FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの週間相場分析レポート|2022年7月4日~7月10日の展望

こんにちは!専業トレーダーのたむです!
今日は【GBP/AUD】について分析していこうと思います!

目次

日足分析

日足では1.78~1.718の約620pipsのレンジの中にいて、
上限である1.78を上に抜けるかどうかといったところです。

今までのレンジの状況を見ると、上値がめちゃくちゃ固いように思います。

下からの勢い良く抜ける感じではなく、近いところで何度も挑戦して、
勢い尽きて落ちてきて再チャレンジといった様子です。

全体的に見ても下落に比べて上昇の勢いが弱すぎるので、じわじわ動いています。

今は少し波形的にきれいではないですが、レンジ間でWボトムを形成しているように見えますので、
今回の高値チャレンジは抜けそうな気がしますね!

たむ

あとは抜ける瞬間の起爆剤が何になるかといったところですね。

今まで上値が重い = 下へ逆張りを仕掛ける人が多い

という解釈ができますので、
今回も指標か何かで一気に抜けないとまた同じことの繰り返しになりそうです。

15分足分析

今は下位足でも順調に下降トレンドを形成していますが、
今までの下降のパターン的にもだいぶ下降を渋っているように見えます。

日足で見ると上昇へ向けて、一旦押し目を付けているように見えましたので、短期的な下降だと思います。

さっきの渋っている様子も合わせて考えると、
今下降目線のトレーダーが減って、上昇目線へ切り替えるトレーダーが増えたため、
下落に勢いがつかずにもじもじしているのではないかと思います。

この状態が続くと、
相場参加者の心理的に「あれ?落ちていかない?ということは上目線に切り替わってきたか?」
という考えをしてくる人が多くなると思います。

とはいえ下降のダウ理論も綺麗に形成してるので、
1.767~1.772を上に抜けるまでは下の目線でいいですが、
ここを超えてくるようであれば、
上昇目線へ切り替えて自身の手法のエントリーポイントを待つことがいいと思います。

来週の戦略としては
①日足はレンジ中で、上限付近にいること
②下位足で短期的な下降トレンドを形成中

以上の2点を踏まえると、レンジを上に抜ける準備をしていることでいいと思います。

今週のワンポイントアドバイス

今週は『本当のデモトレードの使い方』についてです!
7/2の記事でデモトレードの癖についてお話しました。
今回はそれを踏まえた上でたむの実践した、本当のデモトレードをお話します!

たむが、考えるデモトレードを使うタイミングですが2つあります。

①FXトレードをしたことない人がMT4の操作方法を覚えるとき
②トレードで利益を残せなくなってきたとき

①は全くの素人さんがMT4で水平線を引いたり、エントリー→決済までを練習することです。

よくある間違いが、「Lotを間違えたり」、「売り買いの方向を間違えたり」です!

実際にたむは0.1lot打とうとして1lot入れて、
数秒でロスカットされて3万円を失った経験もあります。

こういったことで失うお金は本当にもったいないです。

なので、こういったことを練習するうえではデモトレードはいいツールです。

操作方法を覚えたら、もうリアルトレードに入ってしまいましょう!

ポジションを保有したまま寝る恐怖やポジションが気になって、
5分に一回チャートを見てしまうことというのは、リアルトレードでしか経験できないことです。

②はある程度トレードしてきて、一旦スランプに陥る時があります。

どんだけ分析してもチャートは逆方向へ進んでしまうときや、
資金管理がぐちゃぐちゃになってしまったり…

こういったときに手法を再確認したり、SLTPを設定する位置の修正したりするときに使います。

なぜこういった現象が起こるかというと、
「まだ自分の手法でポジションを持っていい場面と、持ってはいけない場面の区別がついていないとき」
にこういうことが起きます。

こういう人はインジケーターのサイン通りでしかエントリーしていないので、環境認識が甘い人です。

上位足のトレンド方向を確認出来ていなかったり、
本来のエントリー位置より早い段階でエントリーしてしまったり様々です。

などなど他にもありますが、一度自分を見つめ直す時に使ってみてください!

トレードは失敗を改善していくことで精度を上げていくものですよ!

それでは来週も良いトレードライフを!

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

22歳の時に投資コミュニティーに参加し、2か月目で月収30万円を達成。
平均足×移動平均線を使ったテクニカル特化の分析が得意
現在はトレーダー、トレーダー’sハウスの運営、YouTuberとして活動中
兼業では将来【世界を遊び歩きたい人生】と現実が大きく乖離していたため、資歴2年半で専業トレーダーになる。
趣味:バドミントン・ゲーム(RPG、アクション)・筋トレ・YouTube鑑賞

コメント

コメントする

目次
閉じる