FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

MyfxMarketsに出金拒否はある?プロが安全性を調査しました

MyfxMarketsは「最低入金額が0円」や「低スプレッド」などを売りにしている海外FX業者です。

そんなMyfxMarketsですが、出金拒否はあるのでしょうか?

いくらサービスが充実していたとしても、出金拒否をするような業者なら利用すべきではありません。

この記事では、FX会社の格付けサービスを提供しているWikiFXが、
MyfxMarketsの安全性について事実ベースで客観的に解説しています。

WikiFXとは?

WikiFX(ウィキエフエックス)は、FX会社の安全性・信頼性を評価している第三者機関です。
全世界3万以上のFXブローカーの情報を収集し・格付けを行っています。
FX会社の安全性スコアや詐欺被害のリアルな口コミは『wikifx.com』で確認できます。

MyfxMarketsが出金拒否をする業者かどうかを、取得ライセンスや規則、Twitterの口コミなど様々な視点から安全性を徹底的に調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

MyfxMarketsの安全性を基本情報や取得ライセンスから調査

掲載元:MyfxMarkets

MyfxMarketsの安全性を確かめるために、 公式サイトやWikiFXで下記3点を調査しました。

安全性調査項目

1.企業情報と特徴
2.取得ライセンス
3.ユーザーの資産保護

基本情報1.企業情報と特徴

MyfxMarketsの企業情報や特徴は、以下の通りです。

企業情報1(掲載元:WikiFX)
企業情報2(掲載元:WikiFX)

MyfxMarketsの公式サイトは、3カ国語に翻訳されています。

カスタマーサービスは日本語に対応しており、問合せ方法によって対応時間が異なります。

MyfxMarketsの日本語サポート対応時間

・電話&チャット:平日6時~15時
・メール&LINE:平日24時間

また、日本人スタッフもいるとされています。

特徴詳細
取扱商品・FX
・CFD
・貴金属
・コモディティ
・仮想通貨

など50銘柄以上
レバレッジ最大500倍
口座タイプ・MT4スタンダード口座
・MT4プロ口座  
取引プラットフォームMT4  
スプレッド・MT4スタンダード口座:0.6pips~
・MT4プロ口座:0.0pips~(取引手数料:$7/往復)  
最低入金額0円
入出金方法・銀行送金
・クレジットカード
・bitwallet
・仮想通貨(ビットコイン、USDT)  
ロスカット20%
ゼロカットあり
スキャルピング可能
両建て可能(同一口座内での両建てのみ)
ボーナス・乗り換えキャンペーン
・お友達紹介プログラム
MyfxMarketsの特徴

MyfxMarketsの特徴として、下記3つが挙げられます。

 MyfxMarketsの特徴
  1. 最低入金額が0円と無料で開始できる
  2. スプレッドが狭い
  3. LINEで問合せができる

1つ目の特徴は「最低入金額が0円なので、実質無料でトレードを開始できる」点です。

ほとんどのFX業者では、最低入金額が「1万円~」と設定しているところがほとんどです。
しかしMyfxMarketsでは、最低入金額が「0円」と無料で開始できるとしています。

2つ目の特徴は「スプレッドが狭い」点です。

MyfxMarketsでは「MT4プロ口座」で開設すると、「スプレッド:0.0pips~」から始めることができます。
ただし取引手数料として、1往復で$7がかかります。

3つ目の特徴は「LINEで問合せができる」点です。

日本では一般的な連絡手段として普及しているLINEですが、これを使って問合せできるFX業者は珍しいと言えます。
MyfxMarketsではLINEでの問合せを平日24時間で受け付けているようですので、気軽に質問ができる環境が整っています。

基本情報2.取得ライセンス

MyfxMarketsが取得している金融ライセンスを、WikiFXで調査しました。

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、各国の金融監督機関が発行している『金融業の営業許可証』のことです。
取得をするためには、監督機関からの審査や、資金の預託が必要になる場合があるため、FX会社の信頼性を見極める上で重要な指標の一つと言えます。
取得難易度や規制の内容は、ライセンスを発行する国や機関によって異なります。

取得しているライセンスは、以下の通りです。

No.ライセンス名現在の状況ライセンスタイプ取得難易度
1英国金融行動監視機構(FCA)取消済み授権代表(AR)
MyfxMarketsの取得ライセンス一覧

取得ライセンス1.英国金融行動監視機構(FCA)

ライセンス取得状況(掲載元:WikiFX)

英国金融行動監視機構(FCA)のライセンス情報は、以下の通りです。

正式名称Financial Conduct Authority
日本語名(略称)英国金融行動監視機構(FCA)
設立2012年
取得難易度
信頼性
公式サイトhttps://www.fca.org.uk/
FCAライセンス情報

英国金融行動監視機構(FCA)はロンドン市場を中心に管轄するライセンス発行機関で、規制内容から取得難易度が厳しいことで知られています。

そのため、信頼性も高いとされています。

英国金融行動監視機構(FCA)の規制内容
  • 消費者への保護や対応方法
  • 資本金や事業形態などの企業としての運営能力
  • 外部機関から監査状況
  • 金融サービス補償機構(FSCS)への加入義務
  • 顧客資産取扱規定(CASS)の遵守

取得状況はWikiFXにより、FCA公式サイトにてMyfxMarketsグループの1つである「MYFX MARKETS PTY Ltd」が確認されています。

WikiFXによりCySEC公式サイトで確認された取得状況1

ですが「This firm is no longer resistered with the FCA as an Appointed(この企業はFCAに登録されていません)」とあるように、有効期限の「04/12/2017」から更新されていません。

WikiFXによりCySEC公式サイトで確認された取得状況2

そのため、WikiFXからは「取消済み」と判断されています。

ライセンス取得状況(掲載元:WikiFX)

同じライセンスを取得しているFX業者は、以下の通りです。

FX業者名ライセンスNo.
OANDA JAPAN542574
exness730729
IG証券195355
同じライセンスを取得しているFX業者

基本情報3.ユーザーの資産保護

MyfxMarketsがユーザーの資産保護するために、「分別管理」や「信託保全」などを公式サイトで明言しているか調査しました。

分別管理・信託保全とは?

分別管理・信託保全というのは、FX会社が顧客から預かった資金を管理する方式のことです。
分別管理は、FX会社の運営資金と顧客の預入資金を分別して管理していることを表します。
しかし、本当に顧客資金に手が付けられないのかはトレードにはわかりませんし、会社が倒産した場合に返金される保証もありません。
一方の信託保全というのは、顧客資金と同額の資金を信託銀行などの預ける資金管理方式です。
この場合、会社が簡単に顧客資金に手を付けることはできないですし、倒産しても銀行からトレーダーへ資金が返金されます。

その結果、「お客様の資金はすべて弊社の信託口座で管理されます。」と明言しているのを確認しました。

≫MyfxMarketsで資産保護を確認する

MyfxMarketsの評判とは?Twitterで口コミ5件を調査

MyfxMarketsの評判を確かめるために、Twitterで口コミを調査してみました。

その中で関係ありそうなものを、5件ピックアップしてご紹介します。

MyfxMarketsのTwitterでの口コミ(2022年3月19日時点)
  1. 不正利用として勝手に利益没収された
  2. 顧客10名で総額7,000万円以上の出金拒否が発生中
  3. MyfxMarketsはただの詐欺業者
  4. 追加口座開設が遅い
  5. ルール遵守なので無事出金できた

口コミ1.不正利用として勝手に利益没収された

MyfxMarkets、利益出金拒否のあげく、不正利用として勝手に利益没収されました。
入金分のみ出金可能とだけメールで連絡があり、どういった不正があったのかも説明もなし。

とされる口コミです。

二度と使うことはないですが、もし利用を検討している人がいるなら、やめてください。

と警告しています。

口コミ2.顧客10名で総額7,000万円以上の出金拒否が発生中

【要注意】海外FX業者「MyFXMarkets」にて、顧客10名ほどに対する総額7,000万円以上の出金拒否が発生中。

とされる口コミです。

業者による本詐欺行為に対し、異議を申し立てるも、先方は回答を拒否している。

と語っています。

この10名は集団訴訟プラットフォーム「enjin」にて、「豪州大手ブローカー(AxiTrader)のホワイトラベル取得済み海外FX会社への返金請求」という名目で集まった被害者であり、MyfxMarketsを集団提訴しようとしているようです。

口コミ3.MyfxMarketsはただの詐欺業者

それにしてもFXの口座の闇ってすごいな。
myfxmarketsとかただの詐欺業者だから気をつけないと。

とされる口コミです。

なんかこういう情報を本当のこと書いてくれてるサイトはないもんなんだろうか。

とつぶやいています。

口コミ4.追加口座開設が遅い

myfxmarketsで追加口座開設の申請して1週間しても開設されず、問い合わせの返答も遅いのでイメージダウンですね( ;∀;)

とされる口コミです。

自分が始めて開設したころは対応もスムーズだったんだけど、ブローカー内でも色々変わるんだな。
 
今好きなのはXMとEXNESSとHOTFOREXかな。

と他社と比較して、感想をつぶやいています。

口コミ5.ルール遵守なので無事出金できた

私はルール遵守しているので、無事出金できた。

とされる口コミです。

Myfxmarketsは長く地道に活動している取引条件も極めて良い海外FX業者というのを改めて感じた。

と語っています。

WikiFX「真相公開」から口コミを調査

掲載元:WikiFX

WikiFXでは、ユーザーから寄せられる口コミとして「真相公開」が掲載されています。

2022年3月19日時点でMyfxMarketsの「真相公開」は12件ありましたので、その中から3件ご紹介します。

≫WikiFXでMyfxMarketsの「真相公開」を確認する

真相公開1.信用できないFX取引所

分類他の内容
日時2021年6月30日
投稿国日本

「Contact Us」の項目にある連絡先情報は以下のようになっています。

Add: 1a Wakeling Avenue, Te Atatu South, Auckland, 0610 , New ZealandTel: +64 9 889 4022Email: customer.service@myfxmarkets.com

住所はニュージーランドのオークランドです。
この住所をGoogle Street Viewで見ると画面にあるような住宅地のようで、とてもではありませんがFX業者がこの住所に実在するとは思えません。

と、登録された住所にFX業者が実在していない可能性を指摘しています。

掲載元:WikiFX

さらにニュージーランドでの金融業者としての登録を調べてみると、ニュージーランドのFinancial Service Providers Register (FSPR)のサイトで金融機関登録がDeregistered (取り消し)の処分を受けていることが判明しました。

登録取り消しになったのは2015年5月9日です。

と、FSPRの登録取り消しも指摘しています。

掲載元:WikiFX

そのため、

登録取消処分を受けた業者を信頼出来るとは思えません。

と警告しているようです。

≫WikiFXで「真相公開」を確認する

真相公開2.Myfx Marketsは詐欺です

分類出金できない
日時2019年5月29日
投稿国中国

3000ドルを入金し、5000ドルを稼ぎました。

土曜日に出金を申し込んだところ、月曜日の朝に顧客マネージャーからリクエストが処理中であると言われました。

しかしその午後、MT4ターミナルへのログインに失敗し、禁止されていることがわかりました。

と、出金できなかったことを語っています。

カスタマーマネージャーとサービスに尋ねたところ、ルールに違反しており、返信するまでに1週間か2週間かかるかどうかは確認中です。

と連絡は取れたようですが、その後この方が無事に出金できたかは不明です。

≫WikiFXで「真相公開」を確認する

真相公開3.Myfxがプラットフォーム詐欺をしている

分類詐欺
日時2019年7月1日
投稿国中国

このプラットフォームでは、24万ドル以上の手数料がかかりますが、このプラットフォームでは、私は魚であり、彼のお金です。

と、手数料で24万ドルを支払ったようです。

支払った手数料が反映されないことを不審に思い、MyfxMarketsに電話したところ、

彼らは中国に顧客はいない、業者はあなた達を恐れていない、そして元本は返金しないと言った。

と語っています。

≫WikiFXで「真相公開」を確認する

WikiFXによる独自調査結果

WikiFXでは、FX業者を数値で判定する『スコア評価』や、ペーパーカンパニーでないかを調査する『現地調査』などを行っています。

またそれらの結果を基に『注意喚起』も行っています。

結果は、以下の通りです。

独自調査1.スコア評価

WikiFXでは、下記の5つの指標から10点満点でFX業者を評価しています。

WikiFXスコアの評価基準
  1. ライセンス指数:取得ライセンスの信頼性・価値
  2. 事業指数:企業としての安定性・運営能力など
  3. リスク指数:倒産時の資産保証の度合い・詐欺業者の可能性の低さなど
  4. 規制指数:取得ライセンスの規制の強さ
  5. ソフトウェア指数:取引プラットフォームなどの利用環境

MyfxMarketsのスコア評価結果は、以下の通り。

WikiFX評価の詳細は「WikiFX MyfxMarkets」ページでもご確認頂けます。

≫WikiFXでMyfxMarketsの安全性をもっと詳しくチェックする

MyfxMarketsのスコア評価(掲載元:WikiFX)
指数スコア
ライセンス指数0.00
事業指数6.66 
リスク指数0.00
規制指数0.00
ソフトウェア指数7.51
総合点1.35
MyfxMarketsのスコア評価(2022年3月19日時点)

総合スコアが「1.35」なので、FX業者としては最低ランクに属します。

「ライセンス指数」「0.00」と皆無です。
低評価の理由として、唯一取得しているライセンスである「英国金融行動監視機構(FCA)」が「取消済み」と判定されていることが原因のようです。

また同じ理由から「規制指数」「0.00」と、こちらも皆無となります。

「事業指数」「6.66」とやや高く、資本金や運営能力には問題がないと判断されているようです。

「リスク指数」「0.00」と、皆無となります。
「基本情報3.ユーザー資産の保護 」より、顧客資産と会社資産が分別管理されている点が明言されていますが、WikiFXではその保証は無いに等しいと判断されているようです。

「ソフトウェア指数」「7.51」と、高評価を受けています。
取引プラットフォームはMT4のみですが、MAMが扱える点など取引環境において申し分が無いと評価されているようです。

MAMとは?

MAMとは、”Multi Account Manager”の略で、プロのトレーダーに資金を預けずに、発注指示のみを出して取引を任せる運用方法のことです。

独自調査2.現地調査結果

WikiFXの『現地調査』のコラムでは、現地オフィスへ実際に訪問し、ペーパーカンパニーであるかどうかを調査しています。

2022年3月19日時点でのWikiFXによるMyfxMarketsへの現地調査結果は、1件です。

No.現地調査結果
1MyfxMarkets英国を訪問オフィスを確認できず
MyfxMarketsへの現地調査

現地調査1.MyfxMarkets英国を訪問

調査チームは、金融ライセンス「英国金融行動監視機構(FCA)」に記載されているMyfxMarketsの英国オフィス「71-75ShelTon STreeT London WC2H 9JQ UNITEDKINGDOM」を訪問しました。

現地はロンドンの中心部であり、メインストリートからは外れた場所だったようです。

調査チームは、住所にクラシックでヨーロピアンな建物があるのを確認しています。ですがその建物は共用オフィスであり、カードが無いと入館できない構造だったようです。
また建物周辺にて、MyfxMarketsに関する情報が確認できなかったとしています。

掲載元:WikiFX

よって調査チームは英国でMyfxMarketsのオフィスが確認できなかったため、

ユーザーはMyfxMarketsを利用するかを慎重に検討する必要がある

と結論付けています。

≫WikiFXでMyfxMarketsの「真相公開」を確認する

独自調査3.注意喚起

2022年3月19日時点でWikiFXでは、MyfxMarketsにて下記3点のリスク注意喚起があるとし、「評価が低すぎるので利用しないでください」と警告をしています。

WikiFXでの注意喚起(2022年3月19日時点)
  1. 有効なライセンスが確認されていないので注意
  2. 受け取ったクレーム数が過去3カ月間で9件に達した
  3. 現地調査レビューが1件に達した
  4. 英国金融行動監視機構(FCA)が「取消済み」なので注意
  5. 日本への有効なライセンスがない

MyfxMarketsで出金拒否になる規約は5つ

MyfxMarketsの公式サイトでは、利用規約を示した「MYFX Markets Client Agreement」が公開されています。

そこには出金拒否につながるとされる規約が明記されています。

MyfxMarketsが出金拒否につながると定めている規約
  1. 夜間ポジションで想定以上の損失がある場合
  2. 市場状況により資金が必要になった場合
  3. 他のアカウントで偶然的な責任を負っている場合
  4. MyfxMarketsとの間に未解決の紛争がある場合
  5. MyfxMarketsが規制や法的義務を遵守する場合

≫MyfxMarketsの公式サイトで出金拒否になる規約を確認する

規約1.夜間ポジションで想定以上の損失がある場合

MyfxMarketsでは「夜間ポジションで想定以上の損失がある場合は、出金を拒否することがあります。」としています。

17.4 WITHDRAWING CREDIT FROM YOUR ACCOUNT
(中略)
But, we may at Our discretion withhold from the amount of the credit balance
(中略)
(a) Any overnight Position on Your account shows a notional loss;

出典:MYFX Markets Client Agreement

意訳すると、以下の通りです。

17.4アカウントからのクレジットの引き出し
(中略)
ただし当社の裁量により、クレジット残高の出金を差し控えることがあります。
(中略)
(a)アカウントの夜間ポジションで、想定上の損失を示した場合。

規約2.市場状況により資金が必要になった場合

MyfxMarketsでは「将来の証拠金要件またはオープンポジション、または原資産市場の状況により資金が必要になる場合は、出金を拒否することがあります。」としています。

17.4 WITHDRAWING CREDIT FROM YOUR ACCOUNT
(中略)
But, we may at Our discretion withhold from the amount of the credit balance
(中略)
(b) We reasonably consider that further amounts may be required to meet any current or future margin requirement or open Positions, or Your obligations (whether actual or contingent) under this Agreement including due to the Underlying Market conditions;

出典:MYFX Markets Client Agreement

意訳すると、以下の通りです。

17.4アカウントからのクレジットの引き出し
(中略)
ただし当社の裁量により、クレジット残高の出金を差し控えることがあります。
(中略)
(b)いずれかを満たすには、さらに資金が必要になる可能性があると合理的に考えています。
現在または将来の証拠金要件またはオープンポジション、または原資産市場の状況によるものを含む、本契約に基づくお客様の義務(実際または偶発的)。

規約3.他のアカウントで偶然的な責任を負っている場合

MyfxMarketsでは「他のアカウントで偶発的な責任を負っている場合は、出金を拒否することがあります。」としています。

17.4 WITHDRAWING CREDIT FROM YOUR ACCOUNT
(中略)
But, we may at Our discretion withhold from the amount of the credit balance
(中略)
(c) If you have any contingent liability to us (or to any of our Associates), in respect of any other Account;

出典:MYFX Markets Client Agreement

意訳すると、以下の通りです。

17.4アカウントからのクレジットの引き出し
(中略)
ただし当社の裁量により、クレジット残高の出金を差し控えることがあります。
(中略)
(c)他のアカウントに関して、お客様が当社(または当社の関連会社)に対して偶発的な責任を負っている場合。

規約4.MyfxMarketsとの間に未解決の紛争がある場合

MyfxMarketsでは「当社との未解決の紛争があると合理的に判断した場合は、出金を拒否することがあります。」としています。

17.4 WITHDRAWING CREDIT FROM YOUR ACCOUNT
(中略)
But, we may at Our discretion withhold from the amount of the credit balance
(中略)
(d) We reasonably determine that there is an unresolved dispute between You and Us in connection with this Agreement or any Margin FX Contract or CFD

出典:MYFX Markets Client Agreement

意訳すると、以下の通りです。

17.4アカウントからのクレジットの引き出し
(中略)
ただし当社の裁量により、クレジット残高の出金を差し控えることがあります。
(中略)
(d)当社は、本契約または証拠金FX契約またはCFDに関連して、お客様と当社の間に未解決の紛争があると合理的に判断した場合。

規約5.MyfxMarketsが規制や法的義務を遵守する場合

MyfxMarketsでは「規制上または法的義務を遵守するために、出金を拒否することがあります。」としています。

17.4 WITHDRAWING CREDIT FROM YOUR ACCOUNT
(中略)
But, we may at Our discretion withhold from the amount of the credit balance
(中略)
(e) We consider it necessary and desirable to withhold such amount to comply with our regulatory or legal obligations,

出典:MYFX Markets Client Agreement

意訳すると、以下の通りです。

17.4アカウントからのクレジットの引き出し
(中略)
ただし当社の裁量により、クレジット残高の出金を差し控えることがあります。
(中略)
(e)当社は、規制上または法的義務を遵守するために、そのような資金を差し控えることが必要かつ望ましいと考えた場合。

MyfxMarketsで出金拒否になる出金ルールは2つ

MyfxMarketsの公式サイトでは、出金拒否となる出金ルールを明記しています。

MyfxMarketsで出金拒否になる出金ルール
  1. 出金手数料が支払えない
  2. 出金方法は入金方法と同一にする

ルール1.出金手数料が支払えない

MyfxMarketsでは「各金融機関にて発生した別途手数料などはお客様ご負担となりますので、事前にご利用の金融機関にてご確認頂きますようお願い申し上げます。」としています。

出金方法によっては、以下の出金手数料が発生するようです。

MyfxMarketsの出金手数料

・クレジットカード:キャッシュアドバンスルールに従って請求を行った場合
・銀行送金:海外送金手続きにおける中継銀行や中継金融機関による手数料

以上の出金手数料が支払えない場合は、出金拒否に至る可能性があります。

≫MyfxMarketsの公式サイトで確認する

ルール2.出金方法は入金方法と同一にする

MyfxMarketsでは「資金の出金方法は、入金方法と同じ支払い方法でお手続きされます。」としています。

例えば銀行振込で入金したのならば銀行振込で、クレジットカードで入金したのならばクレジットカードで出金する必要があるようです。

≫MyfxMarketsの公式サイトで確認する

調査結果:詐欺や利益出金取り消しの口コミが多いので、出金拒否の可能性は高い

ここまでMyfxMarketsが出金拒否をする業者なのかどうかを、口コミやライセンス情報などから徹底的に調査してきました。

結論として詐欺や利益出金取り消しの口コミが多いので、出金拒否の可能性は高いと言えます。

規約では「当社の裁量により出金拒否をする」という明記があり、これが原因で出金拒否となっている可能性が否定できません。
また唯一取得している金融ライセンスもWikiFXにて「取消済み」と確認されており、外部機関からの監督がない点も気になります。

したがって評判の悪さや規約の独自裁量、信頼性の低さから、MyfxMarketsは利用しない方がいいでしょう。

WikiFXでは、資金の安全性やサービスクオリティの高さが証明されている国内FX業者の利用を推奨しています。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる