FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの週間相場分析レポート|2022年5月23日~5月30日の振り返り

こんにちは!専業トレーダーのたむです!
今日は【EUR/CAD】について分析していこうと思います!

目次

日足分析

日足では2020年1月からずっと下落が継続しています。
その中できっちり下落とレンジを繰り返しながら来ています。

それで、レンジ下限を下に抜けるときの100%の共通点は見当たりませんが、
レンジ上限に近づいた後に一気に下落する流れが見えます。

今回のレンジ内での動き方ですが、上昇と下降を同じぐらいの期間をかけて動いているので、
今回はその共通点には当てはまらないのかな?と思います。

ですが直近の動きを見ても、1.37300のレートでずっと足踏みしているようですし、一旦は下落になると思います。
この高値を切り下げずに、安値だけ切り下げて同じ1.34300のレートで2度足踏みしている状況…

たむ

たむはかなり信頼しているチャートパターンで『ソーサーボトム』の形に見えますので、
一旦は200pipsほどの下落が起こるのではないか?と思っています。

200pipsといった根拠は底で2点を付けている左側の前の安値が、1.37300のレートから、200pipsのところだからです。

15分足分析

15分足ですが、一番高いところ、1.38000のレートまで到達するまでは高値、
安値の綺麗な切り上げで上昇トレンドを形成していますが、
到達後は1.37400~1.36800の60pips間のレンジに収まっています。

このことから上昇トレンドは終了、
日足での前回高値の1.38000を意識している人が多かったといった印象です。

このレンジ間での動き方としては1.36800に近づく、につれて勢いが段々と無くなってきています。
それを一気に上に抜けようとしても抜けられず、そのままだらだらとなってしまっています。

15分足を引いて見ると、レンジの上限を抜けるときには指標なのかよくわかりませんが、
一気に抜けている場面を多く見受けられます。

ですので、上に抜けるには何かのきっかけが必要ですので、何かが重ならない限り上には抜けないかと思います。

とはいえ、レンジ内ですので、どちらかに抜けるのが確定するまでは行きにくいですが、
日足の目線的にも15分で一段下のレンジを形成していることからも下落目線で良さそうです。

今週のワンポイントアドバイス

本日は『聖杯探しについて』です!

たむ自身も経験はありますが、専業になるまで手法を突き詰めてみなさんに展望をお話していて気づいたのは、

「最終的にインジケーターって必要なくね?」

ということです。

日本人である以上、真面目で堅実なため、
正解やマニュアルを求めてしまいますがFXは世界中で行われているので、
日本人だけの感覚では少し足りないと思います。

正確できっちりやろうとするのは日本人の良さですが、毎回同じチャートや波の形成をするわけではないので、

「Wトップだから!」

「移動平均線がゴールデンクロスしたから!」

だけの根拠でポジションを持つのは危険です。
断言します。
危険です。

FXの専業やプロトレーダーのチャートに余計なインジケーター、
水平線が少ないのはチャート、波の形、流れを把握してトレードしているからです。

そういった根本的な部分を一般人から、トレーダーの感覚へ近づけていくのがトレードです。

意外と相場が動いていないときに考えることは、自身のトレードに必要なものかもしれません。

たむ

ちなみにたむが一人で考えたいときや、
なにか行き詰った時にはソロキャンをして火を見つめたり、
サウナに行って整っています!
意外と冷静に考えることができますので、よければやってみてくださいね!

それでは来週も良いトレードライフを!

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

22歳の時に投資コミュニティーに参加し、2か月目で月収30万円を達成。
平均足×移動平均線を使ったテクニカル特化の分析が得意
現在はトレーダー、トレーダー’sハウスの運営、YouTuberとして活動中
兼業では将来【世界を遊び歩きたい人生】と現実が大きく乖離していたため、資歴2年半で専業トレーダーになる。
趣味:バドミントン・ゲーム(RPG、アクション)・筋トレ・YouTube鑑賞

コメント

コメントする

目次