FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの週間相場分析レポート|2022年4月3日~4月9日の展望

こんにちは!専業トレーダーのたむです!

今日はポンド豪ドルについて分析していこうと思います!

目次

今週の動きまとめ

日足分析

今週のポンド豪ドルの動きの印象としては、下落したり、上昇したりと上に行きたがっているのかな?と感じました。

全体での分析をすると、2/21~3/11までの3週間の連続下落トレンド。
その後1.77630のレートで一旦停止し、1.81280のレートまで約365pipsの上昇を見せました。
その下落幅の3~4割である1.82000のレートで再下落をスタートしました。

たむ

この時のチャートをリアルタイムで見ていましたが、まさか落ちてくるとは全く思いませんでした。

今週は1.74580のラインで一旦のストップをかけている状態です。

チャートをパッと見た感想は、ここまで大きい下落があったにもかかわらず、全然レンジ相場に入らずに上昇しかけていることに疑問を感じました。

前回の反発と同じように約300pips上昇して再下落という風にはいかないかと思います。

理由としては、1.74580のラインが過去に4度反発しているサポートラインということ。
この約1か月の間に約1600pipsの下落を見せているので、「下がりすぎだろ!!」と思います。

15分足分析

それでは詳しく15分足を分析していきましょう!

まず注目すべきは綺麗に高値と安値を切り下げている状態ですので、下降トレンド継続中ですね!
それから画面中央にかけて、徐々に高値安値の切り下げが、切り上げに代わっていっています。

これは俗に言う『ソーサーボトム』という形になります。
よく天底で現れるトレンド転換の形です。

たむはソーサーボトムを見かけたら積極的に取引しています!

たしかにトレンド転換の兆しであるソーサーボトムを見つけたからと言って、むやみやたらにエントリーするのは危険です。
たむ自身がエントリーするとしても、黄色い〇までは動きを見ながら狙っていくかと思います

その理由はというと、ダウ理論の「トレンド継続の定義に反しているから」です。

黄色い〇のレートを上に抜ける勢いや実体の大きさ、抜けきるまでの時間などをしっかり見て判断していきましょう!

今週のワンポイントアドバイス

今回は【最短で利益を出す方法】についてお話します!

単刀直入に聞きますが、この記事を読んでいただいている皆さんに質問です!

①使っているインジケーターは決まっていますか?
②使う手法の長所、短所は理解できていますか?

以上の2点が即答できなければ、ネットなどですぐに調べてきてください。

そのインジケーターの固定、長所、短所の理解ができているのであれば、『TTP』を徹するだけです。
『TTP』とは、

【TTP】=【徹底  的に  パクる】

これをするだけです。

  1. インジケーター選び
  2. 手法の構築 
  3. 理解を深める、

以上の3点の流れだと、どうしても1テンポ2テンポ遅れてしまいます。

そこで『TTP』の登場です。

成功している人や利益を出せている人が近くにいる場合、今までの考え方、インジケーターを捨てて、TTPを実行してください!
単純に稼いでいる人が既に使っている手法なら真似すれば少なくとも利益を残すことは可能だと思います。

毎日少しづつでも、前に進んでいきましょう!

それではまた来週!いいトレードライフを!

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

22歳の時に投資コミュニティーに参加し、2か月目で月収30万円を達成。
平均足×移動平均線を使ったテクニカル特化の分析が得意
現在はトレーダー、トレーダー’sハウスの運営、YouTuberとして活動中
兼業では将来【世界を遊び歩きたい人生】と現実が大きく乖離していたため、資歴2年半で専業トレーダーになる。
趣味:バドミントン・ゲーム(RPG、アクション)・筋トレ・YouTube鑑賞

コメント

コメントする

目次
閉じる