FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年5月3日(火)

GWはどのようにお過ごしでしょうか?
私は決められた時間以外は食べない、寝ないということを自分の中でルール化し、生活を立て直したいと思っています笑

それでは昨日(5月2日)のドル円相場の動きを振り返っていきます。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

週明け2日のドル円は、時間外取引で上昇し、前週金曜日のNY市場の高値を意識した130.29円まで値を上げました。

東京市場は、中国・香港が祝日ということもあり、方向感に欠ける展開となりました。

市場開始後、ドル円は一時下押しする場面もありましたが、米10年債利回りやガス先物相場が堅調に推移し、下値を堅持しました。

午後に入ると、前週金曜日の欧州市場高値を意識した動きを見せ、130.47円まで上昇しました。
その後は反落し、軟調に推移しています。

欧州市場では、株式市場が軒並み下落し、株安を背景に円買いの動きが見られました。
また、英国は祝日となっています。

ドル円は緩やかに下値を切り上げる展開となり、当日始値を意識した値動きを見せ、129.69円の値をつけました。
東京市場の上げ幅を消化する値動きとなっています。

NY市場はロンドン市場の高値と安値に挟まれた値動きとなっており、3日からのFOMCを控え様子見ムードが広がっています。

4月ISM製造業景況指数は57.6%の予想に対し55.4%の結果となり、2020年9月以来の低水準となりました。

予想外の低下となっており、景気減速の声を聞かれます。
ドル円は18銭の値下げを見せました。

米国は金融引き締めを行おうとしていますが、同時に景気が悪くなれば市場は一気に冷え込むので、難しいかじ取りが予想されます。

「本日の重要指標・発言」

・13:30 豪洲 RBA政策金利&声明発表

ドル円相場分析−テクニカル分析−

本日は「節目で見る環境認識」を中心にドル円を分析していきます。

月足には、環境を認識するために水平線を引いています。

重要なラインにはコメントを記載しました。

最も重要になるのが橙色ライン「年足高値(2002年)」「年足ローソク足実体上限(2002年)」です。

抵抗線は高値安値よりも終値(ローソク足の始値終値)が意識されることも多く、両方のラインを表示しています。
現在月足、週足とバンドウォークが発生しており、現在の価格が天井になることは考えづらいです。

上値目標を定め、利益確定(部分利確)や反発ショートの目安として活用します。

次に重要なのは赤ラインの「サポレジ転換ライン」です。
付近に青ライン緑ラインがあり、どのラインを転換線に選ぶか迷うかもしれません。

基点付近を拡大すると下図のようになり、それぞれ根拠があるように見えます。
しかし、どのラインがベストなのか判断がつかないので、年足に切り替えて考察することにします。

ドル円年足チャートです。年足に切り替えてみると、矢印の安値が赤ラインと近似値となっていました。

よって、このラインが3本の水平線の中で、最も意識されるラインは赤ラインと判断できます。

このように、ローソク足が密集していてラインの選択が難しい場合、上の足に切り替えて、両者が重なる点を選ぶようにすると、市場で意識される節目を選択しやすくなります。

では、実際にこの3本の水平線がどのような働きをしたのか?
青の垂直ラインのポイントを日足で確認してみます。思惑通り赤ラインで反応していました。

あくまで確率論になりますが、どのラインに注目が集まるのか考えることで、機能するラインを探っていく事が可能となります。

本日のトレード方針

本日はユーロポンドで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント0.84174
利益確定ポイント(T/P)①131.67
利益確定ポイント(T/P)②132.578
建値決済のポイント131.079
損切りポイント(S/L)129.298

本日はユーロポンドのCPR(Central Pivot Range)で『Inside Value』が出現していますので、ブレイクアウトを狙っていきます。

『Inside Value』は当日のCPRが前日のCPRに「はらまれた」状態を指します。
これはローソク足のはらみ足と同じ原理なのですが、CPRのはらみ足の方が期待値は高くなります。

ユーロポンドは『Inside Value』が機能しづらいのですが、直近2年では良い結果が出ていますので採用しています。

ただし、FOMCまでは相場が膠着しやすいので、通過するまでは様子見が良いかもしれません。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

WikiFXとは?

WikiFX(ウィキエフエックス)は、FX会社の安全性・信頼性を評価している第三者機関です。
全世界3万以上のFXブローカーの情報を収集し・格付けを行っています。
FX会社の安全性スコアや詐欺被害のリアルな口コミは『wikifx.com』で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる