FX自動売買専用のVPSが月100円で使える!?

ビットコインもMT4 EAで自動売買が可能!EA開発者が解説

EAで暗号通貨の取引はできる?

FXでEAを使った経験があり、かつ暗号通貨のトレードを行っている人はこんな事を思った事があるのではないでしょうか?

その疑問に対する答えは「YES」です。

この記事では、その具体的な方法や実施にあたってのポイントなどを解説します。

目次

EAを用いたビットコイントレード

EA(エキスパートアドバイザー)とは、自動売買ソフトウェアのことです。

裁量トレードでは、手動で買いや売りの注文を行いますが、EAを用いることで、あらかじめ決まったロジックの取引を自動で行うことが可能になります。

ほとんどのEAは為替の取引(FX)で利用されておりますが、最近では暗号通貨でも取引できるようになってきました。

言語化できるトレードは全てEAとしてプログラムを組むことができます。
取引の自動化はメリットが豊富にありますので、オススメのトレード手法です。

EAで仮想通貨取引を行うメリット

EAで仮想通貨取引を行うメリットは以下の通りです。

  • 取引機会を逃さない
  • 感情に左右されず取引できる
  • 複数のEAを使用してリスク分散できる

上から順に解説していきます。

取引機会を逃さない

EAは、24時間稼働して取引を行ってくれるため、忙しくてトレードすることができない主婦やサラリーマンにおすすめです。

機会損失したくない方にとって非常に有能なツールと言えるでしょう。

感情に左右されず取引ができる

短期トレードではメンタルの重要性が高まります。

トレーダーの感情の起伏により、取引に影響が出てしまうためです。

EAは1度設定してしまえば自動で発注から決済まで行ってくれるため、感情の有無に関わらず取引できます。

合理的なトレードをしたい方にとって、非常に役立つツールがEAなのです。

複数のEAでリスク分散できる

裁量トレードではトレードのリスク分散は非常に困難です。

とくに初心者の場合、1つの取引画面を見ることが精一杯でしょう。

EAであれば複数の通貨・銘柄の取引が可能なため、資金のリスク分散を行うことができます。

仮想通貨取引をEAでするデメリット

EAで仮想通貨取引をする際のデメリットは以下の通りです。

  • EAの種類が少ない
  • EAを扱える取引所が少ない
  • 他の仮想通貨取引の条件と比べやや劣る

上から順に解説していきます。

EAの種類が少ない

仮想通貨のEAはMT5でしか利用できません。

そしてMT5はなかなか浸透しておらず、その結果、EAが少ないというのが実体です。

MT5は2010年からリリースされていますが、ほとんどの業者がMT4を引き続き利用していた背景があり、現在のトレーダーでもMT5を利用している方は非常に少ないのがその理由です。

MT4からEAのプログラミング言語も変わってしまうため、移行が億劫になる開発者が非常に多いことも要因と推定されます。

EAを扱える取引所が少ない

暗号通貨取引所はいくつかありますが、MT5を使える取引所は「CryptoGT」と「FXGT」のみです。

つまり上記2社に「仮想通貨のEA取引を任せる」ことになります。

仮想通貨取引所のリスク分散はできなくなるので念頭に置いておきましょう。

また、上記2社は海外FXであり、国内業者を使えない事も大きなデメリットです。

WikiFXでは海外FXの利用をオススメしていません

海外FXの利用には大きなリスクが伴うため、WikiFXでは海外FXの利用をオススメしていません。

理由は以下の2つです。

  1. 海外FXは金融庁から認可を得ておらず、違法であるから
  2. 海外FXは詐欺被害に遭いやすい上に、救済手段が限られている

海外FX業者は日本の金融ライセンスを取得しないまま日本の居住者に対してサービスを提供していますが、これは金融商品取引法違反になります。

トレーダーが無登録の海外FX業者でトレードすることは違法にはなりませんが、詐欺被害に遭った際には詐欺被害を回復することが困難です。

FX取引は、金融商品取引法上のデリバティブ取引に該当します。日本に居住する投資者に対してFX取引を業として行うには、金融商品取引業の登録が必要です。たとえ海外で金融商品取引のライセンスを持つ業者であっても、日本で登録を受けずに日本に居住する者に対して金融商品取引を業として行うことは禁止されています。

無登録業者と取引した場合は、トラブルが生じても無登録業者への追及は極めて困難です。取引を始める前に、取引の相手が金融商品取引法の登録を受けている業者であることを必ず確認してください。

金融庁公式HP

また海外FXで得た利益に対しては高い税金が課されるという税金面でのデメリットが存在します。

したがって、WikiFXでは安全面、税金面で優れている国内FX業者の利用をオススメしています。

他の暗号通貨取引所より条件が悪い

主要海外仮想通貨取引所の手数料比較をしてみましょう。

取引所取引手数料ワップ手数料入金手数料出金手数料
CryptoGTなし-0.0085%〜なしなし
FXGTなし-0.01296%〜なし
(海外送金の場合一部あり)
なし(海外送金の場合一部あり)
Bybitメイカー:-0.025%
テイカー:0.075%
なしなし
(マイニング手数料が別途かかる)
なし
(マイニング手数料が別途かかる)
BINANCEメイカー:0.02%
テイカー:0.04%
なしなし0.001BTC/0.01ETH/NEO無料

一般の仮想通貨取引所はごくわずかな取引手数料に対し、EA取引が可能な業者は長期保有している際にスワップポイントが発生してしまいます。

スワップポイントとは2つの通貨を交換するときに生じる金利差調整分のことであり、取引手数料と考えても差し支えありません。

仮想通貨界隈ではポジション手数料と呼ばれることもあり、管理費用として発生するものと考えていただくと良いでしょう。

長期にわたって持ち続けたい方は注意するべき点と言えます。

次に、業者のスペックや口コミをみていきましょう。

CryptGT

設立2018年5月
所在地Trust Company Complex Ajeltake Road, Ajeltake Island MH96960 Majuro, Marshall Islands
取引ツールMT5 / Web Trader / IOS / Android
日本語サポートあり
MT5スマホ対応あり
最大レバレッジ500倍
証拠金通貨BTC, BCH, ETH, DSH, LTC, XMR, XRP, ADA, USDT,NEM, PAX, TUSD, USDC, ZEC, EOS, XLM
通貨ペア種類為替、仮想通貨、メタル、株価指数
手数料なし
スプレッド0.00014〜
追証なし
マージンコール150%
ロスカット100%
最大注文数100
未決済の最大注文数100
セキュリティ対策ゴールドウォレット、マルチシグ対応、2段階認証

CryptoGTの基本情報は以下の通りです。

CryptGT(クリプトGT)は2018年、キプロス共和国にて設立された仮想通貨の海外取引所です。

取引手数料や入出金手数料が無料と非常に優秀で、最大レバレッジも500倍まで取引を行うことが可能です。

ただしCryptGTでは金融ライセンスを取得していないため安全性における信頼が他の取引所に比べ薄いと言えるでしょう。

CryptGTの口コミ・評判

CryptGTの口コミは以下の通りです。

良い評判

※MT5の間違いと訂正されておりました。

MT5のスマホ対応もあるので一目で確認できるのもいいところですね。

悪い評判

https://twitter.com/susi_tempura/status/1446738423180447745?s=20&t=zEMw5zSOETyxqLp3F3J1ag

どうやら文字化けすることもあるようです。

CryptGTの口コミ・評判

利用者がまだ少ないのか良い評判も悪い評判も少ない印象です。

また、EAに関する情報もほとんど出回っておらず、仮想通貨の発展と共に浸透していくものと思われます。

FXGT

FXGTの基本情報は以下の通りです。

設立2019年12月16日
所在地セーシェル共和国Suite C, Orion Mall , Palm Street,
Victoria , Mahe , Seychelles
取引ツールMT5 / IOS / Android
日本語サポートあり(日本人による日本語サポート)
MT5スマホ対応あり
最大レバレッジ1,000倍
証拠金通貨BTC, ETH, XRP, LTC, ADA, DOT, BCH, SHIB, XLMEなど30銘柄
通貨ペア種類為替、貴金属、エネルギー、株価指数、仮想通貨、個別株
手数料なし
スプレッド0.122〜
追証なし
マージンコール50%
ロスカット20%
最大注文数100
未決済の最大注文数100
セキュリティ対策2段階認証、データ暗号化

FXGT(エフエックスジーティー)は2019年、セーシェル共和国で生まれた海外FX取引所です。

為替を始め、業界初の「ハイブリッド取引所」として仮想通貨など豊富な銘柄を取り揃えております。

日本人によるサポートがあることを始め、FXも同時に取引できるメリットがあります。

FXGTの口コミ・評判

FXGTの口コミをみていきましょう。

良い評判

エンドユーザーの希望に対応してもらえる点が挙げられております。

FXGTではメンテナンスなしで日曜日も取引できるのでおすすめとのこと。

悪い評判

取引量によってスリッページを起こす場合があるようです。

出金拒否がみられることもあるようです。

FXGTの口コミ・評判

仮想通貨取引所の中では「割と優秀」とされる意見が多かった印象です。

EAを使う方にとってはスリッページ問題(価格決済時に滑る)が特に重要となるため、まずは少額から試してから徐々に取引数を上げていくのがベターだと思われます。

仮想通貨のEA取引に関してのFAQ

仮想通貨EAで取引に関するQ&Aで多いものをまとめてみました。

仮想通貨専用のEAはどのように入手できますか?

EAの探し方は以下の3通りです。

  • ネットから探す
  • MT5のマーケットから探す
  • MQL5から探す

上級者向けですが、EAを開発することも可能です。

ただし「MQL5というプログラミング言語」を使いこなせる必要があります。

ネットから探す

ネット上にはMT5のEAをダウンロードできるサイトがいくつかあります。

例えば「EA MT5 ダウンロード」などで検索してみると見つかります。

ただし、外部サイトのEAダウンロードは全て自己責任となるので、必ず信頼できるサイトか見定めて利用しましょう。個人情報などを抜き取られる可能性も含んでおります。

MT5のマーケットから探す

MT5のマーケットからであれば簡単にEAをダウンロードすることができます。

海外の方が制作されているものがほとんどなので国内サイトでは見つからない優秀なEAが見つかるかもしれません。

ただし、基本は有料EAとなるため、EAの見定めができるようになってからのご利用をおすすめ致します。

MQL5から探す

MQL5の公式サイトでもEAの購入を行うことができます。

※MQL5のサービスを利用するには事前にユーザー登録が必須です。

スマホにインストールしたMT5にEAを設定することはできますか?

基本的にはMT5ではWindows OSのみ対応です。

そのためVPS(仮想サーバー)が必要になります。

仮想サーバーを契約後にMT5をインストールできれば、スマホで設定することも可能になります。

最後に

仮想通貨をEAでトレードすることは、多くのメリットがある一方で、まだまだ浸透していないためにそれに伴うデメリットが多いという印象です。

しかしながら、MT5を導入している業者や、仮想通貨を取引できる業者はだんだん増えてきていますので、今後成長が見込める市場かと思います。

まだまだ成長する分野にこそ旨みが隠れているのが世の常です。

今の間に仮想通貨のEAトレードについて勉強しておき、先行者利益を得ておくことは大きなアドバンテージになるのではないでしょうか?

本記事が皆様のより良いトレードライフの一助となれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

目次