FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

FXの週間相場分析レポート|2022年8月8日~8月15日の展望

目次

日足分析

EUR/JPYの長期目線で見ると、上昇トレンドを形成していましたが、
ダウ理論で見ると、139.400のレートを下に割ってきたところで上昇トレンド終了し、高値と安値の切り下げが既に起こっていますので、下降トレンドへ転換してきていると思います。

短期目線でも下降トレンドですがその下降の勢いが、
134.000のレートが前回安値で過去に2回反発して意識されてそうなところにいますので、一旦上昇すると思います。

エリオット波動の観点から見ても、
頂点の144.000から約630pips下落が1波、137.700~141.700の400pips上昇で2波、141.700~134.000の約630pipsの下落で1波の値幅分伸びていますので、3波完了と見ていいと思います。

たむ

もし下落が継続しているようであれば、8月3日の時点でレンジは形成していないはずなので!

それに少し歪ではありますが三尊も形成していますので、長期の目線も下落方向だと思います。

ですが、今は下落の勢いが一旦落ち着いているところですので、短期的に137.700のレートまでは、『ロールリバーサル』を想定して上昇と見ていいと思います。

上昇へスキャルピングをしようとしても日足の長期目線で見るのは下降トレンドで、
上位足のトレンドに逆らっているというのでSL、TPは少なめに』念頭においてトレードされてみてくださいね!

15分足分析

15分足でもきれいに下降トレンドから上昇トレンドへ転換しています。

今は上昇トレンドでエリオット波動の3波目なので、137.700のレートまでは上昇すると思います。

ですが、初動に比べて上昇の勢いが段々と無くなって、上昇に時間が掛かっているように感じますので少し注意してみていただければと思います!

最近の傾向でダウ理論で見ると意識されていそうなところに来ると、何度か反発した後にゆったりと転換していくような印象がありますので、しっかりと根拠が揃うまでは待って、ポジションを持つぐらいでちょうどいい通貨だと思います!

焦ってポジションを持つと、入れている方向へ動き出すまでに少し時間が掛かりますので、そわそわしだすと思います!

まとめます!

①日足は下降トレンドへ転換済みでエリオット3波完了、4波へ突入しそう。
②15分足でも下降トレンドから上昇トレンドへ転換している
③日足の現在のトレンド(下降)と15分足のトレンドが反対方向へ動こうとしているので、ポジションを持つ際は注意!

今週のワンポイントアドバイス

たむ

みなさん大好き水平線!チャネルライン!

僕もよくチャネルラインは使いますが、実際にそれを根拠にトレードすることは少ないです。

BOの場合ですと、一瞬の反転を狙った方がトレードしやすいのでよく水平線を使っている方は多いですが、
FXの場合は伸ばせば伸ばせるだけ利益になるので、最大限伸ばして利確したいのでトレンドが止まっては困りますよね!

しかもそこで押し目·戻り目となるのか、そのままトレンドが転換してくるのかわからないですよね!

トレーダーによってひげ先に引くのか、実体で引くのか、大体で引くのか違いがあるので難しいと思います!

書籍でも「ゾーンで見ることが大切だよ」と書いているのを、見かけます。

ゾーンで見れるようになるまでに時間が掛かるし、本当に自分で引いた水平線が機能するのか?
と言われれば難しい部分ですので、僕は「フィボナッチリトレースメント」をお勧めします!

どこを狙ってトレードするのかにも拠りますが、僕はトレンドに対して押し戻り目を図るときに使います!
【38.2%や61.8%で必ず反応する!】という考え方だと、38.2%で必ず反応するのであれば、61.8%が反応するといのは38.2%を超えているので根拠的にはおかしいということになります。

なので、【節目と言われる38.2%、61.8%に到達するたびに判断する】というのが正しいフィボナッチの判断方法です。

水平線でもチャネルでも同じことですが、「必ずここで反発、反応する!」と目線を固定するのは危ないですので、あくまで水平線に到達して、
再度トレンド方向へ動き出してからポジションを持つのでも十分な値幅を抜くことができると思いますので、「水平線タッチエントリー」するのはBOだけにしてくださいね!

それでは来週も良いトレードライフを!

注意事項

本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。
また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『Wiki Co.、Limited』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

22歳の時に投資コミュニティーに参加し、2か月目で月収30万円を達成。
平均足×移動平均線を使ったテクニカル特化の分析が得意
現在はトレーダー、トレーダー’sハウスの運営、YouTuberとして活動中
兼業では将来【世界を遊び歩きたい人生】と現実が大きく乖離していたため、資歴2年半で専業トレーダーになる。
趣味:バドミントン・ゲーム(RPG、アクション)・筋トレ・YouTube鑑賞

コメント

コメントする

目次