FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場レポート分析|2022年7月27日(水)

炎天下の中、子供たちは部活を頑張っているようです。
こっそり覗きに行きたいのですが、嫌われたくないので自粛しています。

それでは先週(7月26日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

25日~26日通貨相関

27日のドル円はFOMC前ということもあり、小動きとなっています。

ユーロはガス供給問題が材料となり、大きく下落しました。

東京市場の円は、日銀の金融政策決定会合趣旨へ向けて上昇し、その後、金融緩和継続が示されると下落しました。

ドル円は会合前には前日NY安値を下回る値動きとなりましたが、発表後は下値を固め、前日NY高値まで上昇します。

また、前日からドル円は小動きとなっており、値幅は限定的となっています。

  1. 日銀の金融政策決定会合は、引き続き金融緩和継続の継続が示されました。
    修正案が出るとの観測もあり、発表前には円買いの動きも見られましたが、日銀のスタンスに変化がない事が確認されると、円売りの流れに転じました。

欧州市場はユーロ売りとなりました。

前日からロシアのガス供給問題が懸念材料となっているユーロですが、節目を超えたことにより急落しています。

ドル円は当日高値、前日NY高値を超えた後急転しています。

NY市場では、引き続きユーロが売られました。
ドル円はFOMC前ということもあり、様子見ムードが漂っています。

オープン後は下値を試す展開となり、当日安値同値まで下落すると反転し、上値を探る展開となっています。

その後、じり高の展開となり、当日高値を僅かに超え136.96円の値をつけました。

  1. 22時頃、ロシア政府関係者が「ガス供給を絞る戦略を継続するであろう」と述べました。この発言を受け、ガス価格は急騰します。
  2. 23時、米住宅新築販売件数は予想を下回りました。2年2カ月ぶりの低水準に落ち込んでいます。
    販売価格は前月比で下落しており、ピークアウトを示唆する結果となりました。

同時刻に発表されたコンファレンスボードは、予想値を下回り、経済成長の鈍化を示す結果となりました。

7月リッチモンド連銀製造業指数は予想値を上回っています。

本日はFOMCです。ドル円に関しては新規の材料もなく、発表までは様子見ムードが続く可能性が高くなります。

オーストラリアのCPIは注目度が高く、引き続きインフレが確認されるようなら買い材料となります。

本日の重要指標·発言

時間イベント
10:30欧州連合 小売売上高
27:00FOMC
27:30パウエルFRB議長の定例記者会見

相場分析−テクニカル分析− 

本日は下記の分析を中心に分析していきます。

・節目を使用した環境認識(豪ドルドル)
・高値安値を使用した環境認識(豪ドルドル)

節目を使用した環境認識(豪ドルドル)

豪ドルドル週足

①緑色…右側の緑四角に注目です。

ここは、フィボナッチ・リトレースメントの50%となっています。

また、左四角の安値とも連動しており、一旦は反発しやすいポイントとなります。

先日「ドルストレートはトレンド転換か!?」と書きましたが、このポイントで反発したのも材料となっています。

②赤色…心理的節目「0.7000」です。

ここは随分前から意識されるポイントとなっており『サポレジ転換』としても意識されています。

現在は、①②に挟まれたレンジとなっていますので、抜けた方に大きく動く可能性が高いです。

高値安値を使用した環境認識(豪ドルドル)

豪ドルドルを月足チャートで見てみます。

豪ドルドル月足

現在は矢印の流れで「高値・安値」が決まっています。

こちらで見ると、「高値・安値」共に切り下がってしますので『下落トレンド』となります。

2020年安値から大きく上昇中ですが、「高値安値を使用したダウ理論」で判断すると、2017年の高値を超えない限り下落トレンドが継続となります。

また、2017年の高値を超えたからと言ってトレンド転換するわけでありません。

この辺りは、ある程度定義づけ出来るのですが、厳密に、となると難しい局面が出てきますので割愛しておきます。

本日のトレード方針-フラン円-

アクション価格
エントリーポイント(成行)142.139
利益確定ポイント(T/P)143.106
建値ストップ移動ポイント142.139
損切りポイント(S/L)141.162
スイス円4時間足

サポレジ転換ラインを上抜けたスイス円を買っていきます。

節目をブレイクタイミングに合わせて大陽線がでていますので、トレンド持続の確率が高めとなります。

利益確定ポイントはストップ幅を目安に設定しており、損失と利益の割合をほぼ同値としています。

建値ストップ移動ポイントは節目とフィボナッチ・ターゲットの重複ポイントで設定しました。

昨日の豪ドルドルの注文はキャンセルです。
現在のポジションはユーロオージーとドルカナダのショート、今回のスイス円の買いとなります。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる