンスの規制の強さ

VirtueForexのスコア評価結果は、以下の通り。 
WikiFX評価の詳細は「WikiFX VirtueForex」ページでもご確認頂けます。

≫WikiFXでVirtueForexの安全性をもっと詳しくチェックする

【VirtueForexのスコア評価(2022年1月12日時点)】

指標 ライセンス登録
ライセンス 0.00
リスク 0.00
ソフトウェア 6.13
事業 6.10
規制 0.00
総合点 1.39
VirtueForexのスコア評価(2022年1月12日時点)

総合点が「1.39」なので、FX業者としては最低の部類に属します。

「ライセンス」は「0.00」であり、取得ライセンスがないので、WikiFXから「ノンライセンス」と判定されているのが原因のようです。

また同じ理由から「規制」「0.00」と、最低評価になっています。

「リスク」「0.00」であり、 「独自調査3.注意喚起 」 でリスク指摘が2つあるのが影響しているようです。

「ソフトウェア」「6.13」であり、平均的です。
海外FXでは標準的な取引プラットフォームである、MT4を採用しているからと考えられます。

「事業」「6.10」であり、資本金や運営能力は平均的と判断されています。

独自調査2.現地調査結果

WikiFXの『現地調査』コラムでは、現地オフィスへ実際に訪問し、ペーパーカンパニーであるかどうかを調査しています。

2022年1月12日時点で、WikiFXによるVirtueForexへの現地調査結果はありません。

独自調査3.注意喚起

WikiFXでは、VirtueForexで下記2点のリスクがあることを注意喚起しています。

WikiFXでの注意喚起(2022年1月12日時点)
  1. 有効なライセンスが確認されていないこと
  2. 日本への有効なライセンスがないこと

≫WikiFXでリスク注意喚起を確認する

VirtueForexで出金拒否になる規約は2つ

VirtueForexの公式サイトでは、利用規約を記した「Terms and Conditions」が公開されており、そこには出金拒否につながるような禁止行為が規約として明記されています。

VirtueForexで出金拒否になる規約
  1. 異常な取引条件があると判断した場合
  2. 内部情報を所有していると判断した場合

規約1.異常な取引条件があると判断した場合

VirtueForexでは、ユーザーが「異常な取引条件があると判断した場合、契約を終了する権利を有する」としています。

意訳すると、下記の通りです。

14.1 We may, with or without notice, and in addition to any other rights we may have under these
Terms:
(a) Close-Out or Cancel all or part, as we reasonably consider appropriate, the Contracts
(中略)

14.2 We may exercise our rights in clause 14.1 if:
(中略)
(b) we reasonably consider that there are abnormal trading conditions

出典:VirtueForex「Terms and Conditions」

14.1当社は、通知の有無にかかわらず、その他の権利に加えて下記の判断を行う可能性があります。
条項:
(a)当社が合理的に適切と考える場合、契約の全部または一部を、終了またはキャンセルする。
(中略)

14.2次の場合、14.1項の権利を行使することができます。
(中略)
(b)異常な取引条件があると合理的に考えた場合。

ただし「異常な取引条件」というのは、どんな取引を「異常」と判断するのかは不明です。

規約2.内部情報を所有していると判断した場合

VirtueForexでは、ユーザーが「内部情報を所有している可能性がある場合、契約を終了する権利を有する」としています。

14.1 We may, with or without notice, and in addition to any other rights we may have under these
Terms:
(a) Close-Out or Cancel all or part, as we reasonably consider appropriate, the Contracts
(中略)

14.2 We may exercise our rights in clause 14.1 if:
(中略)
(f) we consider that you may be in possession of ‘inside information’

出典:VirtueForex「Terms and Conditions」

意訳すると、下記の通りです。

14.1当社は、通知の有無にかかわらず、その他の権利に加えて下記の判断を行う可能性があります。
条項:
(a)当社が合理的に適切と考える場合、契約の全部または一部を、終了またはキャンセルする。
(中略)

14.2次の場合、14.1項の権利を行使することができます。
(中略)
(f)お客様が「内部情報」を所有している可能性があると当社が判断した場合。

ただし、どんな「内部情報」の所有がダメなのかの記載がないので、判断基準が曖昧です。

VirtueForexで出金拒否になる出金ルールは3つ

VirtueForexの公式サイトでは、出金拒否につながる出金ルールも記載します。

VirtueForexで出金拒否になる出金ルール
  1. マネーロンダリングの疑いがある口座への出金は不可
  2. 最低出金額は10,000円
  3. 口座凍結になった場合

ルール1.マネーロンダリングの疑いがある口座への出金は不可

掲載元:VirtueForex

VirtueForexでは「マネーロンダリング防止法を遵守し第三者名義(口座名義人以外)の口座へは出金できません」としています。

マネーロンダリングとは?

犯罪資金の出所を分からなくする目的で、入金と出金を繰り返す犯罪行為のこと。

≫VirtueForexの公式サイトで確認する

ルール2.最低出金額は10,000円

掲載元:VirtueForex

VirtueForexでは「最低出金額はUS$100.00または¥10,000となっております」としています。

そのため10,000円以下の出金は、出金拒否の対象となるようです。

≫VirtueForexの公式サイトで確認する

ルール3.口座凍結になった場合

掲載元:VirtueForex

VirtueForexでは「残高がゼロの取引口座は残高がゼロになった日から90日経過後に凍結となります」としています。

口座凍結になると、出金を含めた一切の操作を受け付けないのが一般的です。

≫VirtueForexの公式サイトで確認する

調査結果:金融ライセンスが一切ないので安全に使える業者とは言い難い

ここまでVirtueForexが詐欺業者なのかどうかを、口コミやライセンス情報などから徹底的に調査してきました。

結論としてWikiFXの調査から、VirtueForexには金融ライセンスが一切ないことが判明したので、安全に使える業者とは言い難いです。

なぜなら海外FX業者は、金融庁の許可を取らずに営業を行うところが多いので、自社の安全を保証するためにも金融ライセンスを取得するのが当たり前だからです。

ですが、それさえもしていないVirtueForexは、致命的に安全性が低い可能性があります。

WikiFXでは、資金の安全性やサービスクオリティの高さが証明されている国内FX業者の利用を推奨しています。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次