FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの相場レポート分析|2022年8月26日(金)

通っているとんかつ屋さんの、揚げ時間を測っているのですが、割とまちまち。

十分美味しいので構わないのですが、データ好きとしては気になってしまいます。

それでは昨日(8月25日)のドル円相場の動きを振り返ってみましょう。

目次

ドル円相場の振り返り−ファンダメンタルズ分析

ドル(橙)、ユーロ(赤)、円(水色)、豪ドル(青)
※NZ、中国のニュースは相関性の高い豪ドルに記載

東京市場

人民元中心レートの元高設定が発表され、オセアニア通貨買われ、ドル売りが強まりました

東京市場オープン後、一時前日高値付近まで上昇したが、その後、ピボットS1の位置する136.47円まで下落しました。

  1. 7時45分、ニュージーランドの4-6月期四半期小売売上高は予想値を下回る結果となりました。

    雇用は堅調なものの、2四半期連続のマイナス成長となる可能性が高まっています。
    NZDは一時的に売られました。
  2. 中国人民銀行は、人民元中心レートを予想より高く設定しました。
    その結果、オフショアの人民元が急騰し、中国株式市場を始め、各国株式市場が大きく上昇しています。

中国は、24日にも追加の経済支援措置を実施しています。
中国政府は元高、株高を望んでいる事を意識しておきましょう。

欧州市場

欧州市場は引き続き、オセアニア通貨買い・ドル売りとなっています。

ドル円も下値を広げましたが、ピボットS1で二度下値を確認すると上昇しました。

豪ドルは東京市場から戻りもなく、一本調子で上昇を続けています。

  1. 15時00分、ドイツの4-6月期国内総生産(GDP・改定値)は予想をやや上回りました。
  2. 17時00分、ドイツの8月IFO企業景況感指数は予想値を下回りました。
    第3・四半期のドイツ経済はマイナス成長となる見通しです
    この結果を受け、ユーロは下落しています。
  3. 20時30分 、欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨は

    「中期的なインフレ率は明確に上向き」
    「不況下でもインフレのリスクは必ずしも低下しない」

    と述べました。

NY市場

朝から続いていたオセアニア通貨買い・ドル売りの勢いが一段落しています。

ジョージ米カンザスティ連銀総裁の発言を受け、ドルは上昇トレンドに転じ、❼米GDP改定値が予想を上回ると上げ幅を拡大します。

その後、❽➒連銀総裁のタカ派的な発言が続きますが、市場の影響は限定的となっています。

  1. 20時30分頃、ジョージ米カンザスティ連銀総裁「インフレ率を目標に戻すため、さらに金利を引き上げる必要がある」と述べました。
  2. 21時30分、米4-6月期四半期実質国内総生産(GDP・改定値)は予想をやや上回りました

    速報値から上方改定されています。この結果を受けドルは買われました。
  3. 23時頃、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁は「大幅な利上げを実施した後に利下げに転じる方針は支持しない」「年末までに利上げが必要」と述べました。
  4. 27時15分頃、ブラード米セントルイス連銀総裁は、「現在の金利は物価上昇圧力を抑制するには不十分だ」と述べました。

本日の重要指標·発言

時間イベント
8:30日本 8月東京都区部消費者物価指数(CPI・生鮮食料品除く)
21:30米国 7月個人消費支出(PCEデフレーター)
23:00米国 8月ミシガン大学消費者態度指数・確報値
23:00米国 ジャクソンホール会議 パウエルFRB議長の発言

相場分析−テクニカル分析− 

本日は以下のテクニカルを中心に分析していきます

・高値安値(ダウ理論)を使用した環境認識(ドル円1時間足)

高値安値(ダウ理論)を使用した環境認識(ドル円1時間足)

ドル円1時間足

環境認識

  1. 上値 「出来高の多いレンジ帯の上限」と「フィボナッチ・ターゲット138.2」の重複ラインで頭を抑えられています。
  2. 下値候補は「サポレジ転換ライン」と「フィボナッチ・ターゲット138.2の基点」の重複ポイントです。

高値安値(ダウ理論)を使用したトレンドの判断

現在のトレンドをダウ理論(高値安値の切り上がり・切り下がり)で判断していきます。

Bの安値付けた後、CがAを上抜いています。この時点で「Bの安値が確定します」

DがBの安値を下抜けます。
この時点で「Cの高値が確定します」

この後にDを価格が下抜ければ「Gの高値が確定」し、

GはCより低い⇒高値切り下がり
DはBより低い⇒安値切り下がり

となり、トレンド転換が成立しますので、売り目線となります。

この場合の注意点はE⇒Gの高値更新です。

こちらは直近の高値Cを上抜いていないので「高値更新」をカウントしません。

同様に、Fを下回る値動きが発生しても、直近の安値Dを下回らない限り「安値更新」はカウントしません。

本日のトレード方針-USDCHF-

本日はドルスイスで売買方針を示していきます。

アクション価格
エントリーポイント(成り行き売り)0.96372
利益確定ポイント(T/P)0.97665
損切りポイント(S/L)0.95928
ドルスイス1時間足

4時間足でペナント形成中のドルスイスを、成り行きで買っていきます。

本日は23時から、ジャクソンホール会議でパウエルFRB議長の発言がありますので、注意しましょう。

本日はリスクリワードレシオを優先して、早めに仕掛けていきます。

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次