FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場分析レポート|2022年6月3日(金)

キックボクシングの「天心 VS武尊」戦の地上波放送が無くなってしまいました。
世紀の一戦だっただけに残念です。
スポーツ全般、地上波の放送が無くなると人気が衰退することもあり、今後の事も含め、是非放送を検討して欲しいと思っています。

それでは昨日(6月2日)のドル円相場の動きを振り返っていきます。

目次

ドル円相場の振り返りファンダメンタルズ分析

今週は一直線に上昇したドル円ですが、昨日は調整日となりました。

ドル円は、時間外で前日高値を若干上回ったものの、その後反落しています。

東京時間は円が買われ、オセアニア通貨が売られました。
ドル円はなだらかに下落基調となっています。
米10年積利回りは方向感を欠いた展開となっており、ドル円も材料不足からいったりきたりの値動きとなっています。
15時以降、東京株式市場が閉場すると、ドル円は徐々に下落していきます。

10時半、オーストラリアの貿易収支は、予想値を上回る結果となりました。
液化天然ガスの高騰と観光客の増加が影響しています。
しかし、市場の反応は限定的でした。

欧州市場はオセアニア通貨買い、ドル売り、円売りとなっています。
また、イギリスがスプリング·バンクホリデーのため休場です。
東京安値を下抜けると徐々に下げ圧力が増し、高値安値を切り下げる展開となります。
その後はピボットを意識した値動きを見せ、129.50円まで下落しました。

15時半、スイスの5月消費者物価指数(CPI)は前年比2.9%上昇となり、2008年9月以来14年ぶりの大幅な上昇となりました。
この結果を受け、スイスフランは急騰しています。

NY市場は引き続き、オセアニア通貨買い、ドル売り、円売りとなっています。
スイスフランはCPI後に急騰するも、勢いが続かず失速しています。
ドル円は、米国ADP雇用統計後に下落しましたが、米10年積利回りが上昇に転じると、連動する形で反発上昇しました。

21時15分、米国ADP雇用統計が発表され、予想の+30万人を大きく割り込み、+12.8万人となりました。
この結果を受け、ドル売りとなりました。
ただ、ADP雇用統計は「非農業部門雇用者数」を予測されるために作られた統計ですが、最近は予想を外すことが多くなっています。

本日は米国雇用統計があります。
平均時給が下がるようならインフレ抑制となり、ドル売りの流れが予想されます。

本日の重要指標·発言

時間イベント
21:30米国 5月非農業部門雇用者数変化(前月比)
米国 5月失業率
米国 5月平均時給(前月比/前年同月比)
23:00米国 5月ISM非製造業景況指数(総合)
米国 ブレイナードFRB副議長の発言

※中国、英国は休日

相場分析テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心にドル円分析していきます。

本日のトレード方針

·ダウ理論を使用した環境認識

·節目を使用した環境認識

ダウ理論を使用した環境認識

チャートはドル円4時間足です。

5月30日の環境認識でアップした画像の続きです。

※5月30日の記事と合わせて見て頂くと理解が深まります

まずは5月30日の画像です。

一旦チャネルで大きく反発し『新高値』を形成、その後上抜けると想定していたのですが、

結果は、下記画像のように、一気に上昇しました。
各チャネルで反応していますが、押しが浅いです。

そして、重要なのはラスト押し戻り高値の値幅分上昇している事です。(言葉では難しいので画像の緑四角をご参照ください)。

既に値幅が出てしまっているので注意が必要です。

仮にロングでトレードするのであれば、1時間足以下でトレードし、1時間足以下で根拠のあるストップ設定できる位置でトレードする必要があります。

節目を使用した環境認識

チャートはドル円4時間足です。

現在はフィボナッチターゲットとサポレジ転換ラインに挟まれています。

基本的には、各ラインを上抜いたら買い、下抜いたら売りを狙います。
その場合、抜けてから、1時間足以下のチャートで、更に節目で反発した後の値動きを狙います。
仕掛けのタイミングは平均足の反転や、ラス押し(ラス戻し)ブレイクなどがお勧めです。

ややシグナルが早いと感じる方もいるかもしれませんが、節目の反転を利用する場合、少し反応の早いシグナルを使用しても問題ありません。

本日は雇用統計が予定されており、日中はトレンドが持続しない可能性が高くなります。
よって、指標発表後、各ラインを超えてからポジションを持つ予定です。

本日のトレード方針-EURCHF-

本日はユーロスイスで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント①1.04048
エントリーポイント②1.03710
利益確定ポイント(T/P)①1.02482
利益確定ポイント(T/P)②1.001270
損切りポイント(S/L)1.05329

チャートはユーロスイスの日足です。

本日は中国、英国が休日で、そして夜は米雇用統計となっており、取引しにくい環境となっています。
そのため、日足チャートを使いトレード方針を示していきます。
リミット&ストップが広くなりますので、資金管理にご注意ください。
また、大きな時間軸でのトレードとなりますので、該当通貨の環境認識としても活用頂ければと思います。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次