FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年3月28日(月)

今週末はもう4月です。早いですね~。
嬉しい気持ちが半分、焦る気持ちが半分です(汗)。

それでは先週の(3月21日~3月25日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返りと今週の展望−ファンダメンタルズ分析

週明けのパウエルFRB議長のタカ派発言を受け、ドル円は大きく上昇しました。
その後、FOMCの投票権を持つ理事と地区連銀総裁の発言が続きましたが、発言内容は似通っており、市場の反応は次第に鈍くなりました。

また、この週は日米の金融政策の違いに市場が注目し、円が大きく売り込まれる週となりました。
現在の焦点は、日銀が指値オペを行うかどうかです。もし、日銀が指値オペを実施した場合、円は長期にわたって売られる可能性があります。

21日はパウエルFRB議長の講演があり、0.5%の大幅利上げを排除しないとの考えを示しました。
発言を受けてドル円は大きく上昇しました。

22日は米ブラードセントルイス連銀総裁とデイリー米サンフランシスコ連銀総裁が利上げ引き上げへの支持を表明しました。

23日はメスター米クリーブランド連銀総裁とデイリー米サンフランシスコ連銀総裁が、利上げとバランスシートの縮小を支持する考えを示しました。この発言を受けドル円は上昇しました。

24日、片岡日銀審議委員は「2%の物価目標の早期達成と日本経済の力強い成長軌道への復帰を支えるために、より緩和的な金融スタンスが必要だ」と述べました。
また、需給ギャップの拡大を促すため、長短金利の低下が鮮明な国債を積極的に買い入れることが適当であると述べた。
この発言を受けドル円は上昇に転じます。

25日、ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が「経済データを見た上で利上げを判断する」と発言しています。

ウォーラー米連邦準備理事会(FRB)理事は3日、金融政策を決定する際には 米国の住宅市場の状況を考慮に入れるべきとの見解を示しました。

今週の重要指標・発言

今週は、引き続き日米の金融政策の違いやウクライナ情勢が焦点となり、1日には米雇用統計が発表され、強い数字であれば更にドル高が進むと予想されます。
また、年度末のポジション調整が行われますので、29日、31日の値動きには注意しましょう。

日付イベント
3月30日米国 3月 ADP雇用統計 [前月比]
米国 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値) [前期比年率]
米国 10-12月期 四半期GDP個人消費・確定値 [前期比年率]
3月31日カナダ 1月 月次国内総生産(GDP)
3月31日米国 2月 個人消費支出(PCEデフレーター)
4月1日日本 1-3月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
4月1日日本 3月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]
4月1日欧州連合 3月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
4月1日米国 3月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]
米国 3月 失業率
米国 3月 平均時給 [前月比]
米国 3月 ISM製造業景況指数

ドル円相場分析−テクニカル分析−

本日は下記の分析を中心にドル円を分析していきます。

・節目を使用した環境認識

節目を使用した環境認識

チャートはドル円月足です。

週足以下には上値ターゲットが見当たらないので、月足を見ていきます。
このまま上昇した場合、ターゲットになるのは青ライン赤ラインです。

青ラインは2点形成のレジスタンスとなっており、デイトレードクラスのトレードであれば、十分な反発力が望めるポイントであり、利益確定としても良いポイントだと思います。

赤ラインは直近の高値になりますので、強く意識されると思います。

両ラインとも、上抜け後にサポートに転じるようであれば、足場にしてロングを狙っていき、足場になった後に下抜ける用であればショートを狙います。

本日のトレード方針 -USDJPY-

本日はドル円で売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント122.439
利益確定ポイント(T/P)①123.208
利益確定ポイント(T/P)124.120
建値にストップ移動ポイント123.00
損切りポイント(S/L)121.789

チャートはドル円1時間足です。

ドル円のCPR(Central Pivot Range)で『Inside Value』が出現していますので、ブレイクアウトを狙っていきます。

『Inside Value』は当日のCPRが前日のCPRに「はらまれた」状態を指します。
これはローソク足のはらみ足と同じ原理なのですが、CPRのはらみ足の方が期待値は高くなります。

本日、指値オペが実地されるようなら利益確定ポイント②を選択します。

直近の平均値変動幅

ADRとは、1日の平均的な価格変動幅のことです。

1日の高値から安値までの値幅は、この近辺に収まることが多いです。

材料が少ないときにより意識されやすくなります。

【ドル円】

ADR20=84
ADR10=97
ADR5=111

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次