FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年4月27日(水)

もうすぐゴールデンウィークですね。
私は今、充実した休日を過ごせるよう、ライフスタイルを見直しています。
調べたいことがたくさん溜まっているので、気合を入れて連休を迎える予定です。

それでは昨日(4月26日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返りファンダメンタルズ分析

26日のドル円は、時間外でピボットを意識した動きとなり、128.21円まで上昇した後、反落しました。

東京市場では、米10年債利回りの低下を受けてドル円は勢いよく下落しました。
前日のNY安値を下回り、127.54円にタッチしています。
その後、中国株式市場が上昇に転じると急騰し、激しい値動きとなり、
早朝時間外につけた高値付近まで値を上げると反発し、128.19円の値をつけました。

8時台、IMF高官は
「日銀、緩和策の継続は極めて適切 インフレはまだ加速していない」
「円安は日本の輸入品の価格を上昇させるが、輸出の増加で相殺される」
「円安の影響を緩和するために、対象を絞った形で家計支援を行う余地ある」と述べました。

9時台、鈴木財務相が先日のTBSの協調介入のニュースに関して「報道は事実に反する」」と述べました。
市場の反応は限定的です

10時台、鈴木財務相が「為替の安定は重要、急速な変動は望ましくない」と発言しました。
市場の反応は限定的です。

16時、日銀は27日、28日に連続指値オペ実施を通知しました。
市場の反応は限定的です。

欧州市場のドル円は下落基調となりました。
米10年積利回りが下落に転じると、ドル円も下値を探る展開となります。

NY市場は欧州市場の流れを引き継ぎ、安値を更新します。
その後、米10年積利回りが上上下に乱高下すると、ドル円も追従する動きを見せました。

21時半、3月耐久財受注速報値は予想値を下回り、ドル円は下落します。

23時、消費者信頼感指数、3月新築住宅販売件数も予想を下回ったが、市場の反応は限定的でした。

本日の重要指標·発言

10:00 豪洲 豪第1四半期消費者物価指数

ドル円相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心にドル円を分析していきます。

·節目を使用した環境認識
·CPR(Central Pivot Range)を使用した環境認識

節目を使用した環境認識

昨日のトレード方針では、ドル円のCPRで『Inside Value』が出現したためブレイクアウトでエントリーしました。
現在はポジションを保有しており、目安となる利益確定ポイントを探します。

エントリーポイントは、緑色の四角のレンジを下回る127.44円としました。
そして、利益確定ポイントは青線の126.314円に設定しました。
矢印と合わせてご確認ください。

このラインはレジスタンスがサポートに変わったラインであり、強い節目を形成しています。
さらに、下にはオレンジのラインもありますが、私は青のラインを選択しています。

理由は、オレンジのラインを決済ポイントに設定した場合でも、青ラインで反発されると迷いが生まれ、決済を急ぐ可能性があるからです。
(その場合、早期決済したポイントが短期の天井になることが多い)

これは、私の過去の失敗やトレード日記から見つけたルールです。

CPRCentral Pivot Range)を使用した環境認識

本日のCPRは、完全に前日のCPRの下に位置していますので、『Lower Value』と呼ばれるパターンとなります。
本日の始値もCPRの下からスタートしていますので、下降圧力は強いと判断できます。

また、本日のCPRは前日のCPRよりも幅が広いので、「Sideways」=レンジになりやすい環境、に分類されます

『Lower Value』と「Sideways」の組み合わせなので、戻り売り戦略が有効となります。

本日のトレード方針 -XAUUSD-

本日はゴールドで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント1904.00
利益確定ポイント(T/P)2075.00
損切りポイント(S/L)1708.00

チャートはゴールド月足です。

上髭の長いピンバーが出現していますので、成り行きで売っていきます。
ただ、月足でのトレードですし、ロット数も大きくかけられないので、環境認識として利用するのが良いかと思います。
個人的には、月足シグナルに従ってトラップトレードを仕掛ける方が良いと思います

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる