FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの週間相場分析レポート|2022年6月20日~6月26日の振り返り

こんにちは!専業トレーダーのたむです!
今日はユーロ円について分析していこうと思います!

目次

日足分析

日足では現在、139.0円~144.2円まで520pipsの上昇をしていて、勢いが一旦止まっている状態です。

それに144.2円の天井付近でWトップのような形を形成しています。

ここで上に抜けるようであれば、三尊の形も見えてくるところですが、
他のクロス円の状態を見ると「このまま円安が続くと日本国にとっても悪材料しかない」ように思えます。

日本は輸入大国ですので、円安が加速すればするほど大変な思いをするのは日本だけです。

となれば、これ以上レートを上昇させるのは国としても不本意なはずです。

なのファンダメンタルズの視点から見ても、
ここでWトップを作って来週のスタートから高値付近でもじもじしてから終わりに向かって下落し始めるのではないかな?と思います。

とはいえ124.450円と133.0円の押し目のところを結んだ、上昇チャネルを下に抜けるまでは、
完全に下目線へ切り替わったとは言えないので、そこはしっかり観察していきましょう!

ちなみにですが、124.450~139.0で左肩、133.0~144.2で頭、という風に大きい目線での三尊も形成しているので、
『Wトップ+三尊の頭というどっちにしろ下落のサインが揃いすぎているように感じます。

15分足分析

15分足ですが、お世辞にも綺麗なダウ理論を形成しているとは言い難い形を形成しています。

右肩ではさらにWトップも形成し、ネックラインを下に割っています。

上昇のチャネルラインも下に割っていることから15分足でも既に下降へ目線が切り替わり始めていることを感じます。

問題なのは左側に『意識されていそうなラインがない』ことです。

本来であれば少なからずダウ理論にのっとって、押し目·戻り目を付けながらトレンドは形成されていくものですが、
ウクライナからのヨーロッパ系通貨の急落急騰、
続けてクロス円の急騰と深い押し戻りを付けずに、トレンドを形成していきました。

こういった場合、既にポジションを保有している人たちは含み益でウハウハですが、
ポジションを持っていない人たちは、新規でポジションを取れそうなところがないんです。

なので、動きが止まったわかりやすいチャートパターンを形成するまで待つしかないです。
そこを待てないのであれば、勝ちトレーダーにはなれないです。
そういった想定をするのであれば、このままずるずる下落していくことがイメージできます。

肝になるのは、日足のWトップのネックラインである137.9のレートだと思います。

ですがその前に140.0~139.5付近で一旦調整かなにか挟みそうな気がします。

来週のトレード戦略としては

①日足での2つ、15分足でのWトップなど複数の転換のチャートパターンが重なっていること
②15分足で意識されそうなラインがない

以上の2つからじわじわと下落していくと思われます。

今週のワンポイントアドバイス

今週は「トレーダーの仕事 Part1」です!(part 2は明日の記事に掲載します!)

たむ

みなさんはトレーダーの仕事はしていますか?

こういうことを聞くと「当たり前!」や「トレードしているのが仕事でしょ?」という意見が上がってきそうですが、
トレードをする以前にもっとしなければいけないことがあります。

一連のトレードの流れを見てみましょう。

チャート分析→エントリー→決済→反省

というのがごくごく一般的な流れかと思います。

僕が考える流れはもう一つ大事なステップがあります。
それは…チャート分析とエントリーの間のステップでの、

『待つこと』です。

「え?」といった声が多数聞こえてきそうですが、よく考えてみてください。

みなさんはチャートを見た瞬間が自身の手法に、
最も適したタイミングかって考えたことありますか?

まだまだ伝えたいことがたくさんありますので、続きは6月26日の記事にてお伝えします!
この記事を読んで少しだけ、「自分がチャートを見たタイミングがチャンスかどうか」、
過去のトレード履歴とともに振り返ってみてくださいね!

それでは来週も良いトレードライフを!

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

22歳の時に投資コミュニティーに参加し、2か月目で月収30万円を達成。
平均足×移動平均線を使ったテクニカル特化の分析が得意
現在はトレーダー、トレーダー’sハウスの運営、YouTuberとして活動中
兼業では将来【世界を遊び歩きたい人生】と現実が大きく乖離していたため、資歴2年半で専業トレーダーになる。
趣味:バドミントン・ゲーム(RPG、アクション)・筋トレ・YouTube鑑賞

コメント

コメントする

目次
閉じる