FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの週間相場分析レポート|2022年8月22日~8月29日の展望

こんにちは!専業トレーダーのたむです!
今日は【EUR/GBP】について分析していこうと思います!

目次

日足での大まかな分析

日足では今高値安値の切り下げが起こっていますので、下降トレンドを形成しています!

1か月ぐらいの長期的には下降トレンド、2週間ぐらいの短期的には上昇トレンドを形成しています。
安値が微妙に切り上がっているので、少し下降トレンドの流れが微妙になってきていると思います。

しかも、下降チャネルの上限に当たるのが3回目となっていて、
今は3度目の下落後、上昇という場面ですが、下落の勢いを見ると、明らかに下落の幅が短くなっているので、
既に売りポジションを持っていた方が利確しているので、下方向へ勢いが出なかったと判断します。

そして、下降チャネル内で逆三尊を形成しているので今から大きい上昇が起こりそうな気がします!

ですが、まずは下降チャネルのラインをどう抜けるのかを見ていきましょう!

今は『長期ポジションを持っている人が少ない』という見方と『今から新規ポジションを持つならどこなのか?』という目線で見ていただきたいです!

15分足での細かい分析

15分での状況は長期目線では最後の押し安値を上に抜けているので、下降トレンドは終了していると見ています。

短期の動きでは、安値が切り上がっていますので、上昇トレンドがスタートしています。

ですが、日足で引いている下降チャネルの上限でストップしています。
よく見てみると、前回の高値を上に抜けていますので、少しずつでも上昇方向へ向かいいていることがわかります。

黄色い〇でWボトムを形成していますが、その勢いも今落ち着きつつありますので、
ここから上げるとなるとWボトム付近までは下がらないにしても、深い押し目を付けそうな動きをしています!

もう少し広く見ると右肩上がりの逆三尊も見えますので、どちらかと言えば上昇方向へ切り替わっていくところです!

日足の場所で見ると右肩の部分でさらに逆三尊を形成しているので、上昇へ勢いが出ると思います。

まとめ

  • 日足では下降トレンドを形成中で下降チャネルの上限付近にいる
  • 15分足では既に下降トレンドから上昇トレンドへ転換してきている
  • 日足·15分足ともに逆三尊を形成、日足の右肩付近で15分足に落とすと逆三尊を形成。

今週のワンポイントアドバイス

今週は『トレードの不要な努力』です!

前回の記事では、
FXには不要な努力があり、当時はそのことに気付かない人がほとんど』という話をしました!

今回は僕の経験も混ぜてお話していきます!

最終的には「やってきた努力の6.7割は不要だった」というトレーダーも居るということをお伝えしました。

ですが、僕は3割が要らない努力だったと思っています。
今、専業として使っている手法は、FXを始めて2.3か月で作った手法だからです。

その頃よりは、ブラッシュアップもされているのでより洗練されていますが、大元の考え方はさほど変わっていません。

このことからも僕はFXで早く利益を残すには『多くの手法の使い方ではなく、一つの手法を極めるほうが圧倒的に早い』と、自信を持って言えます。

たむ

広く浅くよりも狭く深くですね!

ではなぜ特別な能力のない僕がその不要な努力をせずに利益を最短で出せるようになったのか?

答えは単純で【自問自答をし続け、自分と向き合い続けた】ことです。

「今やっていることは本当に必要か?」

「もっと資金効率をよくするにはどうする?」

「今のトレードのダメなところ、改善すべきところはどこ?」

こういった改善の行動をひたすらやっていました。

僕の手法は既に完成されたものだったので、
チャートのデトックスは必要なく後は自分がその手法を自分にどうなじませてどう使いこなすのか?の一点に集中できていたというのも大きいです。

あなたは一つ一つのトレードの記録に向き合っていますか?

本当に向き合っているのであれば、何度も同じ失敗は繰り返さないはずです。

トレードは個人戦ですので、自身で痛い目を見て「改善しなければいけない!」と自覚しないと稼げるようになるまでは時間が掛かりますね。

トレーダーが成長する瞬間は口座内資金を飛ばしたときです。
他の人が稼いでいる、稼いでいないよりも自分がどうなのか?ということに意識を向けるようにしてくださいね!

それでは来週も良いトレードライフを!

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

22歳の時に投資コミュニティーに参加し、2か月目で月収30万円を達成。
平均足×移動平均線を使ったテクニカル特化の分析が得意
現在はトレーダー、トレーダー’sハウスの運営、YouTuberとして活動中
兼業では将来【世界を遊び歩きたい人生】と現実が大きく乖離していたため、資歴2年半で専業トレーダーになる。
趣味:バドミントン・ゲーム(RPG、アクション)・筋トレ・YouTube鑑賞

コメント

コメントする

目次