FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

GEMFOREXは出金トラブル多発!人気業者の裏の顔を告発

GEMFOREXは、豊富なボーナスを提供することで人気があるFX業者の一つです。

しかし、そんな評判を打ち消すように、出金トラブルの報告も増えています。

もし出金トラブルが絶えない業者なら、安心して利用できる可能性は低いでしょう。

この記事では、FX会社の格付けサービスを提供しているWikiFXが、
GEMFOREXの安全性について事実ベースで客観的に解説しています。

WikiFXとは?

WikiFX(ウィキエフエックス)は、FX会社の安全性・信頼性を評価している第三者機関です。
全世界3万以上のFXブローカーの情報を収集し・格付けを行っています。
FX会社の安全性スコアや詐欺被害のリアルな口コミは『wikifx.com』で確認できます。

GEMFOREXが出金トラブルを起こす業者かどうかを、取得ライセンスや規則、Twitterの口コミなど様々な視点から安全性を徹底的に調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

GEMFOREXの安全性を基本情報や取得ライセンスから調査

掲載元:GEMFOREX

GEMFOREXの安全性を確かめるために、 公式サイトやWikiFXで下記3点を調査しました。

安全性調査項目

1.企業情報と特徴
2.取得ライセンス
3.ユーザーの資産保護

基本情報1.企業情報と特徴

GEMFOREXの企業情報や特徴は、以下の通りです。

企業情報1(掲載元:WikiFX)
企業情報2(掲載元:WikiFX)

GEMFOREXの公式サイトは、5カ国語に翻訳されています。

カスタマーサービスは日本語に対応しており、平日5日の10時~17時で対応しているようです。

また日本人スタッフもいるとされています。

特徴詳細
取扱商品・FX
・株式指数
・エネルギー

など40銘柄以上
レバレッジ最大1,000倍
口座タイプ・オールインワン口座
・ノースプレッド口座
・ミラートレード専用口座
・デモ口座
取引プラットフォーム・MT4
・MT5  
スプレッド・オールインワン口座:1.1pips~
・ノースプレッド口座:0.0pips~
・ミラートレード専用口座:1.1pips~
・デモ口座:1.1pips~
最低入金額※口座タイプにより異なる

・オールインワン口座:5,000円
・ノースプレッド口座:300,000円
・ミラートレード専用口座:50,000円
・デモ口座:10,000USD
入出金方法・銀行送金
・クレジットカード
・PerfectMoney
・暗号資産(ビットコイン、イーサリアム)  
ロスカット20%
ゼロカットあり
スキャルピング可能
両建て可能(同一口座内のみ)
ボーナス・新規口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・お友達紹介キャンペーン
・他社からGEMFOREXへ乗り換えキャンペーン
GEMFOREXの特徴

GEMFOREXの特徴として、下記3つが挙げられます。

GEMFOREXの特徴
  1. 自動売買ソフト(EA)が多い
  2. 約定率が高い
  3. ボーナスが多い

1つ目の特徴は「自動売買ソフト(EA)が多い」点です。

GEMFOREXでは150以上もの自動売買ソフト(EA)を無料で利用できるため、EA初心者でも気軽に利用できるとしています。

2つ目の特徴は「約定率が高い」点です。

約定率とは?

約定率とは、ユーザーが出した注文が、意図した通りに成立する確率のことです。

好きなタイミングで売買できるかは短期売買において重要な要素になるので、スキャルピングなどでは重視される傾向があります。

約定率を公開している海外FX業者は少ないですが、他社と比較してもGEMFOREXは高いことがわかります。

FX業者名約定率
GEMFOREX99.99%
XM99.98%
IS6FX99.46%
各社の約定率

3つ目の特徴は「ボーナスが多い」点です。

海外FXでは、証拠金として使えるボーナスを提供している業者があります。

GEMFOREXでは、

・新規口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・お友達紹介キャンペーン
・他社からGEMFOREXへ乗り換えキャンペーン

と豊富にボーナスを用意しています。

基本情報2.取得ライセンス

GEMFOREXが取得している金融ライセンスを、WikiFXで調査しました。

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、各国の金融監督機関が発行している『金融業の営業許可証』のことです。
取得をするためには、監督機関からの審査や、資金の預託が必要になる場合があるため、FX会社の信頼性を見極める上で重要な指標の一つと言えます。
取得難易度や規制の内容は、ライセンスを発行する国や機関によって異なります。

取得しているライセンスは、以下の通りです。

No.ライセンス名現在の状態ライセンスタイプ取得難易度
1ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)経営範囲超過金融サービス企業
GEMFOREXの取得ライセンス一覧

取得ライセンス1.ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)

ライセンス取得状況(掲載元:WikiFX)

ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)のライセンス情報は、以下の通り。

正式名称Financial Service Providers Register
日本語名(略称)ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)
設立2008年
取得難易度
信頼性
公式サイトhttps://fsp-register.companiesoffice.govt.nz/
FSPRライセンス情報

ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)は、ニュージーランドで金融事業を展開するサービス事業者・企業を登録する機関です。

基本的に、ニュージーランド金融市場局(FMA)とニュージーランド準備銀行(RBNZ)に登録している業者は登録必須ですが、それ以外のFX業者も申請すれば登録することができます。

ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)は、上記2種類のライセンスを管理するための組織なので、ここで確認できるものは金融ライセンスとは言い難いです。

よって、信頼性も低いとされています。

また次のいずれかに該当する場合は、ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)に登録する必要があるとしています。

ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)に登録が必要な場合
  • ニュージーランド人向けに金融サービスを行う
  • アンチマネーロンダリングや2009年テロ法に準拠した資金調達を行い、金融サービスをする企業
  • ニュージーランド金融市場局(FMA)とニュージーランド準備銀行(RBNZ)に登録している

取得状況はWikiFXにより、FSPR公式サイトにてGEMFOREXグループの1つである「 GEM GROUP NZ LIMITED」が確認されています。

ただし「registration data:20/07/2017」と有効期限が切れているため、WikiFXからは「経営範囲超過」とされています。

WikiFXによりFSPR公式サイトで確認された取得状況
ライセンス取得状況(掲載元:WikiFX)

同じライセンスを取得しているFX業者は、以下の通りです。

FX業者名ライセンスNo.
CHARTER348606
Velocity Trade20003
ironFX298966
同じライセンスを取得しているFX業者

基本情報3.ユーザーの資産保護

GEMFOREXがユーザーの資産保護するために、「分別管理」や「信託保全」などを公式サイトで明言しているか調査しました。

その結果「GEMFOREXは、お客様が安心してトレードライフをお送り頂く為、お客様の運用資金と同額の資金を分別保管し、万が一の備えとして、大切に守る事を約束します!」と、明言しているのを確認しました。

≫GEMFOREXで分別管理されていることを確認する

GEMFOREXは出金できない怪しい業者なのか?Twitterで口コミ5件を調査

GEMFOREXが出金できない怪しい業者かどうか、Twitterで口コミを調査してみました。

その中で関係ありそうなものを、5件ピックアップしてご紹介します。

GEMFOREXのTwitterでの口コミ(2022年2月16日時点)
  1. ソニー銀行で出金したら出金拒否された
  2. タリタリで出金拒否問題が提起されている
  3. GEMFOREXを装った詐欺に注意
  4. ゴールドで600pipsのスプレッドが開いた
  5. 2,000万円を出金できた

口コミ1.ソニー銀行で出金したら出金拒否された

GemForexお使いの方へお知らせです。
ソニー銀行へ出金依頼をだしましたら拒否されました。

とされる口コミです。

スイフト調べるとゆうちょ、沖縄銀行、横浜銀行が対象とあります。
中継のUFJに勤めてる友人に聞いたところ、日本電産管理という送金代行業者にマネロンの疑いありで色々な銀行に通達があったようです、、

とつぶやいています。

ちなみに「マネロン」とは、「マネーロンダリング」の略語です。

マネーロンダリングとは?

犯罪資金の出所を分からなくする目的で、入金と出金を繰り返す犯罪行為のこと。

口コミ2.タリタリで出金拒否問題が提起されている

【gemforex出金拒否調査】
どうもタリタリでgemforexの出金拒否問題が提起されてるようですが、出金拒否経験ある方いますか?

とされる口コミです。

個人的には、聞いたことないんだよなぁ。
そこが強みだっただけに、ホントならちょっとなぁ。

と語っています。

ちなみに「タリタリ」とはキャッシュバックサイトのことで、ここを経由して口座開設すると、キャッシュバックが受け取れるようです。

口コミ3.GEMFOREXを装った詐欺に注意

GEMFOREXを装った詐欺にご注意🔰

とされる口コミです。

クレジットカード登録させたり、絶対儲かるとか言うのはだいたい詐欺である🤔

と警告しています。

口コミ4.ゴールドで600pipsのスプレッドが開いた

私自身はゴールド触りませんけど・・・

一応GEMFOREXを推してる立場として、今朝600pipsスプレッド開いてロスカ祭りになって問題になってる件についてGEMに問合せ中です。

とされる口コミです。

今回の原因・今後の対応策・補填云々とか。

と問合せ内容について、つぶやいています。

口コミ5.2,000万円を出金できた

今月2000万円くらい出金したけど😳

とされる口コミです。

出金拒否も無かったし出金早かったから割と安心できる会社だよ💓

と語っています。

WikiFX「真相公開」から口コミを調査

掲載元:WikiFX

WikiFXでは、ユーザーから寄せられる口コミとして「真相公開」が掲載されています。

2022年2月16日時点でGEMFOREXの「真相公開」は5件ありましたので、その中から3件ピックアップしてご紹介します。

GEMFOREXの「真相公開」(2022年2月16日時点)
  1. ビットコインで出金できない
  2. ゴールドスプレッドが異常
  3. XAU/USDが強制ロスカット

≫WikiFXでGEMFOREXの「真相公開」を確認する

真相公開1.ビットコインで出金できない

分類出金できない
日時2020年8月24日
投稿国ポルトガル

私はビットコインに預金して取引した後、ビットコインを介して預金の引き出しを要求しました。すると、ビットコインがメンテナンス中であることを理由に拒否されました。
完全な詐欺です!!!出金できません。

とされる口コミです。

規制機関は直ちにライセンスを剥奪する必要があります!!!

と訴えています。

≫WikiFXでGEMFOREXの「真相公開」を確認する

真相公開2.ゴールドスプレッドが異常

分類解決済み
日時2021年1月21日
投稿国日本

2021/1/18ゴールド6365スプレッド拡大異常により、多数のトレーダーロスカット

とされる口コミです。

画像から、異様に長い陰線が発生しているのが確認できます。

掲載元:WikiFX

≫WikiFXでGEMFOREXの「真相公開」を確認する

真相公開3.XAU/USDが強制ロスカット

分類解決済み
日時2021年8月9日
投稿国日本

日本時間8月9日(月) 8:00amに、強制ロスカットにあいました。
汎用や他社とは全く違うチャートになっています。

とされる口コミです。

画像から、異様に長い陰線の実体とヒゲが発生しているのが確認できます。

掲載元:WikiFX

≫WikiFXでGEMFOREXの「真相公開」を確認する

WikiFXによる独自調査結果

WikiFXでは、FX業者を数値で判定する『スコア評価』や、ペーパーカンパニーでないかを調査する『現地調査』などを行っています。

またそれらの結果を基に『注意喚起』も行っています。

結果は、以下の通りです。

独自調査1.スコア評価

WikiFXでは、下記の5つの指標から10点満点でFX業者を評価しています。

WikiFXスコアの評価基準
  1. ライセンス指数:取得ライセンスの信頼性・価値
  2. 事業指数:企業としての安定性・運営能力など
  3. リスク指数:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  4. 規制指数:取得ライセンスの規制の強さ
  5. ソフトウェア指数:取引プラットフォームなどの利用環境

GEMFOREXのスコア評価結果は、以下の通り。
WikiFX評価の詳細は「WikiFX GEMFOREX」ページでもご確認頂けます。

≫WikiFXでGEMFOREXの安全性をもっと詳しくチェックする

GEMFOREXのスコア評価(掲載元:WikiFX)
指数スコア
ライセンス指数3.29
事業指数6.75 
リスク指数0.00
規制指数3.26
ソフトウェア指数7.87 
総合点3.77
GEMFOREXのスコア評価(2022年2月16日時点)

総合スコアが「3.69」なので、FX業者としては低い部類に属します。

「ライセンス指数」「3.29」と低スコアで、唯一取得しているとされる「ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)」が、「経営範囲超過」となっているのが要因のようです。

また同じ理由から「規制指数」「3.26」と、こちらも低スコアです。

「事業指数」「6.75」であり、資本金や運営能力はやや高めと判断されています。

「リスク指数」「0.00」と皆無です。
「基本情報3.ユーザー資産の保護 」で顧客資産と会社資産が分別管理されていることは確認できますが、WikiFXではその保証は無いと判断しているのが原因のようです。

「ソフトウェア指数」「7.87」と、高スコアを出しています。
取引プラットフォームでMT4/MT5を利用できる点や、150以上もの自動売買ソフト(EA)を使える点が高評価につながっているようです。

独自調査2.現地調査結果

WikiFXの『現地調査』のコラムでは、現地オフィスへ実際に訪問し、ペーパーカンパニーであるかどうかを調査しています。

2022年2月16日時点で、WikiFXによるGEMFOREXへの現地調査結果はありません。

独自調査3.注意喚起

2022年2月16日時点で、WikiFXからGEMFOREXで下記2点のリスク注意喚起があるとしています。

WikiFXでの注意喚起(2022年2月16日時点)
  1. ニュージーランド金融サービス事業登録(FSPR)が経営範囲を超えている
  2. 日本への有効なライセンスがない

GEMFOREXで出金拒否になる規約は3つ

GEMFOREXの公式サイトでは、利用者の契約を記した「GEMFOREXのご利用規約」が公開されており、そこには出金拒否につながるような禁止行為が規約として明記されています。

GEMFOREXで出金拒否になる規約
  1. 禁止行為に該当した場合
  2. 入金方法と出金方法を同一にする
  3. 特定の出金方法は拒否する

規約1.禁止行為に該当した場合

GEMFOREXでは禁止行為が定められており、これに該当した場合は「無条件で利用を停止または削除し、報酬も凍結することがあります。」としています。

禁止行為は全部で24種類ありますが、まとめると以下の通りです。

GEMFOREXが定める禁止行為
  1. 名義に虚偽や架空、誤りがある状態で口座開設する行為
  2. 複数名で一つの口座を利用する行為
  3. GEMFOREXの営業や利権を脅かす行為
  4. 第三者へのプライバシー侵害や中傷行為
  5. 複数口座の両建て行為(異なる業者間も含む)
  6. 第三者と共謀して同じタイミングでトレードや入金を繰り返す行為
  7. システムやサービス(ボーナスやゼロカット)の盲点を突いた悪質な行為
  8. 経済指標の発表など相場急変が予測されるタイミングだけを狙った取引行為
  9. 18歳未満で利用する行為
  10. 反社会的行為や、それに準ずる団体とつながりがあるとみなされる行為

≫GEMFOREXの公式サイトで規約を確認する

規約2.入金方法と出金方法を同一にする

GEMFOREXでは「利用者は、資金の一部の引き出しが、当社が最初に資金を受け取ったのと同じ送金方法、同じ送金人を用いて行われることを承諾します。」としています。

例えば「国内銀行送金→PerfectMoney」という順で入金した場合は、出金も「国内銀行送金→PerfectMoney」という順で行う必要があるようです。

≫GEMFOREXの公式サイトで規約を確認する

規約3.特定の出金方法は拒否する

GEMFOREXでは「当社は、利用者が特定の送金方法を使用して要求した引き出しを拒否する権利を有し、代替案を提案する権利を有します。」としています。

ここで言う「特定の送金方法」ですが、何を指すのかはわかりません。

GEMFOREXで出金できない原因となる出金ルールは6つ

GEMFOREXの公式サイトでは、出金できない原因となる出金ルールを公式サイトにて公開しています。

GEMFOREXで出金できない原因となる出金ルール
  1. 最初の出金までに必要書類を提出していない
  2. 第三者からの出金は禁止
  3. クレジットカードの提出をしていない
  4. 1度もトレードをしなかった場合はカード会社の許可が必要になる
  5. クレジットカードで5万円の入金&数回のトレードでもカード会社の許可が必要になる
  6. 24時間以内に出金を2回以上した場合は出金手数料がかかる

ルール1.最初の出金までに必要書類を提出していない

GEMFOREXでは「口座開設に伴う必要書類は、最初に出金処理を行うまでに提出する必要があります。」としています。

ここでいう必要書類とは、下記3点を指すようです。

GEMFOREXの口座開設時の必要書類
  1. 身分証明証(運転免許証、パスポートなど)のコピー
  2. 住所証明書(発行日より3ヶ月以内のもの)
  3. 身分証明証と本人が一緒に写っている大きく鮮明な写真

GEMFOREXの公式サイトで確認する

ルール2.第三者からの出金は禁止

GEMFOREXでは「第三者からの出金依頼は一切受け付けておりません。」としています。

具体的には「ご出金のご依頼を頂く際は、口座名義と同一であり、居住国、または国籍をお持ちの国内金融機関口座のみ受付をさせていただきます。第三者名義で出金申請された場合は、却下されます。」としているようです。

≫GEMFOREXの公式サイトで確認する

ルール3.クレジットカード画像の提出をしていない

GEMFOREXでは「クレジットカード使用の現金化やマネーロンダリングの観点より、ご出金リクエストの際には、ご使用を頂いたすべてのクレジットカードの表面画像(カード番号確認の為)のご提出を義務化させていただいております。」としています。

マネーロンダリングとは?

犯罪資金の出所を分からなくする目的で、入金と出金を繰り返す犯罪行為のこと。

提出が完了しない場合は「ご出金依頼をいただけない仕様になりますので、ご理解をいただきました上でお手続きをいただきますようお願い致します。」となるようです。

≫GEMFOREXの公式サイトで確認する

ルール4.1度もトレードをしなかった場合はカード会社の許可が必要になる

GEMFOREXでは「クレジットカードでご入金を頂いた方で、一度もトレードを行わずに出金申請された場合、クレジットカード枠の現金化目的などを防止する関係上、カード会社の許可が必要になる為、少しお時間を頂戴する場合がございます。」としています。

そのため一度でもトレードした方が、出金がスムーズにできるようです。

≫GEMFOREXの公式サイトで確認する

ルール5.クレジットカードで5万円の入金&数回のトレードでもカード会社の許可が必要になる

GEMFOREXでは「クレジットカードでご入金を頂いた方で、一度もトレードを行わずに出金申請された場合、クレジットカード枠の現金化目的などを防止する関係上、カード会社の許可が必要になる為、少しお時間を頂戴する場合がございます。また、クレジットカードから合計5万円を超えるご入金の場合で数回の取引で出金申請をされた場合も同様となります。」としています。

≫GEMFOREXの公式サイトで確認する

ルール6.24時間以内に出金を2回以上した場合は出金手数料がかかる

GEMFOREXでは「24時間以内に2回以上のご出金をいただく場合は、都度、出金額の2%(20万円以下は一律4500円 ※USD口座の場合には45USD)を頂戴いたします。」としています。

そのため、24時間以内に2回目以降の出金で出金手数料と出金額の合計が残高以上になる場合は、出金拒否になる可能性があります。

≫GEMFOREXの公式サイトで確認する

調査結果:出金トラブルの報告が多く、詐欺や不当なスプレッドの開きも確認できる

ここまでGEMFOREXが出金トラブルをする業者かどうかを、口コミやライセンス情報などから徹底的に調査してきました。

結論として、Twitterで出金トラブルの口コミ報告が多く、その中には詐欺や不当なスプレッドの開きも確認できます。
また取得している金融ライセンスも一つだけあり、しかも「経営範囲超過」とWikiFXに認定されているため、信頼性にも不安があります。

そのため、GEMFOREXを利用する理由は皆無と言えるでしょう。

WikiFXでは、資金の安全性やサービスクオリティの高さが証明されている国内FX業者の利用を推奨しています。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次