FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの週間相場分析レポート|2022年5月1日~5月7日の展望

こんにちは!専業トレーダーのたむです!

今日は【AUD/USD】について分析していきます!

最近はどの通貨も急に動き出すので、
ちゃんとSLだけは設定するようにしてくださいね!

JPY関係の上昇につられて大きい上昇、下降しているように見えます。

4月28日にはドル円が130円の大台に届いているので、
来週からどこを目指して動いていくのか注意しましょう!

たむ

このようなときにはやらないのが1番ですが、
やらないと経験値はたまりませんからね!

目次

日足分析

日足では2021年2月から大きな流れで下落、2022年4月6日から短期的な流れで急激な下落が起きています。

0.75620のレートで高値と安値の切り下げを一度破りかけていますが、
ヒゲで終わっているのでまだまだ下落トレンド継続とみてよさそうです。

週足、日足でも障害となる重要な水平線のラインはないので、
いったん上がった後に 0.69950のレートまで押していきそうです。

そして、記事作成時点(4月29日13:00)では下への勢い止まりかけているので、
0.72100のレートまではいったん戻るかと思います。

15分足での分析

15分足でもきれいに高値、安値の切り下げがおこっていますので、トレンド継続ですね!

ですが0.71350のレートで、水平線を下抜けして再度戻ってきている状況です。

一番左の黄丸での反発+トレンドラインの根拠が重なっている状態なので、
ここで下に行くか、しばらく様子を見て上昇のほうへ、
ポジションをもつかどうかは、スイングトレードかスキャルピングかによっても変わってきますので、

エントリーする前にどっちにスタイルで行くのか、はっきりしておきましょう!

今後のたむの動きの予想としては0.71350のラインを上抜けした後、
青丸付近のレートでしばらく揉んで逆三尊かWボトム、トリプルボトムを形成したのち、上昇方向へ転換すると思います。

そして150~250pips上昇したのち、0.69950のレートを目指して再下落し始めると思います。

4時間足だとエリオット波動の5波目に差し掛かっているので、そこまで大きい下落は起こらないと思います。

動きが確定、形がはっきりわかるまでは様子見の相場が続きそうです!

今週のワンポイントアドバイス

今日は損切、SLについてお話しします!

みなさんは手動でポジションを決済、設定したSLで決済など1回ではない数の損切を行っているかと思います。

そこでSLに対してどのようなイメージを持っていますか?

もちろん自分のお金を運用しているので、お金が無くなったら悲しいし、取り戻したいと思うはずです。
ですが、その思考では絶対に稼げるトレーダーにはなりません。

一般的な商材で「トータルで勝ち越すイメージをする」

とみなさん一度は聞いたことがあると思います。

これを自身のトレードに落とし込めていますか?
ポジションを持つとき、分析しているときに忘れていたりしませんか?

もし落とし込めているのであれば、
損切に引っかかったとしても「次に取り戻したい!」という感情は出てこないはずです。

そういう感情、行動も含めて自分のトレードですので、
その感情、行動との上手な付き合い方を探していきましょう。

SLは決して悪い行動ではなく、
それ以上自分が損失を被らないように、資金を守ってくれるもの
ですので、
怖がらないで上手に使ってあげましょう!

それでは来週もよいトレードライフを!

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次