FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2021年12月16日(木)

師走に入り交通渋滞が増えてきたように感じます。車を運転されている方は、安全運転で本日も頑張りましょう。

それでは昨日(12月15日)のドル円の動きを振り返ってみます。 

目次

ドル円相場の振り返り -ファンダメンタルズ分析

2021年12月15日のドル円は底固い値動きしました。

ゴトー日であり、実需の買いが見られピボットR1のある113.79円まで上値を広げました。
仲値後は反落するも値動きは限定的でした。

欧州時間に入ると徐々に上値を広げ、一時下押しするも、東京時間の高値で支えられ上昇に転じました。

FOMCを前に動きづらい状況となっています。
NY時間に入ると米国11月小売売上高が発表され、前月比から0.3%の増加となるも、市場予想を大きく下回り、下値を目指す展開となりました。NY時間は堅調な値動きでした。

そして、日本時間今朝午前中にFOMCの結果が発表され、2022年に3回、2023年に3回の利上げを提示しました。

テーパリングの縮小については、縮小ペースを月300億ドルに引き上げました。
来年の利上げは2回と予想とされていましたので、予想以上にタカ派な印象となっています。

発表後はドルが急騰しましたが、買いが一巡した後は売り込まれ下値を探る展開となっています。 

本日の重要指標・発言は下記でございます。

時間(日本時間)経済指標・イベント
21時00分イギリス イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
21時45分EU 欧州中央銀行(ECB)政策金利
22時30分アメリカ 前週分 新規失業保険申請件数
23時15分アメリカ 11月 鉱工業生産 [前月比]

ドル円相場分析 -テクニカル分析

本日(2021年12月16日)テクニカル分析の着眼点は以下の通りです。

  • チャネルとフィボナッチエクスパンションを使用した環境認識
  • チャネルと水平線を使用した環境認識 

チャネルとフィボナッチエクスパンションを使用した環境認識

ドル円の1時間足のチャートから見ていきましょう。 

チャート:ドル円 1時間足

現在の高値はチャネルラインの半値と、フィボナッチエクスパンションの78.6%の重複ポイント(赤色四角)で反応しています。
綺麗に反発しているので、このまま下落していく可能性もあります。 

また、黄色の四角はレンジとなっていますが、青色四角の安値を大底にして上昇が始まっていますが、上昇後すぐに黄色の四角でレンジを形成しています。

トレンドが始まり、直ぐにレンジとなった場合、

エリオット波動で考えると修正波になる可能性が高く、上値は限定的となります。 

以上、2点の理由からタイミングを見て売りを狙いたいと考えています。
シナリオは当たったり外れたりを繰り返すのですが、リスクリワードレシオの観点からトレードしても良いポイントだと考えています。 

チャネルと水平線を使用した環境認識 

週足を見ていきましょう。

チャート:ドル円 週足

チャネル分析で考えると、現在の高値は反落しても良いポイントにも見えます。

また、そういったポイントが否定されて上昇した場合、戻りをつけずに暴騰することもあるので、柔軟に対応していきたいと思います。

上にも下にもシナリオが描けるポイントなので、1時間足以下の三波を狙い(20SMAでサポートされた後の値動きを狙う)、利益が伸ばせそうなら大利を狙ってみたいと思っています。 

本日のトレード方針 -ドル円-

本日はドル円で売買方針を示していきます。 

アクション価格
エントリーポイント114.023
利益確定ポイント(T/P)112.585
損切りポイント(S/L) 114.422
建値にストップ移動ポイント113.241
チャート:ドル円 4時間足

ファンダメンタルズ分析とボリンジャーバンド分析では押し目狙い(買い目線)なのですが、ライン分析では反発が期待できるので、リスクリワードを優先して売りを狙っていきます。

エントリーは本日始値です。
下落後に乗り遅れていた場合、始値に売りの指値注文をしても良いと考えます。

今週の月曜日、火曜日の値動きのように、いったんトレンド方向の動いた後に、始値まで戻し反転していくケースは多いです。

始値は注文が集中しやすく、その建値決済を狙った値動きが見られますので、それを利用する戦略となります。 

直近の平均値変動幅 

ドル円の1日の平均値変動幅を表すADRです。徐々に値幅が収縮してきていますので、エクスパンションが起こるかもしれません。 

ADR20=80
ADR10=61 
ADR5=51

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次