FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの週間相場分析レポート|2022年7月25日~7月30日の振り返り

こんにちは!専業トレーダーのたむです!
今日は【EUR/AUD】について分析していこうと思います!

目次

日足分析

日足の直近のトレンドは下落トレンドを形成しており、
一度1.4750付近で止まったかと思いましたが、
勢いが止まらずに下落トレンドが継続となっています。

そして現在は1.52800~1.45700までで約700pipsの下落を見せていますが、
節目となりそうなところが見当たらないと、大きい流れを見ても下降トレンドを継続していますので、
1.43100までは戻り目を付けながら下落が継続しそうです!

ダウ理論の目線から行っても1.52800を上抜けで下降トレンド終了、1.43100を下抜けで下降トレンド継続となり、
この間が約1000pipsありますので、
スイングとしてもスキャルピングとしても、
トレンドの方向さえ見誤らなければコツコツと利益を積み重ねていけるかと思います!

現状は下降しているとはいえ、
前回の安値であった1.47500を下に抜けた時点で、

たむ

買いポジションの損切と売りポジションの利確が入ってくると思いますので、一旦戻り目を作るのでは?

と考えていますので、短期足でのトレンド転換をしっかり確認していきましょう!

ちなみにですがこのタイミングで「上に上がりそうだから買いエントリー!」とするのは、
まだまだトレンドの認識が甘いと思います!
大きいトレンドに逆行したポジションを取ろうとしている意識が薄いのかなと思います。

少しでも利益を積み重ねたくてそういった行動をとってしまうのであれば、
短期的には利益が残ったとしても長い目で見たときに、
変な癖として自身の利益率を下げる行動になりますので、気を付けましょう!

15分足分析

15分足でもきれいに高値と安値を切り下げている形で下降トレンドを継続しています。

下落の幅は衰えている感じがありませんが、
下降して上昇する時間が段々と短くなってきているように感じます。

画面左側は下降するにも上昇するにも、「ゆっくりじわじわ」といった印象を受けますが、
直近の最安値を付けている付近は、細かく上昇と下降を繰り返しているように見えますので、
新規でスイングのポジションではなく、
スキャルピングでの注文が多いのでこういった値動きになると思います。

とはいえ下降トレンド中なので、
目線は下でいいと思いますが1.45110のレート付近でどのような動きを見せるのか楽しみですね!

今後の動きの予想として安値2点で大きなWボトムを形成、そのWボトムの中にソーサーボトムという高値安値を切り下げている途中から徐々に切り上げるほうに転換していくチャートパターンの傾向も見えますので、来週の動きで転換へ向かっていくのか、はたまた直近底値を下に割って下落トレンドがさらに強く継続するのかよく確認してトレードしていきましょう!

まとめます!

①日足では2020.3月から下落トレンドを形成中
②直近のトレンド方向とチャートを引いて見たときのトレンドが一致している
③15分足での押し目の間隔が短くなってきており、今後はWボトム確定と徐々に高値安値を切り上げていくソーサーボトムを形成して上昇トレンドへ変換していきそう

今週のワンポイントアドバイス

今週は『勝率』についてです!

現在様々なインジケーターと手法が世の中に出回っている状況で、
「勝率100% 」「日利130%」などの情報がたくさん出回っていると思いますが、
自分の手法の勝率って調べたことありますか?

僕はスイングトレードがメインなので、勝率よりもリスクリワードを意識したトレードスタイルです。

スキャルピングをメインとしている方は狙う値幅が少ないので、勝率も合わせて考えていただきたいです!

ただ「高勝率の手法を見つけようね!」という話ではなく、
自身の勝率と合わせて考えていただきたいのが、「資金管理」になります。

例①

勝率100%の手法だとしたら、「負けることがあり得ない」ので、
口座の中の資金=損切額となるようにLot調整をすればいいです!

例②

勝率30%だとしたら、3回に1回勝つ計算になるので口座の3分の1=
1回のトレードの損切額になるようにLotの調節をしていただければと思います!

自身の手法の勝率を知るだけで、
1回のトレードでどこまでのリスクを許容できるのかもわかるようになりますので、
トレードノートを振り返りながら自身の勝率を調べていただければと思います!
振り返る中で無駄なトレードも減らせるといいですね!

それでは来週も良いトレードライフを!

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

22歳の時に投資コミュニティーに参加し、2か月目で月収30万円を達成。
平均足×移動平均線を使ったテクニカル特化の分析が得意
現在はトレーダー、トレーダー’sハウスの運営、YouTuberとして活動中
兼業では将来【世界を遊び歩きたい人生】と現実が大きく乖離していたため、資歴2年半で専業トレーダーになる。
趣味:バドミントン・ゲーム(RPG、アクション)・筋トレ・YouTube鑑賞

コメント

コメントする

目次